レプマートのお知らせ、情報を発信しています。

ASG CZ EVO3 A1 SCORPION 海外製電動ガンの修理、カスタムをさせて頂きました【オーバーホールメンテナンス/新型ECU搭載/劣化部品交換/駆動系統カスタム整備】

お客さまよりご依頼頂きました商品につきまして修理、カスタム対応をさせて頂きました。

・ASG CZ EVO3 A1 SCORPION 海外製電動ガン(7.4vリポ対応旧型ロット)

ご依頼内容は『弾の発射自体は可能だがオートストップがかからない時がある、稀にセミオートで弾が2回発射される(オーバーランしている)』とのご依頼でした。

また、『11.1v高電圧リポに対応した新型ECU基盤へ交換、他に損耗個所があれば修理調整』をご希望頂きました。

この度、オーバーホール作業、新型ECU搭載、劣化部品の交換、また高電圧リポバッテリーで駆動させた際の内部駆動系統カスタム整備を含め修理、カスタム対応をさせて頂きました。

ASG CZ EVO3 A1 SCORPION 海外製電動ガン 修理 カスタム内容

故障状況

『弾の発射自体は可能だがオートストップがかからない時がある、稀にセミオートで弾が2回発射される(オーバーランしている)』

故障原因

マガジンの全弾を撃ち尽くしてもオートストップが掛からない原因は『内部ECU基盤の故障』もしくは『ボルトリリースセンサーの位置ずれ』による可能性が御座います

《メカボックス内部パーツ》
ピストンヘッドOリング、ピストンの摩耗、またチャンバーパッキンゴムが劣化しており交換が必要

カスタムご希望内容

1)新型ECU基盤へ交換(バッテリー接続コネクタT型ご希望)
2)他に損耗個所があれば修理調整
3)11.1v高電圧リポに対応した駆動系統のカスタム整備
・セクターギア歯のカット加工を行い高速回転でのギアクラッシュを予防
・ピストン位置の最適化:耐久性向上、高負荷の低減、立ち上がり動作の改善
・セクターカットに合わせたカスタムスプリングへ交換、初速調整:90~95m/s(0.2gBB)

修理、カスタム製作のポイント

①メカボックス内部オーバーホール作業(分解部品洗浄)
②ECU基盤を新型へ交換
③11.1vリポ駆動時ギアクラッシュを予防する為セクターギアをカット加工(3枚)
④ギアシム調整:ギア3点を円滑にドライブ出来る様調整、ベベルギア位置出し、モーターノイズ調整
⑤給排気性能の悪いピストンヘッドOリング、劣化したピストンをカスタム品へ交換【劣化部品交換】
⑥AOEアジャスター装着(ピストン位置の最適化)【耐久性向上、高負荷の低減、立ち上がり動作の改善】
⑦各部グリスアップ、オイル注油を実施、快適に動作する様再整備
⑧インナーバレルチャンバーユニット分解メンテナンス、チャンバーパッキンゴムを東京マルイ製へ交換【劣化部品交換】
⑨ボディ再組み上げ、セクターカットに合わせたカスタムスプリングへ交換、初速調整:90~95m/s(0.2gBB)

修理、カスタムに使用したパーツ

■計:6点

・ASG 交換用 ECU 新型 CZスコーピオンEVO3A1用 ¥18,600
https://repmart.jp/products/ra11473.html

・Retro Arms フルティースピストン 13.5枚歯 ¥2,800
https://repmart.jp/products/ra04732.html

・GAW アジャストスペーサー AOE調整用 ¥820
https://repmart.jp/products/ra04071.html

・GAW 電動ガン用 FRUS-Oリング ¥580
https://repmart.jp/products/ra14327.html

・SHS 不等ピッチスプリング M100 ¥572
https://repmart.jp/products/th1011.html

・東京マルイ純正部品 チャンバーパッキンセット ¥352

修理 カスタム内容

1)本体分解、故障原因調査
《ご依頼品本体》
《ハンドガード取り外し》
《マガジン挿入口内:メカボックスとチャンバー間に隙間あり、メカボックスの固定位置がずれるとボルトリリースセンサーの検知が出来なくなる》
《ストック基部のピンが浮き出している》
《ハンマーで叩いて打ち込み、修理》
《メインスプリング、スプリングガイド取り外し》
《ASG純正モーター:トルク型で非常に強力な磁力》

