国内最大級のミリタリー総合通販   商品数 28,445点レビュー総数 15,341件

カート

お買物レビューを書いたら100pt (100円分) ポイント進呈!

新着レビュー

マーブルス ストラップカッター MR311 ガットフックツール 狩猟

★★★ 
これで緊急時に

紙を切った感じでは、これで緊急時にとっさにシートベルトをカット出来るかと言ったら疑問が残る。この他に車脱出ハンマー4本持ってますがどれもカッターの切れ味が悪い。シートベルトが切れな...

ROTHCO ミリタリーパッチ 星条旗/米海軍 アンカー

★★★★★ 
ロスコならでは

我が輩が日頃より愛用しているコスパに非常に優れた実用品のタクティカル・ミリタリーアイテムを幅広くリリースする、アメリカの老舗ブランドがリリースする一品で、コストパフォーマンスに関し...

マルチツール キーホルダー クボタン

★★★★★ 
これで刺されたら

相当ヤバい!ので、クボタンというよりプライバー(こじ開け棒)的な使い方をしてます。鍵をリングに通す時にリングの隙間に挟むと楽々通せる。

ATWOOD ROPE 550パラコード タイプ3 オリーブドラブ

★★★★★ 
タイプ7って無いのかな?

本品、タイプ3として知られる550パウンド対応の商業用パラコードで、当方の用途には十分の強度を持ち合わせたパラコードではあるものの、できればタイプ7の軍用グレードのパラコードも扱っ...

High Speed Gear ベルトプラットフォーム PLM V2 ホルスターマウント

★★★★★ 
驚き(!)の対応

最近、当方のところへ嫁いで来たSOGテックボウイと呼ばれるタクティカルナイフのカイデックスシースをよりタクティカル仕様にして使い易くする為に入手した。商品が到着してから早速、作業に...

ESS 交換レンズ クロスヘアー サングラス用

★★★★★ 
使い分けられる

スモークグレー、イエロー、クリアレンズ、ローズカッパーと、計4色のレンズがあるので、用途によって使い分けられるのが良いシューティングサングラスなので、野外でのシューティングの際には...

x115xTAYLOR/M-3D ロアレシーバー M-SL TYPE GRIP MODUL 東京マルイ 次世代電動ガン MP5シリーズ用

★★★★★ 
良き

見た目を個性的にしたいなら買いです。持った感じも純正より使いやすそうです。電動ガン分解未経験でも取り付けできました。

S-TEC ハンティングナイフ 11-3/4インチサイズ 固定刃 G10ハンドル 専用シース付き T228522

★★★★ 
切れ味が良いナイフ

思っていたより、切れ味が良いです。紙はスパスパ切れます。ブレードの背中の部分の滑り留めの形状が鋭角であるため指を当てると少し痛いです。ブレードの耐久性はこれから試してみたいと思いま...

FABディフェンス クボタン KOBOTAN ポリマー樹脂

★★★★★ 
ヨキ

この価格でこれが手に入るなら変な中華製はお勧めしません。ただ作りも値段なりでばりが少しありますが実用品?ですから気になりません。あまり実用品にならないことを祈る&普段は携帯はしてい...

FIRST SPEAR チェストリグ モジュラーファイトストラップ

★★★★ 
サバゲ投入済み

まず物はいいです!さすが実物! 問題としてはペナペナ過ぎてチェストリグの形を保たないことです。いちいちサバゲ場でポーチを装着する方もいないでしょうから、折りたためるのが強みかとい...

Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースの口コミ、レビュー

この商品には37件のレビューがございます。
  • 陸上自衛隊迷彩柄が相応しい

    投稿日:2024/04/23 投稿者:sicarii画像 sicarii レビュー投稿数 622

    ★★★★★5

    総合的に合理的且つ実用的なタクティカル・ミリタリーナイフで、フィックスドブレードナイフでありながら至って軽量なので、アサルトパックなどに入れておけばアウトドアフィールドでも役に立つ一丁である。同氏がリリースする軍用ナイフの中で、唯一コイツだけがマルチカモフラージュ柄のナイロンが貼られたシースに入っているので、他のミリタリーモデル同様に陸上自衛隊の迷彩色がプリントされたシースがお似合いかと思う。

    会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

    • 高額な軍用装備品

      投稿日:2024/04/06 投稿者:sicarii画像 sicarii レビュー投稿数 622

      ★★★★★5

      同氏がデザイン・作成したナイフの中でも高額な部類に入るモデルの一つで、本気で自衛隊などに装備品として納入するのであれば、防衛省にとっては結構な予算額になるであろうし、また同氏も需要に追いつくように大量生産できるように、ミッドテックナイフとして生産する事であろう。カスタムナイフ故に高額なので、ミッドテックナイフとして大量生産できるようになるのであれば、より安価で手に入れる事ができるであろう一丁である。総じて合理性を持つ実力派モデルである事は確かである。

