レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

ESSの持つ光学技術

ESS

ESSの持つ光学技術

≫ ANSIZ87.1については詳しくはこちらを参照下さい。

ESSレンズの分光力

ANSIZ87.1 光学テスト#7.4.3.2

光学屈折力とはレンズを通して見た映像が、どの程度屈曲するかを測定する光学テストです。

極端な屈折の例をいえば、レンズを通して物体を見たとき実際そこにあるべきところに物体がないといったこともあります。

また、ANSIZ 87.1のテストはレンズの左右側面の屈折不均衡を測定します。なぜそのようなテストを行うのかといえば、均衡がとれていないレンズでを使っていると、目に見える偽りの複視を無くそうとする働きで眼球疲労を起こすからです。

レーザー設備は、NBSの標的から30フィートに設定さて、それぞれのレンズを通して標的に発射されます。光学機器が良ければ良いほどレーザー光線の屈折が少ないことが判明します。

屈折が起きないレンズは、レーザー光線の進路が直接NBSの標的の中心に継続して当たる事を可能にします。

歪曲をもたらす屈折の量を見る時は、30フィートより長い距離で見ることが重要です。

ESSレンズの分光力

ESSレンズの屈折力

ANSIZ 87.1 光学テスト#7.4.3.2

レンズ屈折力は、多くの人がわかりにくくあいまいな基準と考えています。

ANSIの屈折力検査での合格の必要条件は、レンズを通してみる光の妥当な屈折量です。

NBSの解像力原型の線は、レンズの特徴を測定するために使用されます。

ANSIZ 87.1の屈折力最低基準よりも性能が高めのレベルにあるので、対象物がより一層鮮明に見ることができます。

ESSレンズの屈折力

ESSのミリタリーサングラスESSのゴーグル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です