《ピニオンギア損傷無し》
《ボディ分解》
《メカボックス》


《メカボックス分解:旧型ECUは上部のFETとセットで2枚組の基盤構成》《メカボックス内部:一部カスタムが施されている
《給排気パーツ類》
《セクターギアとの接触を避ける為ピストンラックのカット加工がされている、金属歯含めピストン自体の腐食が進んでおり交換が必要
《吸気ポートを備えたピストンヘッド》
《シリンダー内部で全く気密が取れていない、ピストンヘッドOリングの交換が必要》
《ギア3点損傷無し、ギア比は18:1 標準トルク ※セクターギアは前面2枚カット加工がされている
《旧型ECU基盤》
《上:ECU 下:FET基盤》
《ECU表面センサー:左上がボルトリリース検知センサー、左下がオートストップ検知センサー、右側2つがセレクタープレート検知センサー》
《目視上オートストップ検知センサーの損傷は無し》
《分解部品検査》

2)メカボックス内部オーバーホール作業(分解部品洗浄)

3)ECU基盤を新型へ交換
《使用部品:ASG 交換用 ECU 新型 CZスコーピオンEVO3A1用》
《旧型との変更点はセクターギアのカムを検知するセンサーが追加されている》
《基盤も上下分割式から一枚基盤へ改善されている》
《ネジロックでメカボックスへ基盤を固定》
《セクターギアのカムを検知するセンサー追加により、カットオフレバーが不要に》

4)11.1vリポ駆動時ギアクラッシュを予防する為セクターギアをカット加工
《前面2枚はカット済み》
《ピストン解放側1枚を追加でカット加工》
《計3枚セクターカット》

5)ギアシム調整:ギア3点を円滑にドライブ出来る様調整

6)ベベルギア、モーターピニオン位置出し、モーターノイズ調整

7)給排気性能の悪いピストンヘッドOリング、劣化したピストンをカスタム品へ交換
8)AOEアジャスター装着、ピストン位置の最適化【耐久性向上、高負荷の低減、立ち上がり動作の改善】
《使用部品:Retro Arms フルティースピストン 13.5枚歯》
《使用部品:GAW アジャストスペーサー AOE調整用》
《Retro Armsピストンはフル金属歯でAOE調整に合わせ2番ラックはカットされ3番目ラックも半分カットされている》
《アジャスターに合わせピストンヘッドを加工》
《ネジロックで接着固定》
《使用部品:GAW 電動ガン用 FRUS-Oリング》
《ピストンユニット完成》

9)AOE調整後セクターギアピックアップ歯の角度確認【耐久性向上、高負荷の低減、立ち上がり動作の改善】
《AOE調整前:ピストンドライブ時負荷が斜めに掛かる状態》

《AOE調整後:セクターギアのピックアップ角度を調整、水平方向に負荷を逃がす事により立ち上がり動作を改善、駆動時の高負荷を低減》

10)再組立て、グリスアップ、オイル注油
《タペットプレート給弾タイミングチェック:セクターギア解放側1枚のみカットの為給弾タイミングの修正は必要なし》
《給排気性能チェック》
《セクター軸と接触しない様タペットプレートの張り出し部分は加工されている》
《メカボックス内部完成》

