レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

東京マルイ SOPMOD M4 次世代電動ガンのカスタムをさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきましてカスタム対応をさせて頂きました。

・東京マルイ SOPMOD M4 次世代電動ガン

カスタムご依頼内容は『リコイル機能のオミット・電気配線の交換』『リポバッテリー搭載化』『MREフロントレイルへ組み換え』でした。

今回、リコイル機能を外し伝導効率の高い電気配線へ交換すると共に、外装のフロントレイルの組み替えを行い内部・外装共にカスタム製作致しました。

東京マルイ SOPMOD M4 次世代電動ガン

カスタムご依頼内容

『リコイル機能のオミット・電気配線の交換』『リポバッテリー搭載化』『MREフロントレイルへ組み換え』

カスタム製作のポイント

①リコイルオミット・電気配線関係
・リコイル機能のオミット
・配線をストックイン化
・ミニSコネクター化(ヒューズ付)

②フロントレイル関係
・G&P MREレイルへの交換
・レイル、バレルベースはお客様お持ち込み

カスタム製作に使用したパーツ

4点
1)Big-Out スプリングガイド 次世代電動ガン M4系/HK416/417専用 ¥1,800
https://repmart.jp/products/ra01234.html

2)EAGLE RACING ミニコネクター EPエアーコネクター ¥200
https://repmart.jp/products/eag001068.html

3EAGLE FORCE ガンモーターコネクター ¥420
https://repmart.jp/products/ra10462.html

4)ORGA AIRSOFT テフロンコード 1.5m 高通電率 ¥1,200
https://repmart.jp/products/ra04729.html

カスタム作業内容

1)ストックパイプ内のリコイルユニット取り出し・スプリングガイドを固定
《リコイルユニットが搭載されたバッファーチューブ》
《ヒートガンで硬化したネジロック剤を熱して外す》
《取り外したリコイルユニット一式》
《スプリングガイドを固定》
《使用部品:Big-Out スプリングガイド》

《取付け後》

2)メカボックス内部 電気配線を伝導効率の高いテフロンコードへ交換


《メカボックス分解》


《スイッチユニット》


《テフロンコード・モーター端子を使用し配線製作》
《使用部品:ORGA AIRSOFT テフロンコード 1.5m 高通電率》
《使用部品:EAGLE FORCE ガンモーターコネクター》

《スイッチ分解・既存配線撤去》
《スイッチ端子へテフロンコードをはんだ付け》
《スイッチ再組立て》
《配線製作・スイッチ取付け後》

3)ギアシム調整にてギア3点を円滑にドライブ出来る様調整
4)ベベルギア位置出し・モーターノイズ調整

5)再組立て、グリスアップ、オイル注油・接点グリス塗布
《グリス汚れを落としオイルを再塗布》



《メカボックス完成》

6)レシーバー組み上げ・EPコネクター・20Aヒューズ取付け
《モーター接続》
《レシーバー周り完成》
《EPコネクター・20Aヒューズ取付け》
《使用部品:EAGLE RACING ミニコネクター EPエアーコネクター》


《コネクタ端子はんだ付け》
《ヒューズ取付け》
《完成》
《リポバッテリーをストックパイプ内へ収納が可能に》

7)チャンバーユニット分解・清掃


8)ダミーボルト 連動動作オミット
《連動パーツの撤去》

9)フロントユニット ハンドガード・アウターバレル部分解



10)アウターバレル基部へハードバレルベース取付け(首回りの強化)
《左:カスタム品 右:マルイ純正》
《取付け後》

11)G&P製 MREフロントキット組み込み・調整
《アウターバレルはマルイ純正を使用》
《シムリングを入れバレルナットの締め上げ》

《フロントサイト・ガスチューブもマルイ純正を使用》

《レイルハンドガード取付け》
《フロントサイト取付け》

《フロントレイル交換後の仕上がり検査》





■最終動作確認、約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整、初速計測チェックの後お客様へご返却となります。
■初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・カスタム前:88m/s(0.2gBB)
・カスタム後:95m/s(0.2gBB) 適正ホップ時 95m/s(0.2gBB)

※約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整。0.2g弾で調整済み。

修理・カスタム担当者コメント

ご依頼頂きましたのは東京マルイ SOPMOD M4 次世代電動ガンでした。

メカボックス内部パーツを交換し、カスタム調整を行いました。リコイル撤去+高効率電気配線製作により、セミ・フルオート性能が向上しております。バッテリー接続はミニコネクタへ変更・ヒューズ搭載済み。ストックパイプ内にバッテリーが収納出来る様にしております。これにより、お好みのストックへの交換が自由自在になります。

カスタム前の初速検査にて約80m/s台と低く、内部メカボックス・チャンバーユニットにグリス汚れ・オイル切れが御座いました。その為メンテナンスを行い95m/s前後(0.2gBB)へ初速改善済みです。

外装につきましてはお客様より御支給頂きました『G&P MREハンドガードキット・ライラクスハードバレルベース』を組み込み致しました。アウターバレル・フロントサイトはマルイ製を使用、組み上げ後のがたつきは無く仕上がりも良好です。

弊社では電動ガン全般の修理・メンテナンス・カスタムが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。