レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

東京マルイ M93R 電動ハンドガンのカスタムをさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきましてカスタム対応をさせて頂きました。

・東京マルイ M93R 電動ハンドガン

カスタムご依頼内容は『初速性能の向上』でした。
今回、内部パーツの組み換え・調整にてカスタム対応を実施致しました。

東京マルイ M93R 電動ハンドガン カスタム内容

カスタムご依頼内容

『初速性能の向上』

カスタム製作に使用したパーツ

■計:3点
・LayLax パワースプリング ¥980
https://repmart.jp/products/lay5788.html
・PDI 内径6.01mm レイブンインナーバレル ¥2,400
・G.A.W 電動ハンドガン FRUS-Oリング ¥480

カスタム作業内容

1)本体・メカボックス分解、各部検査
《ご依頼品外観》
《スライドカバー取り外し》
《インナーバレル部》
《ノズルユニット部》
《ノズルユニット:汚れは無く綺麗な状態》
《本体より取り外したメカボックス》

《ギアグリスも綺麗に残っている》
《メカボックス内部》
《給排気パーツ:破損・劣化無し》
《ギア4点:破損・劣化無し》
2)ピストンOリング・メインスプリングをカスタム品へ交換
《純正ピストンヘッド》
《気密性・耐久性能の高いカスタムOリングへ交換》
《使用部品:G.A.W 電動ハンドガン FRUS-Oリング》
《左:純正品 右:カスタム品》
《カスタムOリング取付け後》
《メインスプリングをカスタムスプリングへ交換》
《使用部品:LayLax パワースプリング》
《上:純正スプリング 下:カスタムスプリング》

3)再組立て、グリスアップ、オイル注油、スイッチ接点グリス塗布
《メカボックス内部組み上げ》
《メカボックス完成》

《スイッチユニット接点グリス塗布:接点端子に劣化無し》
《接点グリス塗布》
《スイッチユニット完成》

4)チャンバーユニット分解、インナーバレルを精密カスタムバレルへ交換、パッキンゴム清掃・メンテナンス
《インナーバレル・チャンバーユニット》
《チャンバー部分解》
《インナーバレルを精密カスタムバレルへ交換》
《使用部品:PDI 内径6.01mm レイブンインナーバレル》
《上:カスタムバレル 下:純正バレル》
《チャンバーパッキン清掃・オイル塗布・組み込み》
《インナーバレル・チャンバーユニット完成》
《ホップ突き出し形状の確認》

《本体へ組み込み》

5)ノズルユニットグリスアップ
《塗布されているグリスを一旦落とす》
《再グリスアップ・組み込み》

6)本体再組み上げ・モーターノイズ調整・動作チェック

■最終動作確認、約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整、初速計測チェックの後お客様へご返却となります。
■初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・カスタム前 ノンホップ時 69m/s(0.2gBB) 適正ホップ時 64m/s(0.2gBB)
・カスタム後 ノンホップ時 80m/s(0.2gBB) 適正ホップ時 80m/s(0.2gBB)

※約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整。0.2g弾で調整済み。

修理・カスタム担当者コメント

ご依頼頂きましたのは東京マルイM93R電動ハンドガンでした。上記6項目の作業を実施致しました。①精密インナーバレル、②エアを圧縮する為のパワースプリング、③気密性の高めるピストンヘッドOリングの3点を交換する事によりカスタム製作を実施致しました。結果、初速性能はカスタム前64m/s→カスタム後80m/s(0.2gBB)台へ向上し精密インナーバレルによる弾道の直進性能も改善されました。また、カスタム製作と同時にノズルユニット・スイッチユニット・メカボックス内部の清掃・メンテナンスを同時に実施しております。

電動ハンドガンは『マイクロメカボックス』という性質上、スタンダード電動ガンの様にカスタムに無理が利く機種では御座いません。本体の耐久性に考慮し、必要なパーツのみに的を絞り無理のないカスタムする必要が御座います。また、パワースプリング組み込みにより初速性能が向上していますが、純正ニッケル水素バッテリーでのご使用ではレスポンス性能の低下に繋がります。本カスタムでは放電性能の高いリポバッテリーのご使用が前提となります。

弊社では電動ガン全般の修理・メンテナンス・カスタムが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。