海外直輸入から、国内ブランドまで、国内最大2万種以上の品揃え!

カート

ミリタリーショップ レプマート

KA-BAR Knives / ケーバー ナイフ

(米)19世紀ニューヨーク州の刃物屋が起源のアメリカの老舗ブランド

ケーバーの歴史は古く第2次大戦中、硫黄島に最初の星条旗を掲げた海兵隊員が、腰に下げていたのがケーバーナイフのUSMCでした。

ケーバー ナイフの歴史は1800年代にイギリスのシェフィールドに始まった刀鍛冶の一派がアメリカのニューヨークとペンシルバニアに移り住んだことに始まります。

ペンシルベニア州では、38人のグループが刃物を製造販売、Tidiouteカトラリーカンパニーとして知られているリミテッドパートナーシップを形成、これが現在のKA-BARナイヴズの始まりであると考えられています。

1902年、ウォレスR.ブラウンは、Tidiouteカトラリーカンパニーの資産を購入し、刃物を製造販売を目的として、Union Razor Company(後に1909年にユニオンカトラリーカンパニーに変更)を設立しました。

1920年代に、OLCUT、KEENWELL、そしてKA-BARのような商標はナイフに採用され、1942年、第二次世界大戦の開始後、米海兵隊へのKA-BARブランドのナイフの軍への採用申請を行い、海兵隊は、申請されたナイフの作り直し設計を受け入れ、ユーティリティナイフとして供給を開始します。

1952年、戦争でKA-BARブランドUSMCナイフが有名になったため、会社の取締役会は、KA-BARカトラリー株式会社に社名変更することを決定します。

1960年代に、KA-BARはブラウンファミリーによって売られ、その後、最終的には、オハイオ州クリーブランドでコールナショナル株式会社に1966年に販売されて所有権を変更されています。

1996年5月、KA-BAR製品ラインと資産はニューヨークのAlcasコーポレーションに販売されています。

1998年には、KA-BARはナイフの生産事業で創業100年を迎えます。

2003年、KA-BARは、現在の場所、ニューヨーク州オレ、200ホーマーストリートに移転、ミリタリーナイフをアメリカ軍に第2次世界大戦より提供し続け、1998年で創立100周年を迎えたアメリカの老舗ナイフブランドです。

ケーバー ナイフの商品は54点あります。

絞込み検索

カテゴリ× キーワード検索する

商品一覧

レプマートはココがすごい!!

  • 品揃え日本最大級 30万点以上の在庫で即日発送
  • 30日間返品OK 返品交換無料品もあり
  • 直輸入だから安い