海外直輸入から、国内ブランドまで、国内最大2万種以上の品揃え!

カート

ミリタリーショップ レプマート

「神の杖」は既に宇宙空間に存在しているのか

2015年3月26日 たくちゃん07 ミリタリーコラム

この記事がお役に立ちましたら、シェアや、いいね!、ツイートをして頂ければ嬉しいです。

神の杖」という軍事兵器の名を、聞いたことがありますか。

宇宙空間の地球軌道を周回する軍事衛星から、地上に向けて特殊金属棒を射出し、地上の敵地を莫大な破壊力で殲滅するという、ハリウッドのSF映画さながらの兵器です。英名は「Rods from God」で、まさに天空の神の怒りを表すかのような名称になっています。

神の杖を使う側にとっては神でも、神の杖を投下される側からすれば、悪魔の兵器としか言えません。

核兵器に匹敵するとも言われる破壊力は、特に地下の軍事基地の破壊が目的であるともいわれます。

いまだに謎の多い最新の軍事兵器・神の杖は、一体どのような兵器なのか、実際にあると仮定して真相を探っています。

神の杖の構造とは

神の杖の材質は、タングステン、チタン、ウランなどの物質で、地球の大気圏に高速で突入しても熱で燃え尽きないよう、強硬に造られています。

タングステンは非常に重くて硬い物質として知られており、戦車の装甲や弾丸など、実際に軍事面でも多用されている物質です。

チタンもタングステン同様に強度に優れた物質で、地球上の鉱物としては鉄と同じくかなり豊富にあるものです。

神の杖の形状を簡単に表わすとするならば、巨大な爪楊枝のような形をしており、神の杖の場合は、地面に突き刺さり、地下の岩盤までも破壊できるよう、先端が尖っているのです。

その全長は6メートルほどで、直径は30センチと細長く、重量は100キロにもなります。

ただし完全なタングステン製にすると、重量は100キロどころではなく、遥かに重くなるという指摘もあり、神の杖には方向を制御するためのロケットブースターが装着されています。

神の杖を射出する軍事衛星

神の杖を放つ軍事衛星は、地上で製造されたあと、地球の周回軌道上、高度1000メートルに大型ロケットで打ち上げられます。打ち上げられた衛星には、神の杖の宇宙プラットホーム(射出施設)、複数の神の杖、コンピュータ、レーダー、各種カメラ、太陽光パネルなどが装備されているものと考えられます。

プラットホームとなる衛星の見た目は、下部(地球側)にガトリングガンのような射出口が複数、円形に並べられて、それぞれの穴に神の杖が挿入されているような形状です。

神の杖は長さが6メートルもあるので、衛星の大きさは10メートルを超える巨大なものとなり、日本で普通に都市内を走行している路線バスの大きさは、おおむね10メートルであることを想像すると、わかりやすいかと思います。

神の杖射出装置は一度だけでなく、何度も連続発射することが可能になっており、地上や地下の強固な施設を破壊するために、そうした何度も攻撃を仕掛けるという使用法が想定されます。

現在地球上で最も破壊力のある兵器のひとつは原子爆弾(核兵器)ですが、核兵器を使用すると放射能、放射線の影響が長期間に渡って人間を含む生態系に悪影響をもたらします。

これは福島原発事故で、放射線量が高い状態が続いていることでも明らかなことです。放射線は人体を癌化させたり、内臓疾患を多くするなどの後遺症が問題視されています。

その点で、神の杖は核兵器ではないので、核兵器に代用可能な超破壊兵器として考案されています。核兵器ではないから放射線の汚染は無いし、被害は限定的にコントロールできると言っても、しかし人間を殺戮する大量破壊兵器であることに違いはありません。

もし日本の自衛隊が同様に造って宇宙空間に打ち上げるとしたら、航空自衛隊の管轄になるのでしょうか。

そういえばアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」に登場した、アニメの中で世界規模の災害を引き起こすきっかけとなった「ロンギヌスの槍」の縮小モデルを、月面に突き刺す計画が進んでいるらしいです。なにかこれも神の杖を思わせます。

どの程度の破壊力なのか

神の杖が衛星のプラットホームから射出されると、マッハ9.5(11,587km/h)という超速で、瞬時に地上のターゲット地点に向かいます。

マッハ9.5というのは想像もつきにくいほどの速さですが、ジャンボジェット機の速さが時速900キロ程度で、航空自衛隊が配備しているF15戦闘機はマッハ2.5という速さであることから考えれば、桁違いのとてつもない速さであることになります。

