レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

東京マルイ SIG SAUER P226E2 レビュー

シグ ザウエル P226E2

東京マルイから発売されたSIG ザウエル P226E2は、P226R、P226Rの改良型です。

外観

SIG ザウエル P226E2のスライド
スライド・本来のマッドブラックから、わずかにグリーンが入った明るい色に変更。


SIG ザウエル E2の刻印
スライド横、前方にE2の刻印。


SIG ザウエル E2の刻印
トリガーは実銃のショートリセットトリガーに変更


SIG ザウエル エルゴノミクスグリップ
グリップは人間工学に基づいたエンハンスド・エルゴノミクスグリップを搭載。

内部機構

SIG ザウエル エルゴノミクスグリップ
ガスの充填容量を20%UPした、ワンピースマガジンに変更され、マガジンダンパーが薄型になっている。

シアとバルブノッカーを改良したため、スムーズなレスポンス。



SIG ザウエル

さすが人間工学に基づいているグリップだけに、握り心地は非常に良く安心感があり、取り回しやすい大きさに作られている。

グリップに無理にウエイトを入れていないため、自然な重量感が射撃時の安定感を生んでいるように思う。

今回注目したのが、マガジンの改良、スリットが幅広になっていて非常にBB弾を込めやすい。

20%UPしたガスの充填容量、実際にどれだけ撃てるか計ってみた。

  • 場所・・・・室内
  • 風・・・・・無風
  • 気温・・・・22.5℃
  • 使用ガス・・東京マルイガンパワーHFC134aガス
  • 使用BB弾・・東京マルイベアリング研磨0.20g 6㎜(5.95㎜)BB弾

結果は、3マガジンと21発射撃可能(気温により変動します) 合計96発

SIG ザウエルのインナーバレル先端
こんなにも撃てるとは驚きでした。

ゲームで使用しても、ガスをこまめに入れることもなくなり、敵前でのガス切れや、低温での不射撃も減ると思われます。

放熱性がいいマガジンなので、冷えても手で暖めたらすぐ射撃可能です。

通常分解(フィールドストリッピング)がテイクダウンレバーを下げるだけなので、素早くメンテナンスが可能ですが、バレルが短いので集弾性と初速はやや欠けるようです。

SIG 東京マルイ シグ・ザウエル P226E2 ガスガン

文【田島】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です