レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

東京マルイ SCAR L 次世代電動ガンの修理をさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理対応をさせて頂きました。

・東京マルイ SCAR L 次世代電動ガン 個人カスタム品

故障状況はトリガーを引くとモーターは回るが弾が発射されないとのご依頼でした。
ご自身で内部メンテナンスを行い組み上げた所、この様な症状になったとの事でした。

本体を分解し調査、メカボックス内部の調整が適切で無い事と部品の取付け違い・パーツの破損があり今回部品交換・内部の再整備にて修理対応となりました。

東京マルイ SCAR L 次世代電動ガン 個人カスタム品 修理内容

故障状況

トリガーを引くとモーターは回るが弾が発射されない

故障原因

・逆転防止ラッチの取付け違い
・BB弾を給弾するタペットプレートの破損
・ギアのシム調整が適切で無く、ギアが正常に回転しない状態
・オートストップパーツ:セカンドカットオフレバースプリングの取付け違い
・メカボックス固定ネジの欠損あり(1本)

修理内容

1)本体分解、故障原因調査

《セカンドカットオフレバースプリングの付け間違い》
《メカボックス内部》
《BB弾を給弾するタペットプレートが破損している》

《給排気部品損傷無し》
《ベベルギアの逆転防止ラッチ付け間違い、ギアのシム調整が間違っている》
《ギア部品破損無し》
《内部は清掃されており綺麗》
《スイッチも清掃されている》

2)ギアシム調整:ギア3点を円滑にドライブ出来る様調整

3)ベベルギア位置出し・モーターノイズ調整

4)破損したタペットプレートを新品へ交換(セットのノズルも一緒に交換)
《東京マルイ純正パーツ使用》

5)再組立て、グリスアップ、接点グリス塗布、オイル注油、欠損ネジ取付け
《接点グリス塗布》
《メカボックス内部組み上げ》
《欠損していたネジを取付け》
《セカンドカットオフレバースプリング取付け》
《メカユニット完成》

6)インナーバレル・チャンバーユニット分解清掃

《分解・内部清掃・オイル塗布》
《メンテナンス後》

■最終動作確認、約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整、初速計測チェックの後お客様へご返却となります。
■修理後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・ノンホップ時 92m/s 適正ホップ時 92m/s(0.2gBB)

※約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整。0.2g弾で調整済み。

修理・カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのは東京マルイ SCAR L 次世代電動ガン 個人カスタム品、フロント周りやストック部分の外装が変更されている点と内部のリコイルユニットが撤去されているモデルでした。

メカボックス内部を分解しオーバーホール作業を実施致しました。破損しているタペットプレートを新品へ交換、ギアのシム調整、モーターの位置出し、各部オイル・グリスアップ済み、インナーバレル・チャンバーユニットも清掃、再整備致しました。

修理後の初速は約90m/s(0.2gBB)以上出ており作業後、セミ・フルオート・オートストップ動作問題御座いません。

今回、ご自身にてメンテナンスを行い組み上げ後に不具合が発生したとの事でした。電動ガンの内部は部品点数が非常に多く、また組付け方法が決まっている部品も多数御座います。組付け方を間違うと動作しなくなったり不具合の原因となります。ご自身でのメンテナンス作業に不安を覚える方は弊社へご依頼頂ければ幸いです。また、『ご自身でのメンテナンス後どうも調子が悪い』等、気になる症状が御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

弊社では国内/海外製電動ガンの修理・メンテナンス・カスタムが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。