レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

東京マルイ SOPMOD M4 次世代電動ガンの修理をさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理対応をさせて頂きました。

・東京マルイ SOPMOD M4 次世代電動ガン

ご依頼内容はバッテリーを接続しても動作しないとのご依頼でした。ご自身で同社のサマコバモーターを組み込み後に動かなくなりショップ様で修理してもらったものの、その後もセミロック状態で動かないとの事でした。

本体を分解し調査した結果、グリス汚れ・オイル切れにより動作しなくなったものと思われます。また、チャンバーパッキンゴムが変形しており今回オーバーホール作業・部品交換にて修理対応となりました。

東京マルイ SOPMOD M4 次世代電動ガン 修理内容

故障状況

バッテリーを接続しても動作しない

故障原因

長期のご使用により内部が劣化した事による動作不良

修理に使用したパーツ

宮川ゴム チャンバーパッキン 3種セット 電動ガン用 ¥1,080
https://repmart.jp/products/mi51705.html

修理内容

1)メカボックス分解調査、故障箇所特定 

《メカボックス内部》
《ピストン・シリンダー内部グリス汚れ多数》
《ギアはグリスが切れている状態》
《ギア3点破損は無し》
《ケース内部の汚れ・オイル切れ》
《スイッチ接点部汚れあり》
《その他破損が無いか部品を検査》

2)メカボックス内部オーバーホール作業(分解部品洗浄)

3)ギアシム調整にてギア3点を円滑にドライブ出来る様調整

4)ベベルギア位置出し・モーターノイズ調整

5)再組立て、グリスアップ、オイル注油・接点グリス塗布

《再組み上げ》

6)レシーバー組み上げ・リコイルユニット注油メンテナンス

7)インナーバレル・チャンバーユニット分解・清掃・劣化したパッキンを新品へ交換
《チャンバーユニット分解》
《チャンバーパッキンに変形あり》
《カスタムパッキンへ交換》
《使用部品:宮川ゴム チャンバーパッキン 3種セット 電動ガン用》
上:劣化したパッキン 下:新品》
《パッキン交換・チャンバーユニットメンテナンス後》

8)ダミーボルト分解・清掃・連動調整
《引っ掛かって連動しない状態》
《ダミーボルトユニット取り出し》
《清掃・注油・再組立て》
《連動動作OK》

9)フロントレイルハンドガードのがたつきを矯正 分解・緩んだバレルナット等の締め上げ
《握るとぐらぐらする状態》
《フロント周り分解》

《緩んでいるバレルナット締め上げ》

《組み上げ後がたつき無し》

■最終動作確認、約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整、初速計測チェックの後お客様へご返却となります。
■修理後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・ノンホップ時 94m/s(0.2gBB) 適正ホップ時 93m/s(0.2gBB)

※約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整。0.2g弾で調整済み。

修理・カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのは東京マルイ SOPMOD M4 次世代電動ガンでした。

メカボックス内部を分解しオーバーホール作業を実施、再組立て、ギアのシム調整、モーターの位置出し、各部オイル・グリスアップ済み、また、インナーバレル・チャンバーユニットも清掃済みです。

チャンバーパッキンゴムに変形・劣化が御座いましたので新品のカスタム品へ交換、ダミーボルトが正常に動作しない状態でしたので分解・調整しています。

また、ハンドガードのがたつきが激しい状態だった為フロント部を分解し緩んだバレルナット等の締め上げを実施、がたつきは御座いません。組み上げ後の初速は約90m/s(0.2gBB)以上出ており作業後、セミ・フル・オートストップ動作問題御座いません。

ご依頼品はSOPMOD M4が発売された頃にご購入されたとの事で長期のご使用により内部が劣化、動作不良を起こしたと思われます。サマコバモーターが組み込まれており、今回の修理にて快適に動作する様調整済みです。トルク型モーター本来の性能を発揮するには7.4v 30C以上のリポバッテリーご使用をお勧め致します。

電動ガンはご使用年数が経過し動作しなくなった場合はメンテナンスが必要になります。弊社にてメンテンナスを承りますのでお気軽にご相談下さい。

弊社では国内/海外製電動ガンの修理・メンテナンス・カスタムが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。