レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

タナカ ガスハンドガン ルガーP08 4インチの修理をさせて頂きました

タナカ ガスハンドガン ルガーP08 4インチの修理をさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理対応をさせて頂きました。

・タナカ ガスハンドガン ルガーP08 4インチ

ご依頼内容はトグルが後退した状態から動かないとの事でした。
本体を分解し故障箇所を調査、今回補修作業・メンテナンスにて修理となりました。

タナカ ガスハンドガン ルガーP08 4インチ 修理内容

故障状況

トグルが後退した状態から動かない、マガジンからのガス漏れ

修理内容

1)本体分解、内部検査
《トグルが後退したまま動かない》
《本体分解》

《ホールドオープンラッチが変形している》

2)フレーム内部の機械部品(ホールドオープンラッチ)の変形を修正
《修正前》
《修正後》

3)本体内部清掃・注油メンテナンス

《内部ハンマー類 オイル塗布》
《シリンダーユニット オイル塗布》
《トグル組立て》

4)マガジンのガス漏れ修理 【放出バルブ側・注入バルブ側・注入バルブの計3箇所】
《放出バルブ側よりガス漏れあり》
《放出バルブ側分解》
《Oリング(小)よりガス漏れあり》
《シールテープを貼りOリングの外形を嵩上げ、気密を確保》
《嵩上げ・Oリング取付け後》
《シリコンオイル塗布・バルブ取付け》
《ネジ締め込み》
《注入バルブ側 ゴムパッキンよりガス漏れ》
《シールテープ巻き付け・ガス漏れ防止処理》
《注入バルブよりガス漏れあり》
《シールテープを巻きガス漏れ防止処理》

■修理後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・72m/s(0.2gBB)

*ガスの注入量や気温により初速は左右します。

修理・カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのはタナカ ガスハンドガン ルガーP08 4インチでした。

トグルがホールドオープンする際のラッチ部品が変形した事により、前後に動作しなくなった事が原因です。
変形したラッチ部品をペンチで修正し元通りに調整、また本体内部も同時にメンテナンスを行い再組上げを行いました。

マガジンにつきましては、『放出バルブ側』・『注入バルブ側』・『注入バルブ』の計3箇所よりガスが漏れている状態でした。ガス漏れ防止処理を行い修理済みです。
修理後のBB弾発射動作及びトグルアクションは快調でホールドオープン動作も問題御座いません。

本商品は通常のスライド動作とは違いトグル操作にてBB弾を装填、発射と同時にトグルが激しく後退→前進するメカニズムを搭載したモデルでコレクターの方々にご愛用される人気の高い商品です。

ご使用により動作が不調になったり、ガス漏れが発生した際には弊社へご相談頂ければ幸いです。

弊社では国内ガスハンドガンの修理・メンテナンスが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。