海外直輸入から、国内ブランドまで、国内最大2万種以上の品揃え!

カート

ミリタリーショップ レプマート

空母

消えゆく軍艦と移動する基地、空母

ミリタリー雑学 0

2008-03-16 Camden 072 Battleship USS New Jersey

近年艦これの大ヒットで、注目を浴びる軍艦ですが、軍艦とは軍隊が運用する船を指し、単に艦ともいい、航空母艦・巡洋艦・駆逐艦・フリゲートといった水上戦闘艦、潜水艦、上陸用艦艇など、機能や構造の異なるさまざまな艦種に分類できます。 まず軍艦としてイメージされるのは、雄大な海を堂々と進む巨大な姿ではないでしょうか。 以下に、過去の巨大軍艦として戦艦を、現在の巨大軍艦として空母を紹介したいと思います。 消え […]

幻の巨大空母 信濃

ミリタリーの歴史 0

Battleship "YAMATO" (大和)

世界最強の戦艦が空母に 旧日本海軍の中で、知っている軍用艦の名前を挙げて見て下さいと、街ゆく人にアンケートをとってみたら、おそらく帰ってくる答えとして一番多いのは、戦艦大和ではないでしょうか。 少し近現代史が好きな人や、空母に歴史の知る人であれば「赤城」「加賀」や「蒼龍」「飛龍」と言った、真珠湾以来の武功艦の名前を挙げたり、あるいは「艦これ」の影響で妙に知名度が広がった駆逐艦、「幸運艦・雪風」の名 […]

世界で初めて空母を作った国

ミリタリー雑学 0

Japanese_aircraft_carrier_Hosho_1922

大艦巨砲主義で敗れたのか? 第二次世界大戦の初期は、戦争は空母と戦闘機、攻撃機や爆撃機といった、航空戦力が勝敗を決するという航空機全盛の時代への転換点でした。 そんな時代に日本海軍は、いつまでも旧時代の戦艦にこだわり、戦艦大和という無用の長物まで造艦した挙句に、「何の役にも立たずに撃沈をされた」、軍のトップは時代の流れを読めず、大鑑巨砲主義のまま戦争を遂行し、日本を敗戦に追い込んだというイメージを […]

戦闘用船舶の種類と歴史

ミリタリーの歴史 0

By: Patrick Feller

船一般を表す言葉として「船舶」というものがありますが、一方で「艦船」という言葉も聞かれます。 「艦船」という言葉は、戦闘用の軍用船と民間船などの非戦闘船を区別する必要がある時に用いられているようです。 「艦」という言葉は「いくさぶね」と訓読し、もともとは上下に床を施し、四囲に盾としての板を張り巡らして矢石を防ぐことができるようにした、戦闘用の船舶のことと言われています。 そのためか日本では戦国時代 […]

水上機母艦の歴史

ミリタリー雑学 0

HMS_Ark_Royal_19sb2j1

水上機を載せて最初の母艦となった艦はイギリスのアークロイヤルで、後部に機関を備えた標準型の商業用石炭船から改造されたものでした。 船体の「舷弧」と呼ばれる甲板の後方のそりを切り取って水平にし、甲板上に走行する蒸気クレーンを設け、これで船倉内に格納した水上機を出し入れし、水上機は海面から発進、帰着するので、海面が穏やかでないと作業が困難で、水上機を使用は大幅に制約されました。 第一次世界大戦が始まっ […]

最大級の兵器、原子力空母

ミリタリー雑学 0

By: Official U.S. Navy Page

超巨大な航空母艦として知られる原子力空母は、長大な航続力を持ち、海の要塞とも言われるほど、戦術的にも重要な存在として有名です。 この原子力空母についてメリットや、デメリットもふまえ、詳しくご紹介したいと思います。 世界初の原子力空母 1960年に進水したアメリカ海軍のエンタープライズこそが、世界で始めての原子力空母であり、移動できる兵器としても、最大クラスの大きさを誇っていました。 (エンタープラ […]

間に合わなかった航空母艦たち

ミリタリーの歴史 0

By: SDASM Archives

1945年4月、沖縄にアメリカ軍が上陸し、ついに日本本土にまで戦火が拡大した。 ここまできてもなお敗北を認めず、一撃講和なる戦略をとっていた大本営は、沖縄防衛のために陸海空に及ぶ壮大な「特攻作戦」を展開した。 いわゆる「菊水作戦」の開始である。 菊水作戦の主となるのは、零戦から練習機「白菊」までをも投入した航空特攻。 既に有力な航空兵力はなく、ようやく離着陸が可能となった志願航空兵を特攻作戦に投入 […]