レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

東京マルイ MP7A1 ガスブローバックマシンガンの修理をさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理対応をさせて頂きました。

・東京マルイ MP7A1 ガスブローバックマシンガン

ご依頼内容はマガジンを装填しコッキングを行ってトリガーを引いてもBB弾が発射されない、またマガジンを外しコッキングレバーを引くとBB弾がマガジン挿入口から落ちてくるとのご依頼でした。

本体を分解し故障原因を調査、インナーバレル内に数発の変形したBB弾が詰まった事により、正常に発射動作が出来ない状態でした。

今回、インナーバレル内に詰まったBB弾を除去すると同時に本体内部可動部のメンテナンスにて対応致しました。

東京マルイ MP7A1 ガスブローバックマシンガン 修理内容

故障状況

マガジンを装填しコッキングを行ってトリガーを引いてもBB弾が発射されない、またマガジンを外しコッキングレバーを引くとBB弾がマガジン挿入口から落ちてくる

故障原因

インナーバレル内部に変形したBB弾数発が詰まっており、正常に発射動作が出来ない状態

修理内容

1)本体分解、故障原因調査【インナーバレル内弾詰まり】
《発射動作を行うとボルトが半開きで停止してしまう》
《ご依頼品外観》
《ストック・ボルトユニット取り出し》
《ボルトユニット》
《ピストン異常無し、ローディングノズルの前後動作も正常》
《ローディングノズルに破損無し》
《レシーバーからシャーシを取り出し》
《シャーシ外観》

《非常に細かいパーツ類で構成されている》
《シャーシ分割》
《インナーハンマーユニット、破損無し》
《インナーバレル・チャンバーユニット》
《チャンバーユニット分解》
《BB弾がインナーバレル内に詰まっている》

2)インナーバレル内部に詰まったBB弾を除去
《BB弾が内部で膨張している為、金属棒で叩き出す》
《詰まっていたBB弾》

3)インナーバレル清掃、チャンバーユニット組み上げ・メンテナンス
《バレル内清掃》
《パッキン類装着》
《ホップ突起形状の確認》
《インナーバレル・チャンバーユニット完成》

4)インナーハンマーユニット清掃・注油メンテナンス
《汚れが溜まっている》
《洗浄後、オイル・グリス塗布》

《ハンマー動作チェック》
《シャーシ組立て》
《可動部グリスアップ》
《シャーシ完成》
《シャーシをレシーバー内部へ挿入》

5)ボルトユニットメンテナンス
《ピストン部へ注油》

《ボルト可動部へ注油》
《完成、本体へ組み込み》

6)マガジン注入バルブの締込み
《注入バルブに緩みあり、再締め込み》
《パッキン部に軽くオイル塗布》

■修理後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・適正ホップ時 84m/s(0.2gBB)

*ガスの注入量や気温により初速は左右します。

修理・カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのは東京マルイ MP7A1 ガスブローバックマシンガンでした。

上記6項目の作業を実施致しました。インナーバレル内部の変形したBB弾数発を除去、本体内部の各可動部のメンテナンスを行い再組み上げ致しました。また、マガジン注入バルブに緩みが御座いましたので締込み済みです。修理後の初速は84m/s(0.2gBB)、セミ・フルオート発射動作、ボルトストップ・リリース動作問題御座いません。

今回の故障原因はインナーバレル内にBB弾が詰まり、ガスの放出口が塞がれた事による動作不良でした。これはガスガンのみならず、エアソフトガン製品全般で起こりうる不具合になります。現在は高精度なバイオBB弾が普及しご使用頂いておりますが、バイオBB弾の保管時に保管方法を誤ると湿気を含んでしまい膨張し変形する場合が御座います。そのままマガジンに装填して発射するとチャンバーもしくはインナーバレル内で詰まってしまいます。トイガンの管理に限らずご使用されるBB弾の管理も重要となります。膨張したBB弾が内部で詰まり、無理に取り出そうとすると本体が故障する場合も御座いますので、ご自身で弾詰まりの除去が出来ない場合はメーカー様のアフターサービスもしくは弊社へご依頼頂けると幸いです。

弊社では国内ガスハンドガンの修理・メンテナンスが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。