運動エネルギー爆撃(Kinetic bombardment)ともいう神の杖の破壊力は、核爆弾にも匹敵するともされています。

そうすると神の杖が激突した半径数キロから数十キロの地表がめくり上げられ、建物は破壊し尽くされることになりそうです。

細長い爪楊枝構造であるゆえに、地上の地表に突き刺さると地下数百メートルの硬い岩盤や鉄筋コンクリート製構造物までも破壊します。

これは地下の軍事基地などを攻撃目標とするときに、尖った形が効果的であると言います。

仮に宇宙の周回軌道上のいくつかの地点に配備されることになれば、敵の勢力の地上と地下の施設を、上空の各方向からピンポイントで攻撃可能にし、死角を無くすことができるというえげつなさです。

神の杖は射出した時に電磁波を発しないので、探知が難しいとされており、マッハ9.5で一瞬にして地上に達する物体なので、光熱のレーザーで迎撃できたとしても、完全に消滅することは難しいようです。

すでに完成しているとすれば何の目的で使うのか

これほどまでの破壊力と精度を兼ね備えた大量破壊兵器を、一体何の目的で製造し、宇宙空間に配備するのかという疑問があります。

天空から攻撃されてしまえば、それを遮る方法は皆無に等しく、狙われた都市や施設はひとたまりもありません。

神の杖が全く影響しない、かなりの大深度地下に、莫大な予算をかけて政府の施設や避難所を建設するか、狙われないように神に祈るしかありません

実際に世界各国では、巨大隕石が衝突しても全く影響のない政府要人施設を、大深度地下に建設していると言われており、それは日本でも同様であると考えられます。

表向きは隕石や自然災害から人々を守るために地下深くに建設していると言っていても、戦争が起きた場合を想定して地下深くに施設を建設しているに違いありません。

何故ならば世界には核保有国が多数あり、様々な国家・民族の対立構造は存在しており、中央政府が敵国からの核攻撃を想定していることは当然だからです。

アメリカは第二次大戦の終結後も、世界の各地で戦争を行っています。こうした戦争の敵対者の都市や軍事施設に、神の杖を利用する可能性が指摘されています。

もしくはすでに神の杖が、密かに使用されているのではないかという噂も存在しています。そうだとすると、密かに使用しておいて、自然災害や普通の爆弾による破壊だったと発表していることになります。

世の中の本当のことは、一般市民は殆ど把握できないのです。

神の杖のような軍事兵器は、宇宙条約で禁止されていると言いますが、戦争になれば条約など簡単に破棄されてしまいます。

そもそも非人道的な核兵器やクラスター爆弾は既に使われてきたし、世界中に数え切れないほど配備されています。

神の杖も、人類にとっては単なる脅威でしかありません。

The following two tabs change content below.

たくちゃん07

アメリカ空軍, 近未来的兵器,

3 Responses to “「神の杖」は既に宇宙空間に存在しているのか”

  • san より:

    はじめまして、これは推測できるのは、おそらくですが、この兵器には、迎撃ミサイルが使えない、という利点があると思います。

    確実性を考えれば、私が米軍の司令官ならば、軍事的な抑止力の案の一つにいれるでしょう。問題はおそらくコストなのですが、これはレールガンと同じく、構造や生産ラインさえ作れば弾薬は安価で済みそうです。衛星の打ち上げには金がかかりますが、一度打ち上げれば、何年も使えるという利点があります。また、神の杖に付随した宇宙開発もできるような気がしなくもありません。
    それと、連発で攻撃できるということが、いわゆる、バンカーバスターだけでは無く、クラスター爆弾や気化爆弾のような小域殲滅戦を想定している証拠にも思えます。

    また、これは近未来的かつ、物語的な推測なのですが、兵器単体に電磁機器を使用しないという利点もあるのではないでしょうか?私はチャフなどの電子兵器については無知なのですが、確か、太陽のフレアで、電子機器が使えなくなる、という予測もありますね。
    そう考えれば、本当に安定的で、正確無比な兵器ではあると思います。もちろん、足場が安定せず、誘導弾ではないため、ミサイルほど緻密な要素は無いのですが、宇宙空間の兵器はなかなか撃墜も難しいでしょうし、最低数キロだとしても、百発撃ち込めば数百キロですから。単純に発射角度をきっちりと調整したら、いくらでも応用が効くかな、とも思います。

