国内最大級のミリタリー総合通販   商品数 11,321点レビュー総数 2,066件

カート

ミリタリーショップ レプマート

ブラントティップのナイフで両刃のものは銃刀法に該当しませんか

2011年12月17日 レプマート- よくある質問

この記事がお役に立ちましたら、シェアや、いいね!、ツイートをして頂ければ嬉しいです。

銃刀法では剣について規制しており

銃刀法について「先端部が著しく鋭く・・・・」となっています。

元来剣は刺突用に製作された武器であることから、先端部が著しく鋭いことはその本質的要素であると考えられます。ですからアクアノートは、先端部が著しく鋭いとはいえないと解されます。

以上のことから、ブラントポイントのアクアノートなどのナイフは銃刀法に該当しません。

警察庁の下記のPDFを参照いただければ安心していただけるかと思います。

≫ 剣の意義

The following two tabs change content below.
レプマート-
ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリープレス」のアカウントです。このアカウントでは、新製品情報や新着情報、社員の取材した情報など。タイムリーに発信しています。
レプマート-

最新記事 by レプマート- (全て見る)

ナイフ, , 銃刀法,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です