レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

G&G ARMAMENT PRK9 海外製電動ガンの修理、カスタムをさせて頂きました【オーバーホールメンテナンス/駆動系統カスタム整備】

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理、カスタム対応をさせて頂きました。

・G&G ARMAMENT PRK9 海外製電動ガン

修理のご依頼内容は『バッテリーを繋いでトリガーを引くと、「ギャー」という異音がして弾が発射されずETUのピープ音が1回鳴る』とのご依頼でした。

故障原因は、メンテナンス不良に加え海外製品の為ギア周りのセッティングが適切でなくピストン、ギア、モーター間の連動の際『ギア噛み』と呼ばれる現象により動作しなくなったと思われます。海外製AKメカボックスでよく発生する現象になります。

この度オーバーホールメンテナンスに加え駆動系統の再整備を行い修理、カスタム対応を実施致しました。

G&G ARMAMENT PRK9 海外製電動ガン 修理 カスタム内容

修理ご依頼内容

『バッテリーを繋いでトリガーを引くと、ギャーという異音がして弾が発射されずETUのピープ音が1回鳴る』

故障原因

メンテナンス不良に加え海外製品の為ギア周りのセッティングが適切でなくピストン、ギア、モーター間の連動の際『ギア噛み』と呼ばれる現象により動作しなくなったと思われます。

修理、カスタム製作のポイント

①メカボックス内部オーバーホールメンテナンス
②駆動系統の再整備【外れている軸受けの固定、ギアシム調整、ベベルギア位置出し、モーターノイズ調整】
③ピストンラックの接着固定
④AOEアジャスター装着、ピストン位置の最適化【耐久性向上、高負荷の低減、立ち上がり動作の改善】
⑤ばね鳴りの少ない不等ピッチスプリングへ交換、初速調整:95~90m/s(0.2gBB)
⑥インナーバレルチャンバーユニット分解メンテナンス
⑦チャンバーユニットとメカボックスが密着出来ず初速不良が起きる不具合を修正

修理 カスタム製作に使用したパーツ

■計:2点

・GAW アジャストスペーサー AOE調整用 ¥820
https://repmart.jp/products/ra04071.html

・SHS Airsoft 不等ピッチスプリング M90 ¥572
https://repmart.jp/products/th1011.html

修理 カスタム作業内容

1)本体分解、内部状況調査
《ご依頼品本体》
《外観はピストル並みにコンパクトなデザイン》
《カスタムセレクターを標準装備、人差し指で簡単にセレクター操作が出来る》
《トップカバーを開けると内部にはETU MOSFETを搭載》
《バッテリー接続端子はT型ディーンズ》
《円盤タイプのホップ調整ダイヤル、クリック感があり細かいホップ調整が可能》
《フロント周り分解》
《フロント、アッパー、ロアレシーバー分離》
《ロアレシーバー部》
《搭載されているモーターは非常に強力な磁力でトルク型と思われる》《ピニオンギアに損傷無し》
《メカユニット取り出し》
《メカユニット》
《ETUスイッチ接続部》

《メカボックス内部》
《内部はグリス汚れ多々あり、軸受けも外れている
《給排気パーツ類》
《グリスが汚れて固まっている》
《ピストンユニット:ピストンラックはフル金属歯》

《給排気ポートを備えたピストンヘッド》《スプリングは等ピッチスプリング》
《一度分解された形跡あり:ピストン内にスペーサーが入っており初速底上げのカスタム調整がされている》
《ギア比は18:1 標準トルク》
《セクター歯は16枚、セクターカットは無し》
《ETUスイッチ:トリガーの板バネによりタクトスイッチを押す仕組み》

《カットオフレバー検出スイッチ》
《ETUスイッチ取り外し》
《汚れているものの損傷は無し》
《前面にはセレクタープレート検知スイッチ、VER3 ETUスイッチは小型でシンプルに出来ている》
《分解部品検査》

2)メカボックス内部オーバーホール作業(分解部品洗浄)

3)外れている軸受けを接着固定

4)ギアシム調整:ギア3点を円滑にドライブ出来る様調整
《ベベルギア回転時に接触した痕跡あり、シム調整が上手く出来ていない》
《スパーギアの歯はベベルギアとの接触により表面の塗装が剥げている》
《ギアシム調整》