      会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

      • やっぱり好きだ~

        投稿日:2024/03/10 投稿者:画像登録なし 元会員さま

        ★★★★★5

        元は未だに陸上自衛隊の主力火器である89式小銃との併用を意識してデザイン・開発された軍用装備品の一つで、軽量かつコンパクトなデザインはコンバット・ファイティングナイフとしては勿論、ユティリティーナイフとしても真価を発揮します。サイズ的にも取り回しが良いので、Oリングの形状をフルに活かしてカランビットのように扱えるのと、逆手に持って構えた時の手にしっくりとくる感覚がクセになります。身近にあると役に立つタクティカルナイフです。

        会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

        • 3丁所持しています

          投稿日:2024/02/25 投稿者:画像登録なし 元会員さま

          ★★★★★5

          クラブマガプラクティショナーであり、ナイフ格闘家でもある当方が認めた正真正銘のコンバット・ファイティングナイフで、陸上自衛隊の装備品の一つとしてデザイン・開発された一丁だけあって、軍用ナイフとしての耐久性と機能性を持ち合わせたガチな軍用装備品と言えます。同氏がリリースする他の軍用モデルとはちょっと違うブレードの形状で、ブレードの根元にはチョイルが設けられています。ナイフ自体、付属のシースも含め薄く軽量なので、常に機動力が求められる陸上自衛隊の装備品として使えるかと思います。

          会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

          • ナイフエキスパート達に愛された一振り

            投稿日:2023/12/13 投稿者:画像登録なし 元会員さま

            ★★★★★5

            クラブマガプラクティショナーである当方も認めた究極のタクティカル・ミリタリーナイフで、軍用ナイフはおろか、タクティカルツールとしての機能を持った一振りで、戦火で真価が試され更に改良されることを期待できるウェポンです。サイレントキルと呼ばれる殺傷法のトレーニングに使用しており、ウェポンライトをマウントしたサブコンパクトピストルと、これを逆手に構えて前進する動作が可能になります。

            会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

            • やはりこっちかな

              投稿日:2023/11/30 投稿者:画像登録なし 元会員さま

              ★★★★★5

              陸上自衛隊の装備品としての活用を想定されて造られた本格的なコンバット・ファイティングナイフで、自衛隊の主力火器である豊和の89式小銃との併用を意識してデザインされているので、携帯性に非常に優れ、ナイフ自体も軽量かつ薄くなっています。最近、新規でリリースされたシーアリゲーターも斬新なデザインで実用性に優れていますが、実際に振り回してみて使い易いのと、アウトドアから軍用と多様性に優れた一丁である事から、当方はやはりAT9-S派です。

              会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

              • 汎用性の高いモデル

                投稿日:2023/11/23 変更日:2023/11/25 投稿者:画像登録なし 224VAL レビュー投稿数 13

                ★★★★★5

                マドラーとどちらにするか迷いましたが、汎用性を取ってこちらに決めました。スエッジ(切っ先近くの「背側にもブレード面」があるような構造)と中心軸の取り方から、マドラーに及ばないながらも刺突性が担保されています。ハンドル後端のリングは取り回し上の利便性があり、これを備えたユーティリティナイフは中々ないので、このモデルを選ぶ決め手となった大きな要因でもあります。薄さにこだわって成形されたというハンドルは高い汎用性に寄与するデザインです。カスタムナイフの中には、ハンドル形状に厚みと凹凸をつけて握り込むことに最適化したものもありますが、汎用性の面ではこの薄さが良いと感じました。一例として、人差し指と親指で刃の背を掴み、薬指と小指はハンドル前端に引っ掛け、刃の先端側半分だけを小型ナイフのように使うといった持ち方ができます。ハンドルが厚く、凹凸のあるものだとこのようには使えません。また、凹凸がないので他の道具と干渉することもありません。今のところ、山に入る時はこのナイフと鉈の組み合わせが最適解と考えています。キャンプなどの一般的なアウトドアアクティビティから狩猟まで、幅広く対応できる高い汎用性のある形に仕上げられた逸品です。

                会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                • 質の悪い二丁

                  投稿日:2023/10/25 変更日:2023/10/28 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                  ★★★★★5

                  マッカリーナイフのミリタリーモデルの中でも傑作で、また同ブランドの看板娘でもあるモデルAT9-Sで、当方好みのタクティカルナイフである事から、実用と観賞用として二丁所持している。

                  クラブマガプラクティショナー、またナイフ格闘家としてハッキリ言えるのは、究極のタクティカル・ミリタリーナイフの条件を満たしたデザインと造り込みで、ブレードとハンドルが一体化したフルタングナイフで、鋼材にSUS440Cステンレス鋼を採用したのは正しいと思う。

                  切っ先が太く、またハンドルに向かうにつれ鋭利なブレードとなっているので、軍用ナイフとして人を殺る「対人兵器」として扱う事を前提にして、コイツでナイフ格闘術の鍛錬をすれば、非常に効果的なナイフである。

                  敵に回すと極めて質の悪い奴等である。

                  • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                  会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                  • 衣替え

                    投稿日:2023/10/21 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                    ★★★★★5

