国内最大級のミリタリー総合通販   商品数 11,321点レビュー総数 2,066件

カート

ミリタリーショップ レプマート

映画 FURYを見てきました。

2014年12月1日 難波弘幸 ミリタリーコラム

この記事がお役に立ちましたら、シェアや、いいね!、ツイートをして頂ければ嬉しいです。

ブラッドピット主演の戦争映画、フューリーを見てきました。

戦車の墓場ともいえるような戦闘を生き残った、フューリーと名付けられたM4中戦車シャーマンと、ドン(ブラピ)を含む4人の兵士が帰還するシーン。

のっけから悲惨すぎる戦場、死体ゴロゴロ、怪我人の山、刺激強すぎて子供と一緒に見る映画じゃないです。(泣

戦地に向かう途中、野戦や市街戦を経験しますが、陸での戦いは(空でも同じですが・・)、敵をいち早く見つけた方が有利なんだと感じました。

特に、指揮官の目の良さと、双眼鏡の性能は重要ですねー。

IMG_2200

FURYにとって、最後の任務となる十字路の死守

途中、ドイツの戦車、ティーガーIと3対1で戦うも、2両の同胞を失い、1両残ったFURYが、やっとのことで撃破します。

しかし、このドイツの最強戦車、ティーガーI、なんとも強すぎ。

全長全幅とも1M近く、M4中戦車シャーマンより大きい上、装甲も厚く、重量はM4中戦車シャーマンの34トンと比べ、1.7倍近い57トンです。

全面の装甲は、64㎜に対し、100㎜もあって、M4中戦車シャーマンの76㎜砲が跳ね返されるほどです。

対して、第二次世界大戦の日本軍の戦車はどうだったのでしょうか?

当時の帝国陸軍、主力戦車であった、97式中戦車のスペックと、映画に出てきた2両の戦車を比較してみました。

 97式中戦車M4A3シャーマンティーガーI
乗員4名5名5名
重量15トン33.6トン57トン
全長5.56m7.54m8.45m
全幅2.33m2.99m3.7m
全高2.23m2.97m2.93m
速度38km/h42km/h38km/h
主砲57mm砲76mm砲
88mm砲
装甲最大25mm最大64mm最大100mm

わが97式中戦車の装甲は、M4の約5分の2、ドイツの誇る最強戦車、ティーガーIの4分の1の厚みしかないだと・・(/´Д`)/

やはり、戦争は資源と、工業力と痛感。

日本と開戦した当時のアメリカは既に、一般家庭にも、車が普及していたと言いますから・・

どんな気持ちになれば300人相手に、動けない戦車と、5人の兵士で戦おうという気持ちになれるんでしょう。

敬虔なキリスト教徒、バイブル(シャイア・ラブーフ・・トランスフォーマーの主人公)が戦車の中で祈りをささげるシーンが何度かありますが、十字路と十字架・・キリスト教の何かを暗示しているのでしょうか?

しかし、ブラピのタンカースジャケット、にあってますよねー^^

The following two tabs change content below.
難波弘幸

難波弘幸

代表取締役株式会社デジスト
レプマートを運営する株式会社デジストの代表。最近の趣味は映画鑑賞と日曜大工。実はサバゲー未経験。

FURY, 戦車, 映画,


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です