レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

BATON airsoft BS-H.O.S.T. CO2GBB 発売前サンプルをレビュー!!その1 外観編

BATON airsoft様より、2月中旬再販予定のBS-H.O.S.T. CO2GBBのサンプルが届きましたので、外観・内部共に詳しく見ていきましょう。
まず、箱を開けて手に取った瞬間の感想ですが「黒ッ!!重ッ!!」といった感じです。

銃全体がマットブラックで仕上げられており、重厚な塊感を演出しています。
実際の重量ですが、CO2カートリッジ込みで約1kgということもあり、見た目に相違ないずっしり感を味わえます。


マガジンに12g CO2カートリッジを挿入して使用します。
カートリッジをねじ込む際に、蓋を六角レンチで締めていくのですが、以前のモデルと比べて締めやすくなったように感じます。
ネジピッチ等が変更になったのかもしれません。(気のせいのような気もしますが…)
マガジンには大型のバンパーが装備されており、万が一落下した際の破損防止や、素早いマグチェンジに適した仕様となっています。
筆者としてはカートリッジの蓋が隠れるので、雰囲気が崩れないのがうれしい点であります♪

次に、銃本体の外観を見ていきましょう。
サムセーフティはワイドレバーのアンビタイプが装備されており、左右のどちらからでも素早いON/OFF操作が可能。
グリップセーフティもビーバーテール付きになっており、ハイグリップで握りこんだ際にハンマーが手を巻き込むのを防ぎます。

グリップフレームには、人気のタラン・タクティカルのカスタムフレームを思わせる滑り止めテクスチャーが施されており、素手・グローブ着用時のどちらでも手によく馴染むハンドリング感となっています。

BS-H.O.S.T最大の特徴の一つである、スライドに埋め込まれたドットサイトマウント。
リアサイト側の六角ネジを抜き取り、リアサイトごとカバーを外すことでマウント部分にアクセスできます。
こちらのマウントには、東京マルイ製 マイクロプロサイト(東京アキバ店価格¥5,984-税込)や、各種ドクターサイト規格のマイクロドットサイトを搭載可能となっております。

銃口に14mm逆ネジのスレッドが刻まれたメタルアウターバレルが標準装備。
各種サプレッサーやトレーサーを装備可能ですので、ナイトゲームやインドアフィールドでの楽しみ方の幅も広がります♪

フレーム下部には現代オートマチック必須装備たる20レールが装備されており、20mmレール対応のウェポンライトなどが取り付け可能です。

フラッシュライトが装備されたピストルは特殊部隊チックでカッコいいですね♪

SOTAC XH35(東京アキバ店価格¥10,384-税込)装着例

honey Bee X300V(東京アキバ店価格¥11,220-税込)装着例

外観のレビューは以上となります。
近年人気の高いハイキャパ1911系のCO2ガスブローバックガンということもあり、ご期待されているお客様も多いことかと思います。
外観編に引き続き、内部編も順次アップロード予定ですので、そちらもよろしくお願い申し上げます♪

※本レビューは発売前のサンプルを使用しています。
製品版では変更になる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。