                    当方、同氏が手掛けたミリタリーモデルのナイフを単なる武器だけでなく、儀仗としても捉えているので、日本刀のように本歌の丁子油をブレードに薄く引き、手入れをした後は特注で頼んだ刀袋に納めている。いつもは袋無しで実銃仕様のガンケースに収納しているが、冬季が近づくと共に刀袋に入れてケースに収納するようにしている。

                    ガチな軍用装備品として扱うに値するマッカリーナイフの傑作としても知られる一丁で、自衛官やアウトドアズマン、またナイフ格闘家に愛されるベストセラーである理由が良く分かる。

                    一度手に取って見ないと分からないクオリティーなので、是非オススメしたい一丁である。

                    • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                    • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                    • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                    会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                    • 自衛隊の正式装備品として扱われるべき一丁

                      投稿日:2023/10/09 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                      ★★★★★5

                      第二次世界大戦中にアメリカ海兵隊がマークIIを正式採用して以来、今ではアメリカ全6軍で正式採用されているケーバーナイフのように、陸上自衛隊のみならず、陸海空の自衛隊の隊員さん達全員に支給されるべきだと思うのがこの一丁である。

                      実に30年以上もの間、自衛隊の主力火器として採用され続けられている89式小銃と併用して扱われる目的でデザイン・作成されたモデルで、ユティリティーナイフとコンバットナイフの二つの顔を持つ一丁として知られる。

                      一丁あたり、ケーバーナイフの数倍の価格なので、正規兵の装備品としては少しコスト的にも厳しいかとは思うが、第一空挺団や特殊作戦群のような非正規部隊に非公式ながら採用されたと噂されるモデルでもあるので、体を張って国防を担う隊員さん達には最高の装備品を貸与しても良いのではないかと思う。

                      • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                      • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                      • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                      会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                      • 海外進出も考えてほしいナイフブランド

                        投稿日:2023/09/22 変更日:2023/09/23 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                        ★★★★★5

                        海外でも知る者は知るマッカリーナイフの軍用モデルの一つで、ついこの間、アメリカに住む知人とナイフについて何時ものように熱論している際、マッカリーナイフが手掛けるAT9-Sが話題になった。

                        我が家を護る常備刀、また当方の懐刀としても所持している同モデルなので、細かいスペックやナイフの由来など詳しく説明していると、本人も欲しいと言い出したので、取り敢えずマッカリーナイフの公式ホームページに案内した。

                        数日後、本人からメールが届き、日本語のホームページなのでチンプンカンプンだから、時間がある時に翻訳して欲しいと言われたので、特に気に入ったと思われるAT9-Sについて、当方の私見も交えながら数時間かけて説明した。

                        「440系ステンレス鋼の中でも最高の硬度を誇るSUS440C鋼でできたブレードに、G10樹脂製のハンドルスケール。カランビットを思わせるフィンガーリングはカランビットならではの操作法を鍛錬次第で可能にし、また確実に素早いブレードデプロイメントをも可能にする。切れ味に関してはククリナイフのようなユティリティーブレードが採用されており、切っ先は太く刺突に優れ、チョイル付近は非常に鋭いので、アウトドア・サバイバルナイフとしては十分な強度を持っているし、コンバットナイフとしても対人用兵器として投入できる。また、500デニールの迷彩柄のコーデュラナイロンが貼られた樹脂製シースはIR対応なので、赤外線カメラでも探知し難い。ごく稀に見る陸上自衛隊仕様のモデルで、100%日本製だ。」

                        等々、ただでさえ多忙で無い時間を割いて、丁寧に和訳して説明していると、

                        「今、欲しい!」

                        今や日本人のサイフはもはやスッカラカンなので、外貨獲得の為にも是非、英語でのウエブページを設立して欲しい。

                        日本国内の刀剣屋の大半だってもう既に本国を見捨てて、外貨を狙って海外進出しているので。

                        会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                        • ナイフのイロハを知らないアナタ!

                          投稿日:2023/09/16 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                          ★★★★★5

                          先祖代々藩主に仕えたお抱え刀工として、藩の為に刀剣作りに全身全霊を捧げた刀匠や、名の知れたカスタムナイフメーカーの末裔ではないものの、独自の感性やアウトドアの経験から唯一無二のナイフ造りに励む、福岡県在住の間狩純平氏が手がけた軍用モデルで、AT9-Sに関してはコレで3丁目となる。

                          「ナイフブレードの切れ味が悪い」、「樹脂製シースから上手くナイフを抜けない」などといった、ド素人の御感想が本作品と作者の顔に泥を塗っているようだが、この価格のナイフになってくると、自分でブレードを好みと用途に応じて研ぎ上げたり、ナイフシースをより使い易く調整したりと、決してアマチュアが使いこなせる代物ではないので、基本的なナイフの扱い方のイロハを勉強してから入手に踏み切ってもらいたい。

                          従って、五つ星しかありえないミリタリーナイフである。

                          会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                          • 誘惑はあるものの

                            投稿日:2023/09/09 変更日:2023/09/09 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                            ★★★★★5

                            見た目良し、振り回して良し、飾って良し、の三拍子が全て備え揃った究極の一振りで、ユティリティーナイフとしてではなく、専らタクティカル・ファイティングナイフとしての素質を重視して愛用している当方です。

