国内最大級のミリタリー総合通販   商品数 11,321点レビュー総数 1,823件

カート

ミリタリーショップ レプマート

オリーブドラブとは

2013年10月16日 レプマート- ミリタリー雑学

この記事がお役に立ちましたら、シェアや、いいね!、ツイートをして頂ければ嬉しいです。

オリーブドラブ

オリーブドラブとは

オリーブドラブ(OD、Olive Drab)は19世紀後半より第2次世界大戦、ベトナム戦争を通して世界各国の軍隊の戦闘服や、軍用車両などの塗装に用いられてきた、最も知られているミリタリーカラーです。

地中海地方原産の、オリーブの実の色から派生したOD色は、一般に黒と黄の塗料を1対1で調合した、ダークオリーブブラウン、または灰色がかったオリーブ色などを指し、日本のJISの色彩規格には「暗い灰みの緑みを帯びた黄」をオリーブドラブと定義されています。

945622_10151550002478752_2034034433_n

ミリタリーカラーである「オリーブドラブ」が、最初に英語の色の名として登場したのは19世紀後半の1892年です

しかし、色の名前としての「ドラブ」は、16世紀の半ばまで、さかのぼる古い歴史を持つ色の名前です。

オリーブドラブは、第二次世界大戦中に、米軍の官給品と軍用車両、米軍兵士の標準的な戦闘服の色で、第二次世界大戦中にアメリカ軍により採用されていたオリーブドラブ色を、公式にオリーブドラブ#3(#6B8E23)と呼んでいましたが、その後、1944年には、#3よりも暗いオリーブドラブ#7(#3C341F)と変更されました。

さらに1952年には、バージニア州フォートベルボアにある、技術研究開発試験所( ERDL )によってオリーブドラブは、オリーブグリーン107(OG-107)に変更されます。

このオリーブグリーン107は、米軍公式の戦闘服の色として、ベトナム戦争が終わった後の1980年代まで、制式に採用され、タイプI(1952–1963)タイプII(1963–1964)タイプIII(1964–1989)と進化を続けました。

その後、1982年に主要な米国の戦闘服は、M81ウッドランドカモフラージュにその座を譲りましたが、その後もERDLはオリーブドラブを、戦闘服の色見本の一つとして保持し続けます。

オリーブドラブには、多くの色合いとバリエーションがあり、またフォリアージグリーンなどとも区別がつきにくい製品もあり、他のミリタリーカラーと同じく(デザートタン、デザートアースなど)区別がつきにくいですが、公式にはアメリカのFS- 595ペイント規格で定義されています。

オリーブドラブは、米軍で使用されているウェビングやアクセサリーなど、ソリッドカラーとして使用されたり、複数の迷彩(タイガーカモ、 MARPAT 、マルチカムなど)にカモフラージュ用として現在も、ミリタリーになくてはならない色として、使われ続けています。

Olive-Drab-#3 Olive-Drab-#7

オリーブドラブ、米軍採用の歴史
  • 1892年 オリーブドラブ 誕生
  • 1944年 オリーブドラブ#3からオリーブドラブ#7へ変更
  • 1952年 ERDLによって、軍の採用はオリーブドラブはオリーブグリーン107(OG-107)タイプIに変更
  • 1963年 オリーブグリーン107 タイプII
  • 1964年 オリーブグリーン107 タイプIII
  • 1982年 M81ウッドランドカモフラージュへ変更

航空機内

The following two tabs change content below.
レプマート-
ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリープレス」のアカウントです。このアカウントでは、新製品情報や新着情報、社員の取材した情報など。タイムリーに発信しています。
レプマート-

最新記事 by レプマート- (全て見る)

OD, オリーブドラブ, ミリタリーカラー,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です