レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

東京マルイ MK18 Mod.1 次世代電動ガンの修理をさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理対応をさせて頂きました。

・東京マルイ MK18 Mod.1 次世代電動ガン

セミ・フルオート発射動作が鈍く、また集団性が悪くBB弾が散らばるとの事で今回定期メンテンス・オーバーホールご希望のご依頼でした。

本体を分解し調査、グリス汚れやオイル切れがあるもののパーツ自体の破損は無く程度も良かった為、今回オーバーホール作業のみにて修理となりました。

東京マルイ MK18 Mod.1 次世代電動ガン 修理内容

故障状況

定期メンテンス・オーバーホールご希望

故障原因

メカボックス内部(グリス汚れやオイル不足)、チャンバー内部の汚れにより動作及び集団性が劣化したものと考えられます。

修理内容

1)メカボックス内部オーバーホール作業(分解部品洗浄)


《ギア・シリンダー・ピストン部のグリス汚れ》
《各部オイルも切れている》

《部品洗浄後》

2)ギアシム調整にてギア3点を円滑にドライブ出来る様調整

3)ベベルギア位置出し・モーターノイズ調整

4)再組立て、グリスアップ、オイル注油、スイッチ接点グリス塗布

5)インナーバレル清掃・チャンバーユニット清掃


《オイル塗布・組付け》

6)リコイルユニット注油

■最終動作確認、約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整、初速計測チェックの後お客様へご返却となります。
■修理後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・メンテナンス前:91m/s(0.2gBB)
・メンテナンス後:ノンホップ時 94m/s 適正ホップ時 94m/s(0.2gBB) 適正ホップ時 80m/s(0.25gBB)

※約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整。0.25g弾で調整済み。

修理・カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのは東京マルイ MK18 Mod.1 次世代電動ガンでした。

長期のご使用による内部の劣化により性能が低下したものと考えられます。
オーバーホールメンテナンスを行い、各部汚れの除去・再グリスアップ・オイル塗布を実施致しました。

0.25g弾でご使用との事でしたのでホップアップ調整を行い、20~30mにてBB弾のばらつきが無い事を確認済みです。発射動作も改善され、セミロック症状は御座いません。フルオート・オートストップ動作も問題御座いませんでした。

トイガンはおもちゃとはいえ機械です。屋外でのゲームにご使用されると想像以上に内部が汚れてきます。ご使用により『動きが悪くなった』、『弾が飛ばなくなった』等、気になる症状が御座いましたら弊社へご相談下さい。

弊社では国内/海外製電動ガンの修理・メンテナンス・カスタムが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。