国内最大級のミリタリー総合通販   商品数 11,321点レビュー総数 2,066件

カート

ミリタリーショップ レプマート

投稿者アーカイブ

攻撃ヘリコプター、アパッチ

ミリタリー雑学 0

アパッチといえば、攻撃ヘリコプターの中でもハインドと並んで有名な機体で、現在も活躍している兵器のひとつです。 この機体の性能や開発経緯などを、攻撃ヘリ自体の魅力もふまえながらご紹介したいと思います 攻撃ヘリコプターとは何か 攻撃ヘリコプターといえば、戦闘用に設計されたヘリコプターで、一方、輸送ヘリコプターに武装を追加した機体は、武装ヘリコプターと呼ばれます。 攻撃ヘリコプターの主な装備は、機関砲や […]

最強の戦闘機といわれるラプター(F-22)

ミリタリー雑学 0

最強の戦闘機として名高い、ラプター(F-22)。 現代の戦闘機を語るなら決して無視できない機体ですが、一体この機体の何が最強といわれる原因なのでしょうか? 高性能なステルス機能 ステルス機というと高高度を飛ぶ偵察機や、特殊な任務専門の機体のように思われますが、このラプターは空対空戦闘を想定したマルチロール機なので、空において一方的な攻撃が出来る用に設計されており、相手から発見される可能性が低く、補 […]

軍用糧食、レーションとは

ミリタリー雑学 0

レーションといえば、日本語では戦闘食などと呼ばれ、兵士にとっては弾と同等か、それ以上に大事な装備の1つです。 レーションなくしては、野戦の場合は食料調達任務すら発生してしまいます。 レーションとは何か 摂取カロリーや、必須栄養素の確保と保存性、携帯性、加えて劣悪な環境下でも輸送できる形が望ましい、とされています。 古くより軍隊では食糧供給の問題が消えることはなく、人間である以上、どのような作戦にお […]

おまわりさんの銃「ニューナンブM60」とは

ミリタリー雑学 0

日本の警察官が装備している銃といえば、ニューナンブM60。 現在ではスミス&ウェッソン社やSIG社の銃が後継機種として更新されつつありますが、まだまだ主力はニューナンブM60です。 ご存知の通り、日本は銃刀法という法律上一般の市民は銃を持つ事が出来ないわけですから、あまり本物の銃を見たことは無いと思いますが、一番近くに存在しているのはこの銃でしょう。 ニューナンブM60の開発 ニューナン […]

ロシア製の狙撃銃 VSSとは

ミリタリー雑学 0

ロシアに、VSSという狙撃銃があります。 映画などで登場するロシア製のスナイパーライフルといえばドラグノフや、SV-98が有名ですが、このVSSという銃も実によく出来た銃だといえます。 最大の特徴、消音性 VSSは消音性を重視した狙撃銃であり、そのために独特な弾薬を使用した、9x39mm弾を使用、ライフルの弾であるにもかかわらず、音速を超えないため、衝撃波が発生しません。 銃声というのは、そもそも […]

ガトリング史上、最大の火力のアヴェンジャー

ミリタリー雑学 0

対人兵器として多く使われたガトリング砲は連射力、火力ともにすさまじい武器で、現在は、武装ヘリに装着するなど、空中からの攻撃に使用される事が多くなりました。 そんなガトリング砲の中でも、最強と言われるガトリングガンが、GAU-8、通称アヴェンジャー。 初期のガトリングとアヴェンジャー 初期のガドリングといえば19世紀の頃に開発された、大きな車輪の付いたタイプで、人力でクランクを回転させ、連続で給弾、 […]

サブマシンガンUZIという名銃

ミリタリー雑学 0

サブマシンガンの中でも、特にその名を知られているUZI(ウージー)。 一時期はサブマシンガン=UZI、といっても過言ではない位、知名度の高い銃で、玩具のサブマシンガンといえば、UZIの形をしているものばかりという時代もありました。 UZIの生産会社と開発者 あまりに有名なため、アメリカ産の銃だと思っている人も多いそうですが、この銃はイスラエル製です。 IMI(イスラエル・ミリタリー・インダストリー […]

