レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

G&G GC16 PREDATOR 海外製電動ガンの修理・カスタムをさせて頂きました

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理・カスタム対応をさせて頂きました。

・G&G GC16 PREDATOR 海外製電動ガン

故障内容は発射時のばね鳴り音を改善する為、お客様にてスプリング交換を試みたものの組込み・組立てが出来なくなったとの事でした。
分解された現品の確認を行いギア周り等の駆動系を調整し組み上げを行いました。
また、以下のカスタムをご希望の為、修理+追加カスタムにてご対応させて頂きました。

初速調整(85m/s未満:0.25g)・ばね鳴りの改善・集弾性の向上

G&G GC16 PREDATOR 海外製電動ガン 修理+カスタム内容

故障状況

動作しない(分解された状態)
カスタムご希望内容:初速調整(85m/s未満:0.25g)・ばね鳴りの改善・集弾性の向上

修理・カスタム内容

1)分解状態 送付パーツ類検査

2)メカボックス内部オーバーホール作業(分解部品洗浄)

3)ギア用の軸受けを固定、シム調整にてギア3点を円滑にドライブ出来る様調整

4)モーターノイズ調整

5)ピストンヘッドをカスタム品へ交換(ピストン加工後取付け)
<使用部品:DCI GUNS 側面吸気ピストンヘッド POM 電動ガン用>




6)スプリング交換(上:純正品 下:お客様持ち込みカスタムパーツ)

7)再組立て、グリスアップ、オイル注油、スイッチ接点グリス塗布


8)チャンバーユニット清掃・注油
(元々、精密バレル+Vホップパッキンが組み込まれている状態)

9)初速調整(0.25g:85m/s未満)

■最終動作確認、約20mの距離で弾道検査、ホップアップ調整、初速計測チェックの後お客様へご返却となります。
■修理・カスタム後の初速 【弾速測定器:X3200 MK3にて計測】
・カスタム前初速 89m/s(0.2gBBノンホップ時)
・カスタム後初速 91m/s(0.2gBBノンホップ時) 83m/s(0.25gノンホップ時)
※約20mの距離で弾道検査、ホップアップ調整。0.25g弾で調整済み。
※電子制御システムでの3点バースト切替え動作問題無し。

修理・カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのはG&G製 GC16 PREDATOR 海外製電動ガンでした。
G&G製品はオリジナルデザインが多数を占めており電子トリガーシステムを搭載、トリガーレスポンス良好な事からサバゲーにてご愛用されている方が多いトイガンの一つです。

購入後、未調整でもゲームに投入出来ますが発射時スプリングのばね鳴り音(バイ~ンという音)を気にされるユーザーの方も多い様に見受けられます。

今回、スプリング交換によりばね鳴りを改善すると同時に集弾性の向上を図る為、ピストンヘッドをカスタム品へ交換致しました。
給排気性能が向上する事により初速のばらつきが無くなる事と、元々組み込まれていた精密バレル+V型ホップパッキンにてBB弾の直進性・集弾性の向上を図っています。

ピストンの給排気性能向上(前進・後退スピード)とスプリングのばね鳴り音低減により、セミ・フル動作のレスポンスも改善され軽快でストレスの無い発射動作へ生まれ変わりました。カスタムにより電子トリガー本来のレスポンス性能を引き出す事が可能です。

弊社では海外製電動ガンの修理・メンテナンス・カスタムが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。