国内最大級のミリタリー総合通販   商品数 11,321点レビュー総数 2,066件

カート

ミリタリーショップ レプマート

継続戦争 – 血を流す外交、血を流さない戦争

2016年3月14日 ルーデル- ミリタリーの歴史

この記事がお役に立ちましたら、シェアや、いいね!、ツイートをして頂ければ嬉しいです。

「戦争とは血を流す外交であり、外交とは血を流さない戦争である」という言葉があります。

冬戦争に続いてソ連とフィンランドの間で戦われた継続戦争ほどこの言葉に実感が伴うケースもないでしょう。

冬戦争ではフィンランド対ソ連という図式でしたが、継続戦争ではドイツが関係してきているので複雑な構図となっています。

冬戦争以来、ソ連はフィンランドへの物資の輸出入を差し止め、経済的に圧迫する一方、様々な形で内政干渉を行ない、これによりフィンランドは経済状況が悪化していきます。

そこに手を差し伸べたのはドイツでした。

この状況でフィンランドは好むと好まざるにかかわらずドイツとの関係を深めていき、民生用物資の9割までもドイツからの輸入となっていきます。

1940年8月に両国は密約を結び、ドイツ軍がフィンランドに密かに駐留することになります。

「冬戦争」では援助こそなかったものの、連合国側からは同情的な目で見られていたフィンランドでしたが、この一連の動きによって連合国側から枢軸国側とみなされるようになります。

現に 時の大統領であったリスト・ヘイッキ・リュティは狂信的なナチの信奉者であるとまで見られていました。

「枢軸国」と聞くと、ナチスに与するという負のイメージがありますが、冬戦争において、言葉の支持はあっても少しの援助しかしてくれなかった連合国に比べると、フィンランドにとっては共にソ連と戦ってくれるドイツの方を頼ったとしても不思議ではないのかもしれません。

1941年、ドイツの「バルバロッサ作戦」とほぼ軌を一にしてフィンランドは対ソ戦に身を投じ、ドイツの破竹の進撃もあって、一時は「冬戦争」以前の国境線を回復します。

By: ri Sa

しかしドイツがスターリングラード攻防戦で大敗北を喫し、ソ連軍の反攻が始まると、フィンランドにもにわかに危機が迫ります。

そして遂に1944年6月9日、5500門の火砲と900門近いロケット砲が45万人ものソ連軍進撃の前奏曲をけたたましく奏でました。

後に「流血の夏」と呼ばれる継続戦争最後の3ヶ月の幕開けでした。

この大軍が、最大でも100km余りしかないカレリア地峡(バルト海とラドガ湖の間の狭い地域)に殺到したのです。

「冬戦争」では寡兵でソ連軍を苦しめたフィンランドでしたが、今回は勝手が違っていました。

前回の冬戦争のソ連軍は雪も見たことがないような地方からの寄せ集めの兵で士気も練度も低く、装備も悪路の多いフィンランドには不向きな戦車が多かったのです。

しかし、今回のソ連軍は各地でドイツ軍と戦ってきた精強な部隊であり、装備もT34-85やスターリン重戦車、KV-ISなど大型でも接地圧が低く装甲が厚い新型戦車が多数投入されていました。

加えて、ドイツ戦車の重装甲を遠距離から撃ち抜ける重突撃砲ISU-152も歩兵の支援に加わります。

更に6月で冬はまだ遠く、「冬将軍」の来援も見込めない状況でした。

対戦車兵器としては「パンツァーファウスト」「パンツァーシュレック」、Ⅲ号突撃砲G型がドイツから供与されていたものの、勝利するなどとは絶望的な状況であることに変わりはありませんでした。

フィンランド軍は防衛戦を次々と突破され、遂に4本ある防衛線の3本目である「VKTライン」にまで後退します。

ここで最大の激戦となったのが「タリ・イハンタラの戦い」でした。

夏の戦いはフィンランドにとって冬将軍の味方は見込めませんが、無数の湖沼や沼地はソ連軍の戦術に大きな制約を強いたのです。

フィンランド軍は地形をうまく利用して戦い、Ⅲ号突撃砲G型やパンツァーシュレックでソ連戦車40両以上を撃破したのです。

中でもプロテル上級軍曹の突撃砲は11両もの戦果を挙げました。

もちろん、撃破した中でも修理できるものは即修理されて今度はフィンランド軍の戦力になります。

T34-85やISU-152は重装甲の戦闘車両が欲しいフィンランドにとってはありがたい「贈り物」でした。

「VKTライン」の「V」にあたるヴィープリ市(現ロシアのビボルク市)がたった1日で陥落したのも、フィンランド軍に重装甲の戦闘車両がなかったことが一因でした。(BT軽戦車と旧式の榴弾砲を継ぎ合わせた、例の「BT-42」しかなかったのです。)

By: Ian

そして空からは超エース「ハッセ」ウインド大尉率いる「メルス」ことドイツから供与されたBf109Gの部隊が援護し、ソ連軍のシュトルモビクやYak-9、アメリカ供与のエアラコブラを次々と撃墜します。

