国内最大級のミリタリー総合通販   商品数 11,008点レビュー総数 1,945件

カート

ALICEとは

ALICE(アリス)とは

ALICE(All-Purpose Lightweight Individual Carrying Equipment)は、それ以前に使われていたLCE(M-1956 Load-Carrying Equipment)にかわり、1973年に採用された個人運搬装備です。

1993年SEYNTEX製のALICE前面

SEYNTEX製(1993年)のALICE前面

オランダ軍のDPM迷彩

オランダ軍のDPM迷彩

戦闘中の兵士にかかる負荷は、最小限にして、迅速かつ敏捷に動くことができなければなりません。

ALICEはLCEと同じく、ベルトサスペンダーはスナップフックでベルトに取り付け、荷重を肩にシフトさせており、サスペンダーには、追加で装備の取り付けを可能にしています。

戦場で戦う兵士の負荷を軽くするために、軽量の荷重運搬システムを開発を目的としたLINCLOEプログラムが1965年に開始されました。

スライドキーパー(アリスクリップ)

スライドキーパー(アリスクリップ)

ALICEとのLCEの最大の違いは、装備をプラットフォームに取り付ける仕組みが、ダブルフックワイヤーから、スライドキーパー(アリスクリップ)に変更されたことです。

LCEの場合、M56ピストルベルトには、ダブルワイヤフックを通して固定する2列のグロメット付きの穴があり、取り付け位置が限られていました。

しかし、ALICEのスライドキーパー(アリスクリップ)ならナイロンベルトのある場所なら、どこでも取り付けることができるようになり、自由度が向上しています。

クイックリリースバックル

ALICE後期のクイックリリースバックル

デイビス・バックル以前のLCEベルトバックル

デイビス製以前のLCEベルトバックル

また、LCEでは金属製で引っ掛けて固定するデイビス・バックル(Davis buckle)を採用していましたが、ALICE初期のLC-1ではプラスチック製バックルが採用され、1981年に発表されたLC-2ピストルベルトでは、同じくプラスチック製のクイックリリースバックルに変更されました。

ALICEの構成要素

前部の装備

サスペンダー、ベルト周りの装備

alice
ARマグポーチ 1つのポーチにグレネードを2個収納 コンパスや救急包帯を収納するポーチ ベルト付近前面 キャンティーンカバー 側面の調整コード

後部の装備

バックパック周りの装備

alice
  • 1、架台(フレーム)
  • 2、腰あて
  • 3、ウエスト用ストラップ
  • 4、ショルダーストラップ(クイックリリースなし)
  • 5、ショルダーストラップ(クイックリリース)
  • 6、棚、貨物サポート
  • 7、カーゴストラップ 2個
  • 8、コンバットパック(ミディアム)
  • 9、コンバットパック(ラージ)
  • 10、バックパックカバー

レプマートはココがすごい!!

  • 品揃え日本最大級 30万点以上の在庫で即日発送
  • 30日間返品OK 返品交換無料品もあり
  • 直輸入だから安い