    これは実際に一分間で何発撃ち込めるかは分かりませんが、連射式ということで、三分間に一発、バンカーバスターを打ち込めるとして、一時間あれば、二十発は打てることになります。厳密な数字が無いのでなんともいえませんが、これが十基ほど上がったら、核と同じくらいの破壊力はあると言えます。ただ、何度も言いますが、ミサイルではないので、誘導機能は無いわけですから、抑止力としても、ある程度の効果しか与えられないかもしれません。

    これに対しては、各国で、宇宙の軍事開発に国際規約を取り決めるべきだと思います。幸いなことに、宇宙には確固とした領土権が無いようですし、それに、宇宙ゴミが減ることは良いことです。

    オスロ条約という条約があるそうで、それにてクラスター爆弾が禁止されました。これは有志国にアメリカ、中国、は入っていないのですが、イギリス、フランス(今、話題ですね)、ドイツ、日本などの西側の強国が加盟しています。と、いうことは、流れとして、ロシア、中国はともかく、アメリカも、この条約に加盟することは決して不可能ではないと思います。アメリカはポーズとしても、人権重視の路線を取っていますから。

    その流れの先に宇宙開発の国際規約があると私は想像します。
    兵器の防止条約に関しては、その兵器が人道的か、人道的でないかが基準になると私は思います。
    私はおそらく、神の杖は多くの人間が人道的ではないと判断すると思います。

    あと、これはネーミングセンスが悪いですね。神の杖というよりも、羊の角が良いかな、なんて思います。
    ちなみに、キリスト教では、魔王に羊の角が生えているらしいです。
    それと、ダモクレスの剣というのも良いかもしれません。
    確か、ロバート・S・ケネディが核をダモクレスの剣と例えましたが、ケネディが政治をしていたアメリカで、新たな、ダモクレスの剣にそっくりな兵器が開発されているのですから、なかなか、米国の政治家は自虐が上手いですね。

  • san より:

    失礼、追記ですが、すでに宇宙条約では核や大量破壊兵器そのものは禁止されているのですね。原文も読みました。
    しかし、これはアメリカのチョンボ待ちの可能性もありますね。神の杖に関して、少し調べてみたのですが、大量破壊兵器に入らない可能性がある。という意見を見かけました。

    ちなみに、国連主導の宇宙条約には「条約の当事国は、核兵器及び他の種類の大量破壊兵器を運ぶ物体を地球を回る軌道に乗せないこと、これらの兵器を天体に設置しないこと並びに他のいかなる方法によってもこれらの兵器を宇宙空間に配置しないことを約束する」、とあります。

    これもまた、推測なのですが、どこからが大量破壊兵器かの基準は広島、長崎も参考に作られている可能性があります。広島に落とされたリトルボーイの破壊半径が半径7.4キロメートル、長崎に落とされた核の半径は申し訳ありません、分からないのですが、もしかしたら、神の杖の破壊半径は7.4キロメートル以内には押えられている可能性がありますね。
    私の知っている限りでは、確か、気化爆弾で破壊できるのは1キロメートルという報道を見かけたことがあります。変な話、神の杖も、ロケットブースターの推進力を下げたり、弾丸を小さくすれば、破壊半径を一キロ以内にも抑えることはできるのではないでしょうか?

    そうなったら、大量破壊兵器とは言い難いですし、国連もなんとも言えない可能性があります。しかしながら、ガトリング状で、連発できるということは……?

    一応、私の論法で言えば、アメリカは国連の宇宙法の国際規約を守っているので、無茶はしないと思うのですが、それにしても、馬鹿なことを考えるなぁ、と思います。
    上記の条約の、大量破壊兵器の部分を、殺人兵器、に変えるだけで済む問題ですから、前述したオスロ条約のように、これは国連主導で上手く調整して行きたい問題ですね。とにもかくにも、色々と勉強になりました。ありがとうございます。

  • わっしゅん より:

    流石に映画の見過ぎですよw
    宇宙空間に兵器を用意してはいけないという法律もありますし、何せあの速度で発射して融解しない金属はないですw大気摩擦舐めすぎですよw
    それにその発射に使用する電気エネルギーは衛生なんかでは賄えません。太陽光パネルでも十分なエネルギーを補填できるものでもありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です