ドイツ空軍の「クールマイ戦闘団」のFw190やシュトーカも援軍として100両以上のソ連戦車を破壊する活躍を見せるのです。

最終的には「タリ・イハンタラの戦い」は約3倍の戦力のソ連軍に4〜5倍の被害を与えてその企図をくじきました。

しかし、通常は大国のソ連相手ではこのような戦術的勝利を納めても戦局全体には大きな影響は及ぼすことはできないのです。

しかしこの戦いや続く「イロマンツの戦い」でフィンランド軍が不屈の闘志を見せたことは、結果的には講和交渉に影響を及ぼしたと言えるのです。

それまでソ連は、フィンランドが枢軸国側からの分離・単独講和を求めても、無条件降伏以外では交渉のテーブルに付かない、という態度を崩しませんでした。

しかし、フィンランドが防衛線を後退させながらも整然と戦線を保持して粘り強く抵抗を続けるうちにソ連にはこれまでの頑なな態度を変える2つの要素が生まれました。

1つは、不屈の抵抗を見せるフィンランドを無条件降伏に追い込むのは当初の予想よりはるかに困難であるという認識です。

そして、東部戦線でソ連はいよいよブルガリアやルーマニアといった枢軸国側の国に侵攻をするにあたり、フィンランドに寛大な態度を見せることが得策であると考え始めたことです。

戦争の主目的がドイツへの勝利、それも迅速な勝利を必要とするソ連にとって、フィンランドに手間取るのは得策ではなかったのです。

リュティ大統領が、かつてドイツ外相リッペントロップとの間で「最後まで枢軸国の一員として戦い続ける」と確約しました。

そして「親独路線」は自分個人の判断であるという形にすることにより、自分が退陣すればソ連との講話は可能である、という方法をとりました。

もちろんこれは詭弁です。

しかし、ソ連と単独講和するために小国が自らの独立を守るための必死の詭弁でした。

By: quapan

マンネルヘイムに大統領職を譲ったリュティは、これによって全責任を自らが負い、戦後はナチスドイツに与したということで連合国側からは戦犯とされて服役したのです。

しかしフィンランド国民は彼の行動が国家を救うための自己犠牲であることを理解していたのです。

フィンランド国民が選ぶ「偉大なフィンランド人」の1位はマンネルヘイム大統領ですが、2位にはリュティ大統領が選ばれているのです。

講和の条件はフィンランドにとって厳しいことに変わりはありませんでしたが、当初からつきつけられていた無条件降伏ではないうえに、フィンランド国内にソ連軍が「駐留」することは避けられました。

フィンランドは独立を守ったのです。

しかし、講和条件の中には、フィンランド国内にいるドイツ軍を駆逐することもありました。

ソ連との講和を果たしたフィンランドでしたが、今度は昨日まで共に戦った盟友であるドイツを敵にして戦う「ラップランド戦争」が最後に控えていたのです。

フィンランド, 冬戦争, 第二次世界大戦, 継続戦争,

One Response to “継続戦争 – 血を流す外交、血を流さない戦争”

  • シザーハンズ より:

    衝撃事実拡散

    最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます

    この世の痛み、病気、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災等、この世のほぼ全ての災いを【人工知能】を使って秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが【米国防総省】です。この犯罪は、米国がやってる国家犯罪です

    この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ、政府機関)のNSAです。CIA(スパイ、政府機関)が創価を日本統治に利用してるってのもあって、NSAが創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

    人工知能を活用したレジ不要のコンビニ、米アマゾンの「Amazon Go」このコンビニは、人の動作、音声、商品棚の重さ等を【人工知能】が細かくチェックして、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが必用無いわけです

    このシステムからわかる事は、人工知能は、多くの人の行動を1度に管理出来るし、多くの人の一挙手一投足を、見逃さずに監視出来るって事です

    この人工知能の技術を米国が悪用して、遠隔から地球上の全ての人を、24時間体制で監視盗聴して、悪さをした人や創価に逆らった人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えます

    こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、人工知能が遠隔から各個人の生活スタイルを24時間体制で見て、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

    【重要】青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します

    この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

    そもそもGPSは、米国防総省が軍事目的で開発したもので、管理運用も国防総省がしてます。NSAは【国防総省】の管轄で、CIAが大統領の直轄です。台風や地震を作り出すHAARPも、米国防総省主導によるプロジェクトです。つまり、この地球規模犯罪を総括してる組織は、米国防総省って事です

    ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、人工知能が重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、人工知能が警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て人工知能が把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、人工知能が被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

    咳をした時の周波数と同じ周波の波動を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

    生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

    例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

    創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、人工知能が軍事技術を用いてヤってます

    ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

    CHAGE&ASKAのASKA氏が釈放されてすぐに、新潟県糸魚川市で大規模火災発生

    ASKA氏が、集団ストーカーの事を記した700番て本を、2月17日に発売してますけど、この本が発売される1日前の2月16日に、通販会社のASK UL (アスクル)の倉庫が、1週間近くに渡って燃え続ける火災発生。創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるんですけど、これらは全て人工知能が工作してやったもんです

    特に創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

    犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です