海の狼、潜水艦

ミリタリー雑学 0

潜水艦といえば、戦艦類の中でも非常に稀有な存在。 特に潜航時には被探知率が非常に低く、究極のステルス兵器とすら言われています。 そこで今回は、この潜水艦の歴史や種類などについてご紹介します。 最初の潜水艦とは 潜水できる船という意味では、1620年に人力推進により動く潜水艇が開発されましたが、始めて実戦投入されたのは、1776年に開発されたタートル潜水艇がはじめでしょう。 しかし、これも戦果をあげ […]

最大級の兵器、原子力空母

ミリタリー雑学 0

超巨大な航空母艦として知られる原子力空母は、長大な航続力を持ち、海の要塞とも言われるほど、戦術的にも重要な存在として有名です。 この原子力空母についてメリットや、デメリットもふまえ、詳しくご紹介したいと思います。 世界初の原子力空母 1960年に進水したアメリカ海軍のエンタープライズこそが、世界で始めての原子力空母であり、移動できる兵器としても、最大クラスの大きさを誇っていました。 (エンタープラ […]

日本の特殊部隊,SATの実態とは

ミリタリー雑学 0

世界各国に配備されている特殊部隊。 今回はその中でも、われらが日本が誇るSAT(サット)について、その実態や歴史などをご紹介します。 SWATとの違いですが、SATは、Special Assault Team(スペシャル・アサルト・チーム)の略称で、米国が誇る警察の特殊部隊、SWAT(スワット)と一見、似ているように思えます。 しかしSWATは、Special Weapons And tactic […]

スナイパーライフルと狙撃手

ミリタリー雑学 1

スナイパーライフルといえば、銃器の中で、もっとも正確さを問われる武器であり、その特性上、良くも悪くも歴史を動かすような事件にも関わってきました。 スナイパーライフルとは、スコープを用いて遠距離から狙撃するため、頬当てや、バイポッド(小さな三脚)を使い、しっかりと固定して扱う銃で、接近戦には不向き。 銃火器が登場した当時から、遠距離からターゲットを狙い撃つ、狙撃という概念は考えられ、第一時世界大戦を […]

イスラエルの情報機関 モサド

ミリタリー雑学 0

情報機関というと、最も名前の知れているのはCIAだと思いますが、CIAに負けない情報収集能力をもつといわれる機関が、中東にあることはご存知でしょうか。 その情報機関は、イスラエル諜報特務庁と言い、ヘブライ語では、「ハーモサッド・レーモディイン・ウーレータフキディム・メユハディム」、通称はモサドです。 モサドとは何か モサドは、対外の諜報活動、特務工作を担当する機関であり、法的には存在しないことにな […]

実は高火力な銃!ショットガン

ミリタリーコラム 10

ショットガンといえば、日本語では散弾銃。名前の通り、弾が広範囲に散らばるように飛ぶため、TVゲームなどでは命中率の低い近距離用の武器のように扱われてる事がほとんどでしょう。 しかし実際のところは、有効射程距離は50メートルほどあるのが普通で、思っているよりも汎用性の高い銃です。 ショットガンの販売ページへ ショットガンの使い勝手とは ショットガンには、いくつか弾の種類があり、飛び散る散弾以外にもス […]

ボディアーマーとは

ミリタリー雑学 0

ボディアーマーとは、日本では防弾ベストなどと呼ばれ、その名の通り銃弾などから、体を保護する防護服です。 日本はアメリカのような銃社会ではないため、みかける機会はほとんどありませんが、国内でも自衛隊の隊員は着用していますし、警察官や警備員なども、必要に応じて装備しています。 銃社会であるアメリカにおいても、一般市民がボディアーマーを購入するのは、実は非常に難しいのが現状です。 理由は、一般にボディア […]