                            恐らく日本で日本人によってデザインされ、また日本で造られる国産の軍用装備品としての刃物は、これ以上良いモノはここ暫く(ヘタしたら30~40年?)は出てこないかと思うので、防衛省から警察庁、また当方のような熱狂的なナイフ愛好家やアウトドアズマン、自衛隊マニアやミリオタ等、ごく限られた人たちの垂涎の的であることは間違いないでしょう。

                            武器というものは実際に戦場に投入され、フィールドで試された後に真価が見出され、必要に応じて改良されていくものなので、日本国内での有事は今のところは考えられないものの(縁起でもないことを言う輩でスミマセン!)、せめて友好国などに武器を輸出し、彼らに真の価値を戦火で試させるのも悪くは無いと当方は思っています。

                            そういった非常に危険な誘惑はあるものの、実に自分や家族の命を預けられる一振りと見込んで、いつも油を絶やさず、我が家の御守り刀として守ってあげています。

                            • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                            会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                            • 日本のモノ作りに貢献しよう!

                              投稿日:2023/09/02 変更日:2023/09/02 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                              ★★★★★5

                              本来、自分が購入した物品やサービスなどに支払ったおカネで邦人が潤い、両者共々ウインウインの状態になるのが真の資本主義の理想の姿ですが、利己主義が優先され、自分とその取り巻きさえが良い思いをすればそれで良しと思っている人達がいるお陰で、今のようなチープで惨めな日本ができてしまいました。

                              今こそ日本のモノ作りに貢献しようではありませんか!

                              お隣中国では福島の汚染水を巡って、日本商品のボイコットが始まっていると言う事なので、今こそ財布が許す限り、日本の生産物を消費するべきだと思っています。

                              精神的拠り所を意味する「儀仗」と、「道具」としての実用性を持つマッカリーナイフの軍用モデルの一つとして知られるAT9-S。

                              陸上自衛隊のエリート部隊とクラブマガプラクティショナーの当方も認めた、120%純日本製のコンバット・ファイティングナイフです。

                              • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                              • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                              • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                              会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                              • 「士」と「師」のコラボモデル

                                投稿日:2023/08/26 変更日:2023/08/26 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                ★★★★★5

                                前回のレビューでも既にコメントした通り、まさに人を殺める「術」を極めた陸上自衛隊の「国士」のフィードバックと、刃物造りのイロハを知り尽くした「師匠」のコラボレーションモデルといっても良い、陸上自衛隊仕様の唯一無二のデザインの一振りで、多様性に優れたユティリティーブレードが採用されているものの、当方は専ら「対人兵器」として用途を見出しました。

                                実用性と軽量化を図ってナイフタングは肉抜きされていますが、いつか切っ先まで斬れ味重視のホローグラインドで、サテンフィニッシュのブレードに赤のハンドルスケール、またシースは陸上自衛隊の迷彩柄がプリントされた樹脂製シースで、肉抜きされていない完全フルタングナイフを特注でお願いしようかと思っています。

                                純粋なコンバット・ファイティングナイフなので、アウトドアなどでの使用は考えてなく、鋼材の強度が許す限り薄く研いでキレッキレの状態で稽古で振り回し、油を絶やさず愛蔵するのが当方の夢です。

                                日本国 陸上自衛隊 八九式軍用刀 AT9-S。

                                特有のスタイルと曲線美を持つ一振りで、非常に綺麗且つセクシーなフォームがナイフフェチの当方には魅力的なので、観賞用としても飽きを感じさせない「美人」です。

                                まさに我々大和民族の賜物でもある純国産軍用刀として、様々なシーンで重宝されるべきではないでしょうか?

                                同志にオススメしたい一振りです。

                                • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                                会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                • 89式の良きBUDDY

                                  投稿日:2023/08/19 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                  ★★★★★5

                                  当方のようなナイフフェチのみならず、あらゆるミリオタ達の魂を粛々と慰めてくれるマッカリーナイフの傑作モデルで、軍用刀としての素質は勿論、いざという時にはアウトドア・サバイバルナイフとして難を逃れる事もできる、多様性に優れたデザインと造り込みです。

                                  89式小銃と併用する目的で産まれたといわれるAT9-Sの他にもマッカリーナイフの軍用ナイフを幾振りか愛蔵していますが、各軍用モデルに付いてくる陸上自衛隊の迷彩柄の樹脂製シースが当方のようなミリオタ魂に火を付けます。

                                  戦時中に岐阜県関市で打たれ、軍刀拵に身を固めた軍刀身と同様に、89式小銃のガスブローバックライフルと一緒に刀枕に寝かせて飾っている当方の懐刀で、油を絶やさず可愛がっています。

                                  いざという時にはコレで本当に戦えますよ~!

                                  会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                  • タクティカル・ミリタリーナイフの定義(もうちょっとだけ喋らせて!)

