レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

5.11タクティカル・シリーズの歴史

Preferred_511_slashbar_ABR_mr

5.11タクティカルは、軍事、法執行機関や公共の安全担当者のためのユニフォームや、タクティカル・エクイップメントを製造販売する米国のブランドで、カリフォルニア州モデストに拠点を置いています。

5.11タクティカルシリーズは、登山家、ロイヤル・ロビンス(Royal Robbins)が興したパンツの制作メーカーとして、その歴史をスタートしました。

2015s_tactical_training_010

ある時、カリフォルニア州のヨセミテ国立公園の、山の頂上に向かう途中、彼は着ていたズボンが、登山に適していなかったことに気づきました。

そこでロイヤル・ロビンス氏は、耐久性と、より良い機能性をもった、衣類を設計する必要があると判断します。

ブーツとアパレル会社を所有していた彼は、タクティカルストラップと、スラッシュポケットをトレードマークとしたパンツの製造を、5.11という名で1968年に開始。

5.11という名の由来は、ヨセミテ国立公園のヨセミテデシマル(小数点)システムに登録された、ロッククライミングの最高難度から来ています。

そのデシマルシステムは、ロビンスが1950年代に展開したものです。

この難度は「どう考えても成し遂げるのは不可能なのは明らかでありながら、場合によっては実際にやり遂げる人もいるレベル」として公式に定義されています。

1999年にロビンスは、5.11タクティカルシリーズパンツ、バージニア州クアンティコのFBIアカデミーで人気になったことに気づいたダン・コスタ氏に、彼の会社の51%の株式を売却し、多くの合理化を推し進めます。

コスタは、2002年に会社全体を買収したものの、翌2003年にロイヤル・ロビンス・クロッシング(Royal Robbins Clothing) をロビンスに売り戻しする羽目になります。

FBIと提携した ダン・コスタ氏は、新たに5.11 Tacticalを設立し、追加の戦術的アパレルの作成と、既存のラインの改善を開始。

2006年には、511タクティカルは、全米で最も急成長している企業500のリストに、第211位にランクされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です