海外直輸入から、国内ブランドまで、国内最大2万種以上の品揃え!

カート

ミリタリーショップ レプマート

コルト ガバメント 1911

2012年1月23日 レプマート- エアガンレビュー

この記事がお役に立ちましたら、シェアや、いいね!、ツイートをして頂ければ嬉しいです。

コルト Model 1911は、数々の近代火器を手掛けた非常に有能な人物「ジョン・モーゼ・ブローニング」による製品である。

コルト ガバメント 1911の歴史

このピストルは、それまで陸軍制式採用されていた.38リポルパーが、パワー不足による問題を抱えていた為、新たに出した要望書に従うように設計された。

この要望書はパワー不足解消、6運射しか出来ない不満などが盛り込まれており、調査を命じられた「ジョンT.トンフソン大佐(後のトンブソンサブマシンガンの発明者)と「ルイスA.ラ・ガルド大佐」の2人は、軍隊が適切な阻止力(マンストッビングパワー)を確保するためには.45口径のカートリッジを必要とする、という結諭に達した。

1905年、コルトのために働いていた「ジョン・M・ブローニング」は彼自身の設計による.38口径カートリッジを使用した、オートマチックビストルを発表していたが、新たに陸軍が、新型ピストルへの関心を示すと発表した時、ブローニングはこの.38口径オートマチックデザインを変更し、.45インチ直径のカートリッジを収容する改良を施した〈モデルオブ1905〉として完成させたのだ。

そして、評価のために陸軍次期制式ピストル採用トライアルに提出。

トライアルの過程は1906年にコルト、ルガー、サヴェージ、ノーブル、ベルグマン、ホワイトーメリル、およびスミス&ウェッソンによって、各々提出されテストが開始された。

1年後の1907年、トライアル最終過程でブローニングデザインと、サヴェージデザインが共に勝ち残ったが、両者共に安全面に於いて要望したスペックを完全にクリアーしておらず、米国陸軍はいくつかの改良点と、追加実地試験を強く求められる事となった。

サベージ社は、これらのトラブルを解決すべく、努力を重ねていたが良い結果が得られすにいたが、コルト社陣営の方はブローニング自ら〈M1905〉改良型モデルのテスト生産に立ち会うべく、試作生産を監督していたハートフォードに赴く。

そこで彼は熱意ある若いコルト技術員、フレッド・ムーアと出会い、共にテスト銃が完璧に作動するように生産された部品の調整と、改良をさらに押し進めていったのだった。

そして遂に、グリップセフティーを追加した改良型〈モデル1910〉を完成させて、再評価のために選定委員会に再び提出したのである。

最終耐久テストは1911年3月3日に行われて、テスト内容は各々の銃、6,000発の発射テストから開始された。100発撃って後5分間冷却 、1.000発毎後にきれいにクリーニングと注油がなされるが、撃発後6000発のカートリッジも回収されて、変形しているか検査を行う徹底ぶり。

十分な実射強度が実証されると、次には酸による(腐食テスト)と、砂と泥の中に沈められる(防塵テスト)がさらなる過酷な状況でテスト、銃を容赦なく痛めつける事となる。

そして〈M1910〉は、全テストステージを楽々とクリアーし、見事にトライアル優勢を確実なものとした。それは歴史上初の過酷なトライアルテストをパスした、軍用ハンドガンとして制式採用となったのだ。

1911年3月20日に公表された選定委員会レポートは、以下のように述べている。

「2丁の新型ピストルは、最終トライアルの結果〈コルト社製〉が優れているという意見が出された。理由として、実射性能、耐久性能、部品交換が容易な構造、どれをとっても優秀だからである」

3月29日に、最終改良型〈M1911〉は、米国陸軍の制式携帯用八ンドガンとして選択されて

〈U.S.pistol automatic caribar .45model of 1911〉と制式名称を与えられた。

採用から数年たった1920年12月にはスプリングフィールド造兵廠は〈改良型A1の要望〉をまとめてコルト社に提出、その内容とは….

  • 1)トリガー後部のフレームの角を落とした(三日月型のフレームカット)
  • 2)ラウンドタイブの採用で握り易くした(メインSP八ウジング)
  • 3)よりコックがし易いように、短く・幅広の(ハンマースパー)
  • 4)トリガーに指が届き易いように短縮化した(ショートトリガー)
  • 5)射手の手をハンマーから保護する後部が長い(グリップセフティ)
  • 6)さらに視認性が向上する、幅広の(フロントサイト)

これらの要望が盛り込まれた〈改良モデルA1〉が試作され、制式に1926年5月〈.45modelof7971A1〉として更新採用。

その改良プログラム終了後に第2次世界大戦が勃発、急激な需要を満たす為1942年からイサカ・ガン社などの火器メーカー、レミントン・ランド、シンガーMfg,ユニオンスイッチ&シグナルなど数社により、約1,270,000挺にのぼるライセンス生産ガバメントが製造されたのだ。

その総数は1945年の生産まで、コルト社も含めるとA1が、約1,896,000挺製造されているようだ。
但し、資料により製造数のカウントが異なる場合がある。

現代を生き抜く「ミリタリーガバメント」

興味深い事実として、1945年3を最後にアメリ力陸軍は一切〈M1911Al〉の制式発注を行っていない。

1983年以降も〈M92FS=M9/9mm口径ピストル〉が採用されていたが、特殊部隊で〈ガパ〉は未だ根強い支持があり、.45口径マンストッビング・パワーを絶対的に信頼する傾向が強く、昨今注目の〈近接戦闘〉がこの傾向をさらに助長している。

確認されている異例としては、1993年の(ソマリア/モガデッシュの戦い=ブラックホーク・ダウン)に参加していたデルタチームの〈カスタマイズド.45ピストル〉がある。

詳しい内容は判明していないが彼等〈D-Boys〉が使用するとなれば、それなりに手が加えられているモデルなのは明らかだ。

「一発で夕一ゲットを無力化できる」そのパワーは、現代のオペレーター(特殊部隊員)達のセカンダリー・ウェポンに最適ではなかろうか?

また’80~90年代に新たに編成された、アメリカ海兵隊 MEUの〈MEU.45ピストル/前期型〉は、1945年以前のガバメントのフレームを使用し、スブリングフィールド製スライドや、旧パーツを当時の最新型力スタムパーツに差し替えたカスタムモデルを、現在、イラクに展開中の海兵隊員も使用し続けているのが確認出来る。

最近では、さすがに老朽化が激しいのか、スブリングフィールドや、キンパー社などのフルスベックのガバメント・カスタムに交代しつつあるようだ。
ネイビーシールズは独自の思想に基づいて.45口径プラスパワー弾に対応する圏SOCOMMk23mod.0’を採用している

このように(数々の戦争と紛争)の長い時間、現役として使用できうる耐久性能を持っていると言う事実は、如何に〈M1911Al〉の初期設計が優れた名銃なのかを如案に表している。

近年、再び、近接戦闘で脚光を浴びている.45口径ハンドガン。

2006年には、新たな陸口制式採用ビストルトライアルが開始する予定があるが、はたしてこの〈名銃M1911A1〉に太刀打ち出来る〈新型.45口径ハンドガン〉が出現するのかは興味深い所である。

(東京マルイ ミリタリーガバメント説明書より)

東京マルイ ミリタリーガバメント

The following two tabs change content below.
レプマート-
ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリープレス」のアカウントです。このアカウントでは、新製品情報や新着情報、社員の取材した情報など。タイムリーに発信しています。
レプマート-

最新記事 by レプマート- (全て見る)

1911, ガバメント, コルト, ミリタリーガバメント,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です