                                    投稿日:2023/08/06 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                    ★★★★★5

                                    例え有名なカスタムナイフメーカーが手掛けた高額なナイフであろうと、ただの100均ショップで手に入る包丁であろうと、要はブレードエッジが鋭利である限り、刃物類はどんなものでも凶器となります。

                                    しかし、タクティカル・ミリタリーナイフの定義は「大量殺戮」という、ごく一定の用途に基づいてデザイン・開発され、その用途に耐え得る強度と扱い易さを秘めている事です。

                                    という事で、当方がクラブマガのナイフ格闘術の稽古で好んで愛用している二振りのナイフが、イタリア・マニアゴのタクティカル・ミリタリーナイフメーカーFOX社の軍事部門(FKMD)製のBastinelli Binomeと、マッカリーナイフの傑作である陸上自衛隊仕様モデルAT9-Sです。

                                    両者共々、機動性、実用性、隠密性、また携帯性に非常に優れ、軽量且つ薄く作られているので、他の物を握りながらナイフを握ったり、また同じように軽量なポリマー樹脂製の自動拳銃と併用して扱う事ができるので、特に限られたスペースでの接近戦や至近距離戦(CQB)では極めて効果的です。

                                    稽古では以上の事を念頭において、常にナイフと拳銃がセットになっています。

                                    人を殺める「術」を極めた陸上自衛隊のエリート部隊のインプットと、またナイフ造りのイロハを熟知しているナイフメーカーによる、軍用ナイフのコラボレーションモデルともいえるAT9-S。

                                    まさにタクティカル・ミリタリーナイフの定義と条件を満たした究極の一振りである事が、日々の稽古を通して実感できます。

                                    • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                    • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                    • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                                    会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                    • マッカリーナイフといえば(もう本当に黙ります!)

                                      投稿日:2023/07/30 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                      ★★★★★5

                                      同氏が作成した「喧嘩角」と呼ばれる鹿の角のネックレスをマッカリーナイフの宣伝の一環として、ごくたまに首に掛けて街中をブラブラ出歩きますが、出来ればマッカリーナイフのロゴマーク入りのベルクロオス付きワッペンや、ベースボールキャップなどもリリースしてほしいです。

                                      マッカリーナイフといえばマドラーやAT9-Sが同社の看板娘的存在として名高いですが、当方の体格や用途に合ったAT9-Sを二振りナイフ格闘術の稽古で、そして一振りをコレクションアイテムとして愛用・愛蔵しています。

                                      当方が幾度のレビューでこれだけベタ褒めしている間狩純平氏の陸上自衛隊仕様のモデルAT9-Sですが、「道具」または「武器」としての真価は勿論、作者同様にナイフ自身も独自の個性と気質を持つ味わい深い一振りなので、使い込んでいくうちに愛着が湧いてくるハンドメイドのカスタムナイフです。

                                      追伸:間狩先生にお願いです。

                                      マッカリーナイフのロゴ入りアクセサリーや、アパレル商品も是非ともリリースしてください!

                                      会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                      • 人が人である限り(懲りずに)

                                        投稿日:2023/07/27 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                        ★★★★★5

                                        実際にフィールド(とは言っても、スポーツジムですが)で使ってみて、当方の用途(クラブマガのナイフ格闘術)にピッタリの一振りなので、フランス人の若きナイフデザイナーであるバスチャン・コーブ氏がデザインし、イタリア・マニアゴのタクティカル・ミリタリーナイフメーカーFOX社が製作したBINOMEと共に、当方のお気に入りの軍用ナイフ、マッカリーナイフAT9-Sであります。

                                        接近戦闘に秀でるコンバット・ファイティングナイフと、アウトドア・サバイバルのシナリオで真価を発揮するユティリティーナイフの二つの顔を持つ多様性に非常に優れた一振りで、一振りで二役演じてくれる優等生。

                                        「この平和ボケした日本社会で、ナイフで戦うなどナンセンス」、なんて言われるかも知れませんが、人というものが人である限り、当方の荒稽古は続きます。

                                        会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                        • 懲りずに (笑)

                                          投稿日:2023/07/24 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                          ★★★★★5

                                          当方、仏教徒ではないですが、一足お先にお盆休みをいただいて、久々にクラブマガのナイフ格闘術の猛稽古で汗を流し、稽古にお供してくれた我が愛刀芙実ちゃんに日本刀の刀剣油をほどよく引いて、お手入れしてあげました。

                                          シースをはらって重量250グラム程度と、比較的軽量な割にはフルタングナイフならではの頑丈な造り込みなので、5インチ強の刃長からしてコンバット・ファイティングナイフとしてのみならず、ユティリティーナイフとしての素質も持っているので、有事の際には様々なシナリオに対応できる優等生でもあります。

                                          初めて手にした時から惚れたマッカリーナイフの陸上自衛隊仕様のモデルAT9-S。

                                          当方のようなナイフ愛好家・格闘家、そして陸上自衛隊マニアのミリオタ魂を粛々と慰めてくれる一振りで、やはり一番の決め手は同じ大和民族が手掛けた究極のカスタム軍用ナイフという事でしょうか。

                                          日に日に希少になりつつある120%純日本製コンバット・ファイティングナイフ、そして陸上自衛隊の装備品を探している同志にお勧めしたい一振りです。

                                          • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                          • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                                          会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                          • カスタムナイフの最高峰(もう黙ります!)

