海外直輸入から、国内ブランドまで、国内最大2万種以上の品揃え!

カート

ミリタリーショップ レプマート

トイガンレビュー

コラム ミリタリー雑学 ミリタリーの歴史 軍事施設

退役が伸ばされ続けた攻撃機 A-10

ミリタリー雑学 0

1977年に米軍によって運用が開始され、かれこれ40年間使われ続けた航空機があります。 それが「A-10」です。 愛称は公式には「サンダーボルトⅡ」が使われ、それ以外にも「ウォートホグ(イボイノシシ)」などとも呼ばれました。 この機体、最新の技術が積まれているだとか、飛び抜けた戦果を持つエースが乗っていたとか、そういう類の機体ではないです。 しかし、40年前から続くアナログな設計とジェット機ながら […]

陸軍の部隊編成について

ミリタリー雑学 0

陸軍における部隊を、編成単位別に規模の大きい順に並べてみます。 師団 (Division) 旅団 (Brigade) 大隊 (Battalion)(連隊 Regiment)) 中隊 (Company) 小隊 (Platoon) 分隊 (Squad) 一般の企業でたとえるならば、事業部、部、課、係、といった階層構造になっており、複数の分隊の集合が小隊となり、この小隊が集まって中隊となり・・といったよ […]

陸軍について

ミリタリー雑学 0

陸軍の役目とは 兵士の数がもっとも多いとされる陸軍は、さまざまな軍種の中でもその歴史が古く、幅広い任務を担います。 そのため船舶部隊や、航空部隊がこれに含まれる場合もあり、海上輸送やその支援・援護、地上戦闘の直接支援や空中偵察、あるいは指揮連絡が行われます。 さらに陸軍を陸上戦力と定義したとき、一時的に地上において活動する海兵隊などもこれに含まれることがあります。 陸軍の役目といえば、第一に陸地そ […]

先端航空技術 – ステルス機と無人機

ミリタリー雑学 0

突然ですが、ステルス機、無人機ときいて、なにをイメージしますか? ステルス機といえば、世界最強との呼び声が高いF-22ラプターや、国産初のステルス機、X-2 心神、無人機であれば最近なにかと話題の絶えないドローンなんかが、ぱっと頭に思い浮かぶかもしれません。 あるいはミリタリー映画好きであれば、E.D.I(エディ)という名前が脳裏を横切った方がいらっしゃるのではないでしょうか。 E.D.Iは200 […]

コピーメーカーから独自色のある企業へ、ブラジルのトーラス社

ミリタリー雑学 0

Taurus

ブラジルと言えば、どのようなイメージをもたれるでしょうか。 カーニバルの国、資源が豊富な国、徐々に力をつけてきた新興国など、さまざまなイメージが思い浮かぶことでしょう。 銃器メーカー、Taurus(読みはトーラス、タウラス、タウルスなど)は、そうした新興国ブラジルにあって、大きな発展と進化を遂げたメーカーです。 日本国内のミリタリーファンの間では「各社のライセンスを取得してコピー品を製造している銃 […]

« 前の記事へ  次の記事へ »