レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

東京マルイ M9A1 電動ハンドガンの修理をさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理対応をさせて頂きました。

・東京マルイ M9A1 電動ハンドガン

故障内容はセーフティ状態にてトリガーを引くと発射が出来てしまうとの事でした。
ご使用に伴う内部部品の劣化による故障と思われます。

今回、セフティ機能の連動パーツを交換にて修理となりました。

東京マルイ M9A1 電動ハンドガン 修理内容

故障状況

セーフティ状態にてトリガーを引くと発射が出来てしまう

故障原因

ご使用に伴うセフティ機能の連動パーツ『スイッチアーム』の劣化

修理内容

1)スイッチアーム部品交換

《新品純正部品》





《交換後外観》

2)スイッチアームと連動するトリガーバー周りオイル塗布、動作調整

3)インナーバレル・チャンバーパッキン清掃

■修理後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
77m/s(0.2gBB)

修理・カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのは東京マルイ M9A1 電動ハンドガンでした。
故障原因は長期使用によりパーツが劣化しセーフティが掛からなくなった事が原因です。
劣化により傷んだパーツの交換、組み立て・メンテナンスを実施致しました。

パーツ交換・メンテナンス後、セーフティ機能が正常に動作する様になりました。

トイガンはBB弾を発射する玩具です。玩具とはいえ、実銃と同じ取扱が必要となります。
『銃口を人に向けない』『安全装置は正常に掛かるか』『使用しない際は弾を抜く』等、基本的な確認事項です。
セーフティ機能が掛からない銃は、ご使用の際に思わぬ事故を引き起こします。

安全機能に不具合が出ましたら、ご使用を止め修理をお勧め致します。

弊社では国内製電動ガンの修理・メンテナンスが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。