海外直輸入から、国内ブランドまで、国内最大2万種以上の品揃え!

カート

ミリタリーショップ レプマート

投稿者アーカイブ

退役が伸ばされ続けた攻撃機 A-10

ミリタリー雑学 0

By: Air Combat Command United States Air Force

1977年に米軍によって運用が開始され、かれこれ40年間使われ続けた航空機があります。 それが「A-10」です。 愛称は公式には「サンダーボルトⅡ」が使われ、それ以外にも「ウォートホグ(イボイノシシ)」などとも呼ばれました。 この機体、最新の技術が積まれているだとか、飛び抜けた戦果を持つエースが乗っていたとか、そういう類の機体ではないです。 しかし、40年前から続くアナログな設計とジェット機ながら […]

コピーメーカーから独自色のある企業へ、ブラジルのトーラス社

ミリタリー雑学 0

Taurus

ブラジルと言えば、どのようなイメージをもたれるでしょうか。 カーニバルの国、資源が豊富な国、徐々に力をつけてきた新興国など、さまざまなイメージが思い浮かぶことでしょう。 銃器メーカー、Taurus(読みはトーラス、タウラス、タウルスなど)は、そうした新興国ブラジルにあって、大きな発展と進化を遂げたメーカーです。 日本国内のミリタリーファンの間では「各社のライセンスを取得してコピー品を製造している銃 […]

空飛ぶ戦艦と言われた二式飛行艇

ミリタリー雑学 0

Kawanishi_H8K_Flying_Boat_Emily_h8k-1

かつて、日本には「空飛ぶ戦艦」と呼ばれていた大型飛行艇がありました。 その性能は、戦後に残存した機体を受け取ったアメリカを驚かせ、「飛行艇の技術は、日本が世界に勝利した」とまで言わせたのです。 今回は、そんな脅威の性能を秘めた飛行艇「二式飛行艇」についてです。 二式飛行艇は第二次世界大戦中に川西航空機で生産され、1941年に初飛行を行いました。 略符号は「H8K」で意味はHが飛行艇、8は8番目の飛 […]

東京マルイ グロック18C 電動ハンドガン レビュー

エアガンレビュー 0

marui-g18c

東京マルイから発売されている電動ハンドガングロック18Cのレビューです。 モデルとなっているのは、オーストラリアのグロック社が開発した自動拳銃のグロック18Cです。 グロック18Cはグロック17にフルオート機能を搭載したグロック18の改良型として開発されました。 自動拳銃とほぼ同じサイズに加え、高い火力をもつことから、ベレッタ社のM93Rなどと同様に、一般へ流通しないように規制された、警察など公的 […]

東京マルイ タクティカルマスター ガスガン レビュー

エアガンレビュー 0

rp_marui-tm.jpg

東京マルイから発売されているガスブローバックガン、タクティカルマスターのレビューです。 タクティカルマスターは、同社から発売されているM92F ミリタリーモデルのバリエーションモデルの一つです。 細かい外装パーツが変更されており、通常のM92Fとは、少し違った印象を受けるシルエットになっています。 デザイン自体は東京マルイのオリジナルデザインですが、ブリガディアスライドや、スケルトンハンマーなどは […]

東京マルイ コルトパイソン 6インチ ガスガン レビュー

エアガンレビュー 0

marui-python6

東京マルイから発売されているガスガン、コルト パイソンの6インチモデルのレビューです。 今回のは2003年にリニューアルされたあとのモデルで、HOPUPのパッキンなど一部の仕様が異なっているため注意してください。 実銃はコルト・ファイヤーアームズ社が1955年に開発したリボルバー、コルトパイソン、同社が開発したコブラに続く、蛇の名前を冠したリボルバーの一つです。 手作業での調整箇所の多さなど大量に […]

マルシン FN ファイブセブン CO2ブローバック エアガンレビュー

エアガンレビュー 0

マルシン工業から発売されているガスブローバックガンFN ファイブセブンについてのレビューです。 マルシンから発売されたファイブセブンの大きな特徴は、パワーソースにCO2を使用する点です。 既存のガスガンのパワーソースの多くはHFC134aガスと呼ばれるガスを使用しています。 このガスは代替フロンとも呼ばれ、かつて使用され、環境破壊について言及された特殊フロンガスの代替物質として開発されました。 特 […]

東京マルイ ベレッタ M9A1 電動ハンドガン レビュー

エアガンレビュー 0

東京マルイから発売されている電動ハンドガン「M9A1」についてのレビューです。 M9A1はシルエットからも解かるとおり、イタリアの銃器メーカー、ベレッタ社の名銃、M92Fシリーズです。 アメリカ軍の制式採用拳銃を決めるトライアルを勝ち抜き、それまで制式採用として使用されていた、コルトM1911A1の後継として採