レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

東京マルイ MP7A1 ガスブローバックマシンガンの修理をさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理対応をさせて頂きました。

・東京マルイ MP7A1 ガスブローバックマシンガン

故障内容はトリガーを引いても発射出来ない(ハンマーが落ちない)との事でした。
原因は内部ハンマーが搭載されている『インナーハンマーユニット』の硬化による動作不良でした。
また、ボルトストップを解除する『ボルトストップバー』が破損しており今回、オーバーホール作業・部品交換にて修理となりました。

東京マルイ MP7A1 ガスブローバックマシンガン 修理内容

故障状況

『インナーハンマーユニット』の硬化による動作不良、『ボルトストップバー』破損

故障原因

長期使用による内部状態の劣化

修理内容

1)インナーハンマーユニット 分解オーバーホール作業






2)インナーハンマーユニット 注油・グリスアップ・再組立て・ハンマー動作チェック

3)チャンバーユニット清掃・パッキン注油

4)ボルトストップバー交換

《純正交換部品》


5)本体再組立て・各部メンテナンス(ボルト動作等)



6)マガジン注入バルブの緩み、締め込み

■修理後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
78m/s(0.2gBB)

修理・カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのは東京マルイ製MP7A1 ガスブローバックマシンガンでした。
故障原因は長期使用による内部状態の劣化(オイル・グリス切れ、パーツ損傷)です。
オーバーホール作業を行い、メンテナンス・部品交換を実施致しました。

破損していたパーツ交換を行い、組み上げ後はトリガーを引くと正常に内部ハンマーが落ち、セミ・フル・ボルトストップ動作問題御座いませんでした。

ガスハンドガン類は小型ながらも内部は非常に緻密で細かいパーツ類で構成されております。故障原因の特定が難しく個人様での修理は非常に難が御座います。

弊社では国内製ガスハンドガンの修理・メンテナンスが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。