                                            投稿日:2023/07/20 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                            ★★★★★5

                                            こうして執拗に、またしつこく本ナイフのレビューを懲りずにしてきましたが、ただ観賞用などと称して見て楽しむだけでなく、アウトドア・サバイバルや、またコンバット・ファイティングのシナリオなどといった実用性を考慮すると、カスタムナイフとしては最高峰の一振りだと自信を持って断言できます。

                                            高名なカスタムナイフメーカー達が高額な素材を使って作成するナイフの大半は、実用性や耐久性を蔑ろにする「芸術品」ばかりですが、実際にフィールドで泥や血まみれになって活躍するナイフこそ、価値あり美しい作品だと思っています。

                                            またナイフに見られる不均等さや不完璧さがとても味わい深く、カスタムナイフならではの無比の存在感を放っています。

                                            尚、写真のモデルになってくれているのは、当方の愛刀である楓花(ふうか)ちゃんと芙蓉(ふよう)ちゃんこと、マッカリーナイフAT9-Sです。

                                            • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                            • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                                            会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                            • 己の身を護れない者にこの国は譲れない

                                              投稿日:2023/07/15 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                              ★★★★★5

                                              当方が血気盛んな若造の頃に都内にある某国の大使館内で身辺警備員として勤務していた時に、大変お世話になった先輩警備員が放った一句で、今でも教訓として自分に言い聞かせています。

                                              歴史上、元寇、また朝鮮半島からやって来る侵略者達は、必ずと言っていいほど九州経由で日本侵略を試みてきたせいか、対馬海峡沿いに住する人達の危機感の持ち方は普通の日本人とは違うという印象があります。

                                              そんなDNAを受け継いだかと思われる九州・福岡のナイフ職人、間狩純平氏が手掛けた陸上自衛隊仕様軍用ナイフ、AT9-S。

                                              サイズ、刃長、重量、デザイン、斬れ味、剛性、そして機動性・実用性のどれを取っても非の打ちどころなく抜け目のない造り込みで、日本人男性の体格にジャストフィットの一振りなので、我が国日本を心から愛し、憂う人達の手の内にあってほしい今日の侍の差料で、我が家の即応常備刀でもあります。

                                              会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                              • ホンモノの89式小銃はムリでも、コレがある

                                                投稿日:2023/07/07 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                                ★★★★★5

                                                陸上自衛隊仕様の装備でサバゲーフィールドで暴れまくっているサバゲーマーさん、現役または退役した自衛官さん、陸上自衛隊マニアさんや、当方のようなナイフ愛好家及び、ナイフ格闘術に精通している皆さんに朗報です。

                                                豊和さんが開発したホンモノの89式小銃を手に入れる事は不可能であっても、ガチな陸上自衛隊の装備品を探しているのであれば、89式小銃と一緒に運用する目的で開発されたコレがあります。

                                                89式軍用刀、マッカリーナイフAT9-S。

                                                東京マルイ製の89式小銃のスタンダード電動ライフルや、ガスブローバックライフルのオモチャでは物足りない!などという、当方のようなミリオタの魂を慰めてくれるので、コレに尽きます。

                                                白兵戦では勿論の事、これ一振りでアウトドア・サバイバルのシナリオや災害時でも生き残れそうです。

                                                • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                                                会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                                • 不均等なのはカスタムナイフの証

                                                  投稿日:2023/07/02 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                                  ★★★★★5

                                                  優れたナイフをデザイン・作成する為に、自身もアウトドアに精通する間狩純平氏が産んだ、陸上自衛隊仕様のガチな装備品の一つでもあり、またマッカリーナイフ挙げての「最凶」の一振りがAT9-Sだと、ナイフ格闘術の稽古で実際に振り回してみて感じます。

                                                  一振り一振り、ハンドメイドのカスタムナイフなので多少の不均等さがあり、うちの楓花ちゃんと先日嫁いで来た芙蓉ちゃんを並べて比べてみましたが、楓花ちゃんのほうが約1センチほどノッポでした。

                                                  またブレードに見る「刃紋」も「X」であったり、まるで桜の花びらを散らしたような模様でもあったりしますが、実用には支障はないので全く問題視していませんし、逆にそんな不均等さがカスタムナイフの証だと捉えており、世界に二つと無い自分だけの一振りという愛着も湧いてきます。

                                                  ブレードに見るマッカリーナイフのロゴの真上に「CUSTOM」とプリントされていればハンドメイドで、「MIDTECH」と表示されていれば工作機械で大量生産されたナイフのようです。

                                                  今日の日本国を憂う一愛国者として、日本のモノ作りに一消費者として貢献したいのと、真にマッカリーナイフの陸上自衛隊仕様のモデルに魅せられ、正真正銘の軍用刀としての真価を稽古を通して見たので、これからも新しいモデルの誕生に期待したいです。

