レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

東京マルイ HK416デルタカスタム 次世代電動ガンの修理をさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理対応をさせて頂きました。

・東京マルイ HK416デルタカスタム 次世代電動ガン

ご依頼内容は動作はするもののBB弾が発射されないとのご依頼でした。

本体を分解し調査した結果、BB弾をチャンバーへ給弾させる為のノズルとタペットプレートの連結が外れた事によりBB弾の給弾が出来ずに発射が出来なくなった事が故障の原因でした。また、セクターギアの摩耗、サマコバモーターへ交換した際のモーターピニオンギアとベベルギアの位置ずれによる動作時の異音、モーター接続コネクタに絶縁被覆が無く折れかけが御座いましたので今回オーバーホール作業・不具合箇所の修正・部品交換にて修理対応となりました。

東京マルイ HK416デルタカスタム 次世代電動ガン 修理内容

故障状況

動作はするもののBB弾が発射されない

故障原因

・ノズルとタペットプレートの連結外れ
・セクターギアの摩耗
・モーターピニオンギアとベベルギアの位置ずれ(メカノイズが激しい)
・モーター接続コネクタの折れかけ、絶縁する為の被覆が付いていない

修理・カスタムに使用したパーツ

■計:2点

・SHS Airsoft セクターギア 次世代電動ガン用 ¥720
https://repmart.jp/products/ra03500.html

・EAGLE FORCE ガンモーターコネクター ¥420
https://repmart.jp/products/ra10462.html

修理内容

1)本体分解、故障原因調査【ノズルとタペットプレートの連結外れ】
《ロアレシーバー部》
《動作させてみるものの、給弾ノズルが前後に動かない》
動作時の異音が激しい状態、モーターはトルク型のサマリウムコバルトモーター(SBD搭載済み)へ交換されている》
《プラス側の接続コネクタに絶縁被覆が無い状態、マイナス側コネクタは折れかけている》
《メカボックス》
《メカボックス内部》
《タペットプレートとBB弾の給弾ノズル》
《ノズルの連結が外れいる事が原因で給弾不良が発生、パーツ自体の破損は無し》
《ギア部品》
《セクターギアの最終歯が擦り減っており交換が必要》

《スイッチの接点端子が左右に開きすぎており接触不良が起きる可能性あり、調整が必要》
《部品分解検査》

2)メカボックス内部オーバーホール作業(分解部品洗浄)

3)摩耗しているセクターギアをカスタム品へ交換
《使用部品:SHS Airsoft セクターギア 次世代電動ガン用》
《左:カスタムギア 右:純正ギア》

4)ギアシム調整:ギア3点を円滑にドライブ出来る様調整

5)ベベルギア・モーターピニオン位置出し・モーターノイズ調整

6)接触不良が起きない様、左右に開きすぎているスイッチ接点端子を調整

7)再組立て、グリスアップ、オイル注油、スイッチ接点グリス塗布
《タペットプレート・ノズルを連結》
《メカボックス内部完成》

《メカボックス完成》

8)インナーバレル・チャンバーユニット清掃、メンテナンス
《チャンバーユニット分解》
《パッキンゴムに劣化は無く交換の必要無し》
《清掃後注油・組み上げ》
《チャンバーユニット完成》

9)折れかけているモーターコネクタピンを交換、絶縁の為被覆処理
《使用部品:EAGLE FORCE ガンモーターコネクター》
《ハンダ付け》
《被覆処理》
《モーターへ接続》

10)リコイルユニット・ダミーボルトメンテナンス
《バッファーチューブ内へ注油》
《ロアレシーバーユニット完成》
《ダミーボルト周り注油》
《ダミーボルト組み込み・連動動作チェック》

■最終動作確認、約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整、初速計測チェックの後お客様へご返却となります。
■修理後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・ノンホップ時 92m/s(0.2gBB) 適正ホップ時 91m/s(0.2gBB)

※約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整。0.2g弾で調整済み。

修理・カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのは東京マルイ HK416デルタカスタム 次世代電動ガンでした。上記10項目の作業を実施しました。メカボックス内部のオーバーホール作業後、劣化しているセクターギアをカスタム品へ交換、ギアシム調整・ベベルギアとモーターピニオンギアの位置調整等、各部再整備致しました。外れていたノズルとタペットプレートの連結も組み直しています。グリスアップ、オイル注油、接点グリス塗布を行い再組み上げ済みです。インナーバレル・チャンバーユニットにつきましても、分解・清掃・メンテナンス済み、モーターの接続コネクタに被覆が無く折れかけていた為、新品のコネクタへ交換・絶縁被覆処理を行い修理致しました。

修理後の初速は90~95m/s(0.2gBB)の範囲にて調整、セミ・フル・オートストップ動作問題御座いません。各部再整備後、動作時のメカノイズは低減しています。

本ご依頼の様に、動作はするもののBB弾の発射が出来ない場合は給弾パーツの『ノズル』と『タペットプレート』に不具合がある場合が御座います。メカボックス内部のパーツとなる為外側からの部品交換が出来ず全て分解する必要が御座います。個人様での修理は難しい為、本件の様に不具合が発生しましたらメーカー様のアフターサービスもしくは弊社の修理サービスへお問い合わせ下さい。

また、次世代電動ガンにおいて純正モーターを『サマリウムコバルトモーター』へ組み換え、またスイッチの接点焼けを防止する『SBD(ダイオード部品)』をご自身にて取り付けているお客様が多い様です。ただ、組み込みの際にモーター接続コネクタが損傷したり、モーターピニオンギアとベベルギアの位置がずれて激しい異音が発生する場合がありその際には再調整が必要になります。お客様ご自身にてカスタムされる事に不安を感じましたら、弊社へカスタム依頼を頂ければ幸いです。

弊社では国内/海外製電動ガンの修理・メンテナンス・カスタムが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。