《メカボックス完成》
《センサー部分》

11)インナーバレルチャンバーユニット分解メンテナンス、劣化したチャンバーパッキンゴムを東京マルイ製へ交換
《チャンバーユニット》
《チャンバーユニット分解》
《チャンバーパッキンゴムに劣化あり、交換が必要》
《ホップ突起形状はマルイタイプ》
《使用部品:東京マルイ純正部品 チャンバーパッキンセット》
《押しゴムはASG純正品を使用》
《バレル内清掃、メンテナンス、組み上げ》
《ホップ突起形状のチェック》《チャンバーユニット完成》
12)ボディ再組み上げ、メインスプリングをセクターカットに合わせたカスタム品へ交換、初速調整(適正ホップ時:0.2gBB 90~95m/s)
《ボディ再組み上げ》
《新型ECUはバッテリー接続コネクタがT型端子へ変更になる》
《使用部品:SHS 不等ピッチスプリング M100》
《スプリング組み込み、初速調整》
《バッテリーを接続し発射動作のチェック》

《マガジン給弾口内:組み上げ調整によりチャンバーとメカボックスの隙間は無くなっている》
《『オートストップ検知センサー』と『ボルトリリース検知センサー』が正常に動作出来る事を確認済み》

■最終動作確認、約50mの距離で弾道検査、ホップアップ調整、初速計測チェックの後お客様へご返却となります。
■修理カスタム後の初速 【弾速測定器:ACETECHにて計測】
・カスタム前 ノンホップ時:88m/s(0.2gBB) サイクル数:12.7発/秒 ※7.4vリポ
・カスタム後 適正ホップ時:92m/s(0.2gBB) サイクル数:22発/秒 ※11.1vリポ

※約50mの距離で弾道検査、ホップアップ調整。0.2g弾で調整済み。
※11.1v 20C 1300mAh リポバッテリーにて動作検査致しました。
※東京マルイ ベアリングバイオ 0.2gBB弾を使用し検査致しました。

修理 カスタム担当者コメント

今回ご依頼頂きましたのはASG CZ EVO3 A1 SCORPION 海外製電動ガンでした。上記12項目の作業を実施しました。メカボックス内部オーバーホール作業後、新型ECU基盤へ交換致しました。11.1vリポで駆動出来る様セクターギアカット加工、ギアシム調整、ベベルギアの位置出し等各部を再整備、またピストン位置の最適化(AOE調整)を行いドライブ時の耐久性向上、高負荷の低減、立ち上がり動作の改善を図っています。耐久性の高い強化ピストン、ピストンヘッドOリングへ交換、グリスアップ、オイル注油を行い再組み上げ済みです。

インナーバレルチャンバーユニットにつきましては分解メンテナンス済み、劣化したチャンバーパッキンゴムを東京マルイ製チャンバーパッキンゴムへ交換致しました。本体組み上げ時ボルトリリースセンサーの位置ずれがないか確認済み、メインスプリングをセクターカットに合わせたカスタム品へ交換を行い初速調整致しました。

修理カスタム後の初速は適正ホップ時92m/s(0.2gBB)、セーフ、セミ、3バースト、フルオート発射動作問題御座いません。本体組み上げ後残弾が無くなった際の『オートストップ検知センサー』と『ボルトリリース検知センサー』が正常に動作出来る事確認済みです。交換した新型ECU基盤は7.4v/11.1v両方に対応、11.1vリポバッテリーでの発射動作も問題御座いません。ECU基盤交換により本体側の接続コネクタが『T型ディーンズ端子』に変更になりました。駆動系統のカスタムと併せレスポンス/初速性能が向上し快適な発射動作へ改善、チャンバーパッキンゴム交換により40m先まで真っ直ぐに伸びる弾道となっています。

この度修理、オーバーホールメンテナンスに加え新型ECUを搭載、高電圧リポ使用時十分な性能を発揮出来る様駆動系統のカスタム整備を実施させて頂きました。再びご愛用頂ければ幸いです。

弊社では国内/海外製電動ガンの修理、メンテナンス、カスタムが可能です。
ご依頼の際にお気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です