国内最大級のミリタリー総合通販   商品数 11,321点レビュー総数 1,823件

カート

ミリタリーショップ レプマート

フォールディングナイフのロック機構の種類

2012年9月25日 レプマート- よくある質問

この記事がお役に立ちましたら、シェアや、いいね!、ツイートをして頂ければ嬉しいです。

フォールディングナイフとは

フォールディングナイフは使わないときの収納にシース(ケース)が必要なく、携帯性に優れるのが最大の特徴です。

難点は固定刃のシースナイフと比べて構造がはるかに複雑な為、メンテナンス性と強度に劣ることです。

折りたたんでブレードをハンドル内部に収納することでコンパクトに持ち歩け、ハンドルにベルトクリップがついているナイフも多く、シースのない折りたたみナイフの携帯性の向上に一役買っています。

ナイフロック機構の種類

フォールディングナイフは刃が稼動する構造となっており、ピポットピンを中心に鋭利なナイフブレードをハンドル内部に折りたたんで収納するため、使用時に稼動するブレードが不安定になるのを防止する必要があり、さまざまなロック機構が開発されました。

ロックバック式フォルダー

ロックバック方式のフォールディングナイフロックバック式の折りたたみナイフはハンドルの背の部分に ロックの解除ボタンがついており、その構造から今流行のライナーロックより信頼性は高いと言われています。

ただ、ナイフ自体の構造が複雑になってしまい値段が高くなる傾向にあります。

1964年にアメリカのバックナイフがモデル110フォールディングハンターでロックバックを発表し世の折りたたみナイフに革命を起こしたロック方式です。

ロックバック方式のフォールディングナイフの閉じ方

ナイフの購入はこちら ≫ ロックバック方式の折りたたみナイフ

ライナーロック式フォルダー

ライナーロック方式のナイフライナーロック式の折りたたみナイフは刃を開くとバネのチカラでハンドルの内部にある板(ライナー)が中央へ寄り、ナイフの刃を下支えして刃を閉じないロック方式です。

1980年にアメリカのカスタムナイフメーカーのミッチェル・ウォーカー氏がライナーロックを備えたナイフを世に送り出し、現在ではフォールディングナイフの主流となりつつあります。

ライナーロック方式のフォールディングナイフの閉じ方

ナイフの購入はこちら ≫ ライナーロック方式の折りたたみナイフ

ボールロック式フォルダー

ボールロック方式のナイフボールロック式の折りたたみナイフは左右の両サイドどちらからでもロックの解除操作が可能。SOGのアークロックやスパイダルコのボールベアリングロックなど各メーカーからさまざまな構造のナイフが発表されています。

ナイフの購入はこちら ≫ 特殊ロック方式の折りたたみナイフ

The following two tabs change content below.
レプマート-
ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリープレス」のアカウントです。このアカウントでは、新製品情報や新着情報、社員の取材した情報など。タイムリーに発信しています。
レプマート-

最新記事 by レプマート- (全て見る)

ロック方法, 折りたたみナイフ,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です