5)ベベルギア位置出し、モーターノイズ調整

6)ピストンラックの接着固定
《接着剤で貼り付け》
《硬化後》

7)AOEアジャスター装着、ピストン位置の最適化【耐久性向上、高負荷の低減、立ち上がり動作の改善】
《使用部品:GAW アジャストスペーサー AOE調整用》
《ピストン前面の突起部を切削》
《アジャスターに合わせピストンヘッドを加工》
《ネジロックで接着固定》
《ピストンユニット完成》

8)AOE調整後セクターギアピックアップ歯の角度確認【ドライブ時の負荷軽減、立ち上がり動作の改善】
《AOE調整前:ピストンドライブ時負荷が斜めに掛かる状態》

《AOE調整後:セクターギアのピックアップ角度を調整、水平方向に負荷を逃がす事により立ち上がり動作を改善、駆動時の高負荷を低減》

9)再組立て、グリスアップ、オイル注油
《カットオフ検知チェック》
《タクトスイッチ動作チェック》
《トリガー動作チェック》
《メカボックス内部完成》

《メカユニット完成》
《レシーバー組み込み、動作チェック》

9)ばね鳴りの少ない不等ピッチスプリングへ交換、初速調整(0.2g弾:適正ホップ時90~95m/s)
《使用部品:SHS Airsoft 不等ピッチスプリング M90》

10)インナーバレルチャンバーユニット分解メンテナンス
《チャンバーユニット分解》
《チャンバーパッキン損傷無し、ホップ突起形状はV型2点保持タイプ》
《インナーバレル長は約130mm》
《清掃、注油メンテナンス》
《ホップ突起形状のチェック》
《チャンバーユニット完成》

11)チャンバーユニットとメカボックスが密着出来ない不具合を修正
《インナーバレルチャンバーユニット、アウターバレルを装着し発射テスト》
《チャンバーとメカボックス間に隙間があり密着出来ていない事から低初速が頻発》
《プラ板を切り出し》
《レシーバー後部に差し込んでメカボックスの位置を前にずらす》
《改善後:チャンバーとメカボックスの隙間が無くなり初速が安定》

《本体組み上げ、完成》

■最終動作確認、約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整、初速計測チェックの後お客様へご返却となります。
■初速 【弾速測定器:ACETECHにて計測】
・ノンホップ時:88m/s(0.2gBB) 適正ホップ時:90m/s(0.2gBB) 

※約30mの距離で弾道検査、ホップアップ調整。0.2g弾で調整済み。
※7.4v リポバッテリーにて動作検査致しました。

修理 カスタム担当者コメント

ご依頼頂きましたのはG&G ARMAMENT PRK9 海外製電動ガンでした。上記11項目の作業を実施致しました。メカボックス内部オーバーホール作業後、ギアシム調整、モーターの位置出し等各部再整備、AOEアジャスター装着(ピストン位置の最適化)を行い耐久性向上、高負荷の低減、立ち上がり動作の改善を致しました。再組立て、グリスアップ、オイル注油を行いばね鳴りの少ない不等ピッチスプリングへ交換、初速調整済みです。

インナーバレルチャンバーユニットにつきましても分解メンテナンス済み、チャンバーユニットとメカボックスが密着出来ず初速不良が起きていた為、本体組み上げ時に調整致しました。修理後の初速は適正ホップ時90m/s(0.2gBB)、セミ、フルオート発射動作問題御座いません。駆動系統の再整備により駆動時のばね鳴り音やギアノイズは低減しレスポンスも向上、快適な発射動作へ改善しています。

G&G ARMAMENT PRK9 海外製電動ガンはスタンダードAKの機械式スイッチではなく『電子トリガーシステム』を搭載、セレクター操作により確実なセミ/フルオート切り替えが可能、トリガープルも非常に軽くピストル並みのコンパクトな外装デザインも相まって取り扱い易いのが特徴です。今回の動作不良の原因はメンテナンス不良に加え海外製品の為ギア周りのセッティングが適切でなくピストン、ギア、モーター間の連動の際『ギア噛み』と呼ばれる現象により動作しなくなったと思われます。海外製AKメカボックスでよく発生する現象になります。この度オーバーホールメンテナンスに加え各部駆動系統のカスタム整備をさせて頂きました。再びご愛用頂ければ幸いです。

弊社では電動ガン全般の修理、メンテナンス、カスタムが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。