レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

海外製 BOLT MP5J PEAKER リコイルショック電動ガンの修理をさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理対応をさせて頂きました。

・BOLT MP5J PEAKER リコイルショック電動ガン

故障内容は動作しない(弾が発射出来ない、ブローバックが動かない)とのご依頼でした。
現品の確認を行ったところ、動作しない状況でした。
メカボックス内ギアの回転動作不良と部品の劣化による故障と思われます。
今回は内部調整及び部品交換(カスタムパーツへの組み換え)、外装破損部品の交換にて修理となりました。

BOLT MP5J PEAKER リコイルショック電動ガン 修理内容

故障状況

動作しない(弾が発射出来ない、ブローバックが動かない)

故障原因

1)メカボックス内ギアの回転動作不良
2)カットオフレバー及びスプリングの破損(セミ・フル切り替え部品)
3)セレクターレバー内スプリング部品の破損
4)チャンバーパッキン劣化及びチャンバー位置ずれによる初速不良

修理内容

1)ギア用の軸受けを交換、シム調整にてギア3点を円滑にドライブ出来る様調整
<使用部品:SHS Airsoft 6mmオイルレスメタル軸受け>

2)セクターギアとピストンラックの歯当たり調整(AOE調整:ピストン耐久力向上、内部負荷の低減)

3)破損したカットオフレバー、スプリングの交換
<使用部品:Retro Arms カットオフレバー・SHS Airsoft スプリングセット>

4)再組立て、グリスアップ、オイル注油、スイッチ接点グリス塗布

5)ギア、モーターノイズ調整

6)チャンバーユニットの位置ずれ対策加工(Oリング追加、初速低下の改善)

7)チャンバーパッキン交換
<使用部品:宮川ゴム チャンバーパッキン 3種セット>

8)セレクターレバーの動作調整(内部スプリング交換)

9)リコイルユニットの調整(グリスアップ)

10)バッテリー交換
<使用部品:ボルトエアソフト LiPoバッテリー 1000mAh 11.1V 15C>

■最終動作確認、約15mの距離で弾道検査、ホップアップ調整、初速計測チェックの後お客様へご返却となります。
■修理後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・適正ホップ時 89m/s(0.2gBB)
※約15mの距離で弾道検査、ホップアップ調整。0.2g弾で調整済み。

修理担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのはBOLT製リコイルショック電動ガンでした。
元々PEAKER搭載モデルとあり11.1Vリポバッテリーに対応したモデルとなります。
ご依頼頂いた状態では7.4Vリポバッテリーにてリコイル動作が厳しい状況の為、
お客さまと相談し今回11.1V仕様にて対応出来る様修理、調整をさせて頂きました。

単なるパーツ交換のみならず、セクターギアピックアップ歯の調整(AOE調整)等を用いて全体的にバランスを整え、メカボックス内部の負荷を低減出来る様調整しています。

完成後は秒間15発以上の軽快な動作をするマシンガンへ生まれ変わりました。

弊社では海外製のリコイルショック電動ガンの修理・メンテナンス・カスタムが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です