レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

WA ベレッタ M92FS ガスブローバックハンドガンの修理をさせて頂きました

WA ベレッタ M92FS ガスブローバックハンドガンの修理をさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理対応をさせて頂きました。

・WA ベレッタ M92FS ガスブローバックハンドガン

ご依頼内容はガスを注入しても動かないとの事でした。
本体を分解し故障箇所を調査、今回補修作業・メンテナンスにて修理となりました。

WA ベレッタ M92FS ガスブローバックハンドガン 修理内容

故障状況

1)本体右側セイフティレバー欠損・デコッキング機能しない
2)本体シリンダー内部Oリングの噛み込みにより動作しない・各部オイル切れ
3)内部部品の劣化によりマガジンからガス漏れている状態

修理内容

1)現品検査 故障状況の確認
【右側セイフティレバー欠損・デコッキング機能しない・シリンダー内部Oリングの噛み込み・各部オイル切れ】
《右側セイフティレバー欠損・デコッキング機能しない》
《スライドが前進しきれていない》

《テイクダウン分解:各部オイルが完全に切れている》
《オイル切れ・汚れあり》

《シリンダー部:ピストンOリングが変形し噛み込んでいる》

2)シリンダーピストンの噛み込んでいるOリング修復・本体各部清掃・注油メンテナンス
《ピストンOリング噛み込みの除去、変形していたOリングを修正》
《シリンダー部オイル塗布》
《スライド周り組立て、オイル塗布》

《汚れの除去・オイル塗布:フレーム・ハンマー部》

3)マガジン メインバルブガス漏れ修理
《メインバルブよりガス漏れあり》

《メインバルブ分解》


《シリコングリス塗布:気密漏れ防止処理》
《バルブ・内部Oリングはオイル塗布》
《組立て・締め込み》

4)マガジン 注入バルブ緩みあり、再締め込み
《注入バルブが緩んでいる》
《バルブレンチで締め込み》

■修理後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・73m/s(0.2gBB)

*ガスの注入量や気温により初速は左右します。

修理・カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのはWA(ウエスタンアームズ)ベレッタ M92FS ガスブローバックハンドガンでした。

本体のシリンダー内部のピストンOリングがオイル切れにより乾燥し内部で噛み込んでいる事が故障の原因、またマガジンよりガスが漏れている状態でした。今回、本体とマガジンの不具合箇所の修理・メンテナンスを実施致しました。

本商品は20年以上前に販売された商品でホップアップが搭載される以前のモデルとなります。欠損している本体右側セイフティレバーと機能しないデコッキングについては交換部品が無い為、この点については弊社にて修理は出来ませんでした。修理後のBB弾発射動作及びシングル・ダブルアクションでの動作問題御座いません。

年数が経過した廃番商品に関わらず、ガスハンドガンは定期的なメンテンナンスが必要になります。オイルが切れると動作が渋くなり、無理に使い続けると内部部品が劣化・破損します。トイガン用のシリコンスプレーが販売されていますのでご使用頂ければ個人様でのメンテナンスも可能です。

弊社では国内ガスハンドガンの修理・メンテナンスが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。