海外直輸入から、国内ブランドまで、国内最大2万種以上の品揃え!

カート

ミリタリーショップ レプマート

戦艦

幻の巨大空母 信濃

ミリタリーの歴史 0

Battleship "YAMATO" (大和)

世界最強の戦艦が空母に 旧日本海軍の中で、知っている軍用艦の名前を挙げて見て下さいと、街ゆく人にアンケートをとってみたら、おそらく帰ってくる答えとして一番多いのは、戦艦大和ではないでしょうか。 少し近現代史が好きな人や、空母に歴史の知る人であれば「赤城」「加賀」や「蒼龍」「飛龍」と言った、真珠湾以来の武功艦の名前を挙げたり、あるいは「艦これ」の影響で妙に知名度が広がった駆逐艦、「幸運艦・雪風」の名 […]

あっけない戦艦の最期

ミリタリー雑学 0

02_hms_queen_mary

軍艦を建造する際、「あっさり沈みますように」などと考えて作る人はいないでしょう。(元寇の際にモンゴルに無理やり船を作らされた朝鮮の人を除く) にもかかわらず、色々な条件が重なり、あっけない最期を遂げてしまった艦船は存在します。それも、駆逐艦から世界最大級の空母まで、大きさも色々です。 大和型3番艦 空母 信濃 空母「信濃」は、当初の計画では大和型3番艦として建造されただけあって、全長266m、基準 […]

巡洋艦について

ミリタリー雑学 0

Frigate boston

「巡洋艦」の主な役目は、戦艦艦隊のための偵察警戒、貿易の保護にくわえ、無線電信が実用化されるまでは、信号を中継したり、至急信の文書を運ぶことでした。 これらの任務を果たすためには、巡洋艦は高い速力と長い航続能力を必要としました。 ですから、蒸気推進機関が一般に用いられるようになったことは、巡洋艦にとってはその船体構造に鉄がつかわれはじめたことよりも、いっそう重要な意味を持っていました。 巡洋艦に対 […]

戦艦武蔵 – 日本帝国海軍の野望、71年ぶりに

ミリタリーコラム 0

Musashi-1-TeakChrysanthamum

戦艦武蔵は、昭和13年3月29日に長崎造船所で起工され、完成、進水は昭和17年8月5日。 準備期間も含めると完成まで何と8年もの歳月を要し、その間信じがたいほどの日本人の叡智と技術、労力が費やされた。 3年半を費やした建造期間中、一般市民はもちろん長崎市民でさえ気づくことのない、「幻の軍艦」として厳重な監視体制で建造工事が行われ、昭和19年10月24日、フィリピンのレイテ作戦参加中にシブヤン海で沈 […]

間に合わなかった航空母艦たち

ミリタリーの歴史 0

By: SDASM Archives

1945年4月、沖縄にアメリカ軍が上陸し、ついに日本本土にまで戦火が拡大した。 ここまできてもなお敗北を認めず、一撃講和なる戦略をとっていた大本営は、沖縄防衛のために陸海空に及ぶ壮大な「特攻作戦」を展開した。 いわゆる「菊水作戦」の開始である。 菊水作戦の主となるのは、零戦から練習機「白菊」までをも投入した航空特攻。 既に有力な航空兵力はなく、ようやく離着陸が可能となった志願航空兵を特攻作戦に投入 […]