                                                  なので、高価な純日本製カスタムナイフを差料にする陸上自衛隊の隊員さん達が羨ましいです。

                                                  • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                  • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                  • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                  • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                  • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                                                  会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                                  • 「芙蓉」と命名

                                                    投稿日:2023/07/01 変更日:2023/07/01 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                                    ★★★★★5

                                                    当方がアウトドア・サバイバルナイフとしてではなく、コンバット・ファイティングナイフとして認識し、主にナイフ格闘術の単独稽古で愛用している、マッカリーナイフの看板娘的存在であるAT9-Sです。

                                                    同氏の他の陸上自衛隊仕様のモデル同様に、ナイフブレードには「X」の迷彩柄の「刃紋」が施されており、ブレードエッジはユティリティーナイフ独特のやや湾曲した形状で、刺突に秀でたブレードポイントは厚く刃毀れし難いようになっており、ブレード腹部にかけては非常に鋭い斬れ味です。

                                                    付属のタコシェルシースはタフビロンと呼ばれる素材でできており、質的にはカイデックスと同等のものかと思われ、Squadronと呼ばれるIR対応の500デニールのコーデュラナイロン製シースカバーにはマルチカムの迷彩柄が施されており、MOLLE完全対応となっています。

                                                    シースの裏側にはMOLLE対応のマリスクリップが付いたプラットフォームが搭載されており、左利きの当方は逆手でナイフをデプロイできるように、いつもマリスクリップごとプラットフォームを正反対にマウントしています。

                                                    またナイフをシースにガタツキ無くしっかりと収納できるように設けられたアドジャスターは、ネジ一本で緩めたり、きつく締められるように調整できます。

                                                    先日レプマートさんが発送してくれた一振りが付属のシース共に稀に見る綺麗な個体であったため、観賞用として日本刀の丁子油を引いて愛蔵する事に決めました。

                                                    ごく稀に見る「美人」である事、過酷な扱いにも耐え得る「強靭さ」と、また敵に回すとしつこく「厄介」であろうという当方の私見から、「美」の代名詞として名高い花にちなんで、「芙蓉(ふよう)」と命名。

                                                    そんなことで、後ほど嫁ぎ祝いをしようかと思います。(笑)

                                                    • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                    • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                    • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                    • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                    • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                                                    会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                                    • コレって、もしや!?(知ったら消される?)

                                                      投稿日:2023/06/29 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                                      ★★★★★5

                                                      同氏の陸上自衛隊仕様のモデルに魅せられて以来、数振りを実用と観賞用に所持していますが、AT9-Sはこれで3振り目となります。

                                                      アウトドア・サバイバルナイフというよりも、コンバット・ファイティングナイフとしての色が濃く、陸上自衛隊でも採用されている事から正真正銘の軍用刀であり、また当方が精通するクラブマガのナイフ格闘術の一人稽古でも愛用しているので、稽古で振り回した後、この一振りが持つ気質を基に命名しようかと思います。

                                                      今回、レプマートさんが発送して下さった個体が稀に見る美品であったため、こちらは観賞用として油を絶やさず、また肌から離さず死ぬまで愛蔵しようかと思います。

                                                      このモデルについて幾度かレビューしてきましたが、陸上自衛隊のとあるエリート部隊に納入するためにデザイン・作成されたと聞いています。

                                                      数十丁すでに第一空挺団に納入された他、「S」という名の部隊仕様とも聞いていますが、もしかしたら未だに「極秘」というベールに包まれた陸上自衛隊の特殊作戦群の事ではないかと当方は憶測します。

                                                      知ったら消されるかも知れないので、あまり深入りしないようにします。(笑)

                                                      • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                      • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                      • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                      • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                      • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                                                      会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                                      • 「名前」募集中!!!

                                                        投稿日:2023/06/27 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                                        ★★★★★5

                                                        北欧バイキングが愛用しているグレートソードを、その刀が持つ「気質」に因んであだ名で呼んでいたように、泰平の世の侍達も自分達の差料を愛称で呼んで、油を絶やすことなく、まるで妻や娘のように愛しんだといいます。実に13週間という地獄のブーツキャンプ中は童貞を貫かなくてはならないアメリカ海兵隊の候補生達も、支給されライフルに女性の名を付ける風習が今でもあるようで、我が国の自衛隊員さん達も主力火器である89式小銃を「ハチキュー」や「BUDDY」と呼びます。

                                                        一体、何時、何処で、誰がそんな異質な風習を広めたのかはさておき、ミリオタ、ナイフフェチの当方も同様の風習を重んじており、ナイフ格闘術の稽古で実戦に耐え得る差料だと見込んだナイフには愛称を付けて呼んでいます。

                                                        これで実に3振り目(!)となるマッカリーナイフAT9-Sのコンバット・ファイティングナイフですが、陸上自衛隊のエリート部隊に採用されたモデルという事もあって、実用のみならずコレクターアイテムとしての価値も十分ある一振りなので、89式小銃のガスブロやナイフ格闘術のお供にオススメしたい一振りです。

                                                        ってなわけで、愛称で呼べる名前を募集中です!