超過酷!ネイビーシールズの入隊訓練

ミリタリーコラム 0

ネイビーシールズ(Navy SEALs)といえば、アメリカ海軍の特殊部隊でも特に名の通った隊であり、かなりの精鋭ぞろい、デルタフォースや、グリーンベレーと並ぶ、屈強な男達として有名です。 勘違いしやすいのは、海軍なんだから海辺じゃないと弱いと考えがちですが、シールズ(SEALs)とは、SE(A)【海】、A(IR)【空】、L(AND)【陸】の頭文字なので、陸海空を問わず、特殊作戦をこなす事が可能な軍 […]

プラスチック爆弾

ミリタリー雑学 3

プラスチック爆薬というと、特殊部隊からテロ組織まで必需品のように扱われ、戦争を題材にしたゲームや映画では高確率で登場する兵器の1つですが、その歴史をご存知でしょうか? 歴史上始めに登場したのはゼリグナイトというもので、1875年にダイナマイトを開発した事でも有名なアルフレッドノーベルによって発明されました。(ノーベル賞を設立した人間でもあります。) このゼリグナイトというのは、ダイナマイトと比べて […]

PDWという銃火器

ミリタリー雑学 0

PDWという銃火器のジャンルをご存知でしょうか。 ただしくは「Personal Defense Weapon」といった名称を持つ武器で、日本語で言えば個人防衛火器と言ったところで、近年においては開発が最もすすめられている銃です。 この銃器の形状はサブマシンガンに近いですが、弾丸は貫通力を重視した専用のものを用いるので、防護服をきた相手にもダメージを与えやすくなっています。 ですが、アサルトライフル […]

東京マルイ FN P-90 エアガン レビュー

エアガンレビュー 0

P90といえば、正式名称をFN P90(ファブリックナショナル プロジェクト ナインティー)といい、弾倉を上部に配置したり一風かわったデザインが施されています。 しかしこのP90、実のところは人間工学に基づいた、新しい世代のPDW(パーソナルディフェンスウエポン)として名高い銃です。 独特すぎるがゆえ、そのフォルムには賛否両論あるところですが、デザインを見た瞬間にファンになった人も多いはず。 現に […]

ウエスタンアームズ SVIシリーズ レビュー

エアガンレビュー 1

ウエスタンアームズ SVIについて ウエスタンアームズが販売しているガスガン、SVI(Strayer Voigt Infinity )シリーズは、ストレイヤー・ヴォイト社が制作している銃をトイガン化したものです。 Strayer Voigt (ストレイヤー・ヴォイト)は、Sandy Strayerによって、1994年、アメリカ合衆国テキサス州に設立された、コルトガバメント系の競技用銃を製作している […]

グアンタナモ湾収容キャンプ

ミリタリー施設 0

アメリカ軍において、テロリストを収容する場所として最も悪名高い場所が、グアンタナモ湾収容キャンプです。 この施設の存在はとくに秘密でもなく、海外ドラマでも「グアンタナモの収容所におくってやろうか!」などという台詞が出てくるくらいよく知られた場所です。 実際のところ、このグアンタナモ湾収容キャンプでは、常に問題が発生しており、アメリカでは社会問題化しています。 グアンタナモとは それではこのグアンタ […]

M1911からはじまるハンドガンの系譜。

エアガンレビュー 0

最も有名なハンドガン M1911は通称コルトガバメントの名でしられた、この世で最も有名なハンドガンの一つですが、1911年の正式採用から1985年の実に74年に渡りアメリカ兵が所持する拳銃として用いられてきました。 大きな戦争でいえば、第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争と四つの戦地で活躍した銃ですが、兵士にはハンドキャノンと呼ばれていたそうです。 これは当時のアメリカが大口径主 […]

ハンランダーとタータンチェック

ミリタリーコラム 1

スコットランドの住人、ハイランダー ロイヤル・スコットランド連隊といえば、イギリス陸軍の中でもかなり有名な大型連隊の一つです。 この連隊に所属する正規歩兵大隊の中でも、第3大隊に所属するブラックウォッチ(Black Watch)が特に知られています。 このブラックウォッチはその名の通り黒い見張り番という意味で、全体的に暗い色彩の服装をしており、古くは1700年代の反政府派を取り締ったハイランダーか […]