レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

東京マルイ MK18 Mod.1 次世代電動ガンの修理をさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理対応をさせて頂きました。

・東京マルイ MK18 Mod.1 次世代電動ガン

ご依頼内容は発射と同時にダミーボルトが正常に動かない、動作させた際のメカノイズが激しいとのご依頼でした。

本体を分解し調査した結果、モーターピニオンギアとメカボックス内部のベベルギアとの間で位置ずれが起きた可能性があり今回オーバーホール作業・各部再整備にて修理対応となりました。

東京マルイ MK18 Mod.1 次世代電動ガン 修理内容

故障状況

発射と同時にダミーボルトが正常に動かない、動作させた際のメカノイズが激しい

修理内容

1)本体分解検査・メカボックス内部オーバーホール作業(分解部品洗浄)
《チャージングハンドルを引いてもポートカバーが開かない状態》
《ダミーボルト連動ユニット》
《分解して破損や欠損が無いか検査、異常無し》
《グリップ底の固定ネジが浮いている》
《モーターにはSBDを搭載》

《ピニオンギア全体に擦り傷あり、破損は無し》
《ロアレシーバー・リコイルバッファー取り外し》
《メカボックス》

《メカボックス内部》
《給排気パーツ:破損無し》
《グリス汚れも少ない状態》
《ギア部品:破損無し》
《分解部品検査》

《オーバーホール部品洗浄後》2)ギアシム調整:ギア3点を円滑にドライブ出来る様調整
3)ベベルギア・モーターピニオン位置出し・モーターノイズ調整

4)再組立て、グリスアップ、オイル注油、スイッチ接点グリス塗布
《メカボックス完成》

5)レシーバー組み上げ・リコイルユニット清掃・注油
《ロアレシーバーユニット組み上げ》
《リコイルユニットを搭載したバッファーチューブ》
《オイルを注油・可動チェック》
《ロアレシーバーユニットへバッファーチューブ取付け》

6)インナーバレル・チャンバーユニット清掃
《チャンバーユニット分解》
《清掃し組み上げ》
《ホップ突起形状の確認》
《チャンバーユニット完成》

7)ダミーボルトメンテナンス・連動動作チェック
《ダミーボルトユニット組立て・オイル注油》
《本体へ取付け》

《チャージングハンドル取付け》
《ダミーボルトの連動・ポートカバーの開閉動作OK》

■最終動作確認、約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整、初速計測チェックの後お客様へご返却となります。
■修理後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・ノンホップ時 93m/s(0.2gBB) 適正ホップ時 93m/s(0.2gBB)

※約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整。0.2g弾で調整済み。

修理・カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのは東京マルイ MK18 Mod.1 次世代電動ガンでした。

上記7項目の作業を実施致しました。メカボックス内部のオーバーホール後ギアシム調整・ベベルギアの位置出し等各部を調整。グリスアップ・オイル注油・スイッチ接点グリス塗布を行い再組み上げ済みです。インナーバレル・チャンバーユニットにつきましても分解・清掃済み、リコイルユニットへの注油・ダミーボルトパーツの再組み上げ、メンテナンス済みです。発射と同時にダミーボルトの連動動作、チャージングハンドルを引いた際のポートカバー開閉動作問題御座いません。修理後の初速は90m/s(0.2gBB)以上出ており、セミ・フル・オートストップ動作問題御座いません。激しいメカノイズは無くなり快適な発射動作を楽しめます。

ご依頼品はご購入後間もない様で外観が綺麗な状態でした。幸いダミーボルト周りのパーツ破損も無く、メンテナンスにて正常に動作する様になりました。メカノイズが激しかった原因としましてモーターにSBDが搭載されていた事から組み込み後に何らかの不具合が起きた可能性が御座います。グリップ周りを分解・組立てした際にはモーターピニオンギアと内部のベベルギアの位置ずれが起きメカノイズが変わる恐れが御座いますのでご注意が必要です。

弊社では国内/海外製電動ガンの修理・メンテナンス・カスタムが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。