レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

東京マルイ HK416C 次世代電動ガンの修理・カスタムをさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理・カスタム対応をさせて頂きました。

・東京マルイ HK416C 次世代電動ガン

ご依頼内容は初速が低い為(現状:67m/s 0.25g)、95m/s前後(0.2g)へ調整して欲しいとのご依頼でした。

本体内部の分解調査の結果、破損・摩耗している部品が多数あり、故障により初速が低下したものと思われます。

今回オーバーホール作業と共に破損部品をカスタムパーツへ交換、修理・カスタム製作にて対応致しました。

東京マルイ HK416C 次世代電動ガン 修理・カスタム内容

故障状況

初速が低い(現状:67m/s 0.25g)、初速を95m/s前後(0.2g)へ調整ご希望

故障原因

メカボックス内部、ピストン・セクターギア破損、ピストンヘッドに摩耗あり。また、グリス汚れやオイル不足、チャンバー内部の汚れにより初速や動作が劣化したものと考えられます。

カスタム製作のポイント

①ピストンヘッドをカスタム品へ交換、給排気効率の向上
②カスタムピストンへ交換、歯抜け(ラック歯)・ピストンクラッシュ対策施工
③セクターギアピックアップ歯調整(AOE調整)によるドライブ時の負荷軽減・ピストン寿命の向上
④カスタムギア3点へ交換、耐久性向上
⑤メインスプリング交換、初速向上

修理・カスタムに使用したパーツ

■計:4点
1)SHS Airsoft ハーフティースピストン 金属15枚歯 ¥1,408
https://repmart.jp/products/tt0096.html

2)SHS Airsoft 強化ギアセット ¥1,980
https://repmart.jp/products/ra03498.html

3)DCI GUNS 側面吸気ピストンヘッド ¥2,980
https://repmart.jp/products/ra02587.html

4)KM企画 等ピッチスプリング ¥760
https://repmart.jp/products/ra04780.html

修理・カスタム内容

1)メカボックス分解・内部調査
《グリス汚れあり》
《ノズルも汚れている》

《メカボックス内部》
《ピストン・シリンダー部:グリス汚れが酷い》
《ピストンヘッド・Oリング共に摩耗している》
《スイッチ部:接点が汚れている》

《ピストンラックが破損している》
《セクターギアも破損》
《分解検査後》

2)メカボックス内部オーバーホール作業(分解部品洗浄)

3)破損したギアをカスタム品へ交換
《マルイ純正ギア》
《カスタムギアセットへ交換》
《使用部品:SHS Airsoft 強化ギアセット》

4)ギアシム調整にてギア3点を円滑にドライブ出来る様調整

5)ベベルギア位置出し・モーターノイズ調整

6)破損したピストンをカスタムピストンへ交換
《使用部品:SHS Airsoft ハーフティースピストン 金属15枚歯》
《上:破損したピストン 下:カスタムピストン》

7)ラック歯の接着・2番ラックの切削(ラック歯の抜け・ピストンクラッシュ対策)
《ラック歯の取り外し》
《ピストンクラッシュ対策:2枚目を切削》
《接着剤でラック歯が抜けない様接着》
《接着固定後》

8)摩耗したピストンヘッドをカスタム品へ交換
《摩耗しており給排気性能が出ない状態》
《カスタムピストンヘッドへ交換》
《使用部品:DCI GUNS 側面吸気ピストンヘッド》

《ネジロック剤でヘッドを固定》

9)セクターギアピックアップ歯角度調整(AOE調整:ピストンドライブ時の負荷軽減)
《調整前:ピストンドライブ時斜め方向に負荷がかかる状態》
《調整後:ピストンドライブ時水平方向に負荷を逃がす状態》

10)再組立て、グリスアップ、オイル注油・接点グリス塗布


《メカボックス完成》

11)チャンバーユニット分解・清掃

《分解・清掃・オイル塗布》
《組み上げ》

12)リコイルユニット清掃
《初速を上げる為の円形のカラーが入っていた 撤去済み》

《洗浄・オイル塗布後》
《バッファーユニット取付け》

13)スプリングをカスタム品へ交換・初速調整(95m/s前後:0.2gBB)
《使用部品:KM企画 等ピッチスプリング》
《上:純正品 下:カスタムスプリング》

■最終動作確認、約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整、初速計測チェックの後お客様へご返却となります。
■修理後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・作業前:ノンホップ時 70m/s台(0.2gBB)
・修理・カスタム整備後:ノンホップ時 94m/s(0.2gBB) 適正ホップ時 95m/s(0.2gBB) 適正ホップ時 83m/s(0.25gBB)

※約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整。0.25g弾で調整済み。

修理・カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのは東京マルイ HK416C 次世代電動ガンでした。

長期のご使用による内部部品の破損・劣化により性能が低下したものと考えられます。オーバーホールメンテナンスを行い、各部汚れの除去・再グリスアップ・オイル塗布を実施致しました。

破損・摩耗箇所はカスタムパーツへ交換し、初速調整含め上記5点のカスタムを実施致しました。

初速は95m/s前後(0.2gBB)へ向上し0.25g弾でご使用との事でしたのでホップアップ調整を行い、20~30mにてBB弾の弾道のばらつきが無い事を確認済みです。セミ・フルオート・オートストップ動作快調で問題御座いません。

普通に動作はするものの、極端に初速が低下した場合はメンテナンス不良、もしくは内部部品が摩耗・破損している可能性が御座います。本件の様に破損箇所をカスタムパーツへ組み換えて修理・カスタムも可能です。気になる症状が御座いましたら弊社へご相談下さい。

弊社では国内/海外製電動ガンの修理・メンテナンス・カスタムが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。