                                                        • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                                                        会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                                        • ついに血を見た(痛)!

                                                          投稿日:2023/06/17 変更日:2023/06/17 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                                          ★★★★★5

                                                          当方が精通する某流派の日本古武術の短刀術で匕首のように扱ったり、クラブマガのナイフ格闘術の稽古でも振り回して愛用しているうちの「楓花(ふうか)ちゃん」こと、マッカリーナイフの看板娘的存在であるAT9-Sの陸上自衛隊の軍用刀です。

                                                          逆手に握ってカランビットのように使っていますが、小柄で取り回しが良く、軽量故にとてもすばしっこいので、対人兵器としてはずば抜けた素質を持つマッカリーナイフ屈指の一振りで、箱出しの状態で既にカミソリのような斬れ味を持っていました。

                                                          トレーニングナイフでは物足りなかったので、徐々に「真剣」で手慣らしをしながら使っているうちに慣れてきたのか、ついこの間、数センチほど手首を搔かれ、初めて血を見ました!(痛)

                                                          何処かの高名なガンメーカーの中華製の駄作ではなく、我が愛刀である楓花ちゃんに斬られるのであれば本望ですが、傷も大したことなく、息の根を止められなくて幸いでした。

                                                          なので、陸上自衛隊マニア、ナイフ愛好家、そして当方のようにナイフ格闘術を極めたい武芸者の方々に是非オススメしたい一振りですが、模造品ではなくガチな陸上自衛隊の装備品なので、取り扱いには十分気を付けてください。

                                                          • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                          • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                          • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                                                          会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                                          • 和華と楓花

                                                            投稿日:2023/06/04 変更日:2023/06/06 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                                            ★★★★★5

                                                            迷彩柄のシースが超カッコイイ陸上自衛隊仕様のモデルに魅かれて以来、ナイフ格闘術の稽古で愛用しているマッカリーナイフですが、鎧通のように分厚いピットブルを日本民族が産んだ傑作を意味して「和華(のどか)」、そしてAT9-Sはカエデの葉のようなブレードの形状から「楓花(ふうか)」と愛称を込めて呼んでいますが、自衛隊員さんたちが日夜共にする89式小銃を「ハチキュウ」や「BUDDY]と呼ぶように、殺傷能力を持つ軍備品や武具を愛称で呼ぶ習慣は、軍関係者や武芸者であれば古今東西皆、共通しているかと思います。

                                                            89式小銃と一緒に運用する事を想定して造られたので、スリムでコンパクト且つ軽量ですが、それ故に非常にすばしっこく恐ろしい斬れ味を持つ一振りなので、たとえただの一人稽古とはいえ、ちょっと気を抜くと大ケガをするので、侮れない軍用ナイフです。

                                                            両者共々、長所と短所を持ち合わせてはいますが、それを補うために敢えて二振り愛蔵・愛用しています。

                                                            定期的に日本刀の鉱物性の刀剣油を引いて、部屋中漂う丁子の香りを楽しみながら手入れをするのが、至福の時と言ってもいいでしょうか。

                                                            今世紀のサムライ、また剛の者、来たれ!

                                                            • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                            • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                            • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                            • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                            • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                                                            会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                                            • 補足(その弐)

                                                              投稿日:2023/05/27 投稿者:画像登録なし 元会員さま

                                                              ★★★★★5

                                                              実に陸上自衛隊のエリート部隊も認めたマッカリーナイフの看板娘的存在であるAT9-Sで、またマッカリーナイフといえばやはりこの一振りで、当方のお気に入りの愛刀でもあります。

                                                              デザインと造り込みからしてアウトドア・ユティリティーナイフとしての素質は勿論、純粋なタクティカル・ファイティングナイフと認識して、日頃よりクラブマガのナイフ格闘術に精通している者であれば、このナイフが練達の士の手の内にあればどれだけ恐ろしい武器になるかは、もはや想像するに至りません。

                                                              頑丈なピットブルのように肉厚で全体的に太いイメージは無いものの、スリム且つ軽量なデザインはナイフ格闘では必至のダイナミック且つ俊敏な動きが可能になり、ポメル部分にあるOリングはカランビットのような逆手での操作に十分貢献します。

                                                              KA-BAR社の7インチのアメリカ海兵隊ナイフが巨人のゴリアテであれば、マッカリーナイフのAT9-Sはまさに小柄のダビデ。欧米では「大は小を兼ねる」、日本では「小は大を兼ねる」と言っても良いでしょう。

                                                              小柄で非力な者が、強大な者を制す。

                                                              まさに日本人そのものです。

                                                              • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                              • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                              • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                              • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま
                                                              • Makkari knives ユーティリティーナイフ 間狩純平作 AT9-S MOLLEシースレビュー写真 by 元会員さま

                                                              会員登録、またはログインすると、質問やコメントを投稿できます。

                                                              この商品には、37件のレビューがございます。

                                                              レプマートはココがすごい!!

                                                              • 品揃え日本最大級 30万点以上の在庫で即日発送
                                                              • 30日間返品OK 返品交換無料品もあり
                                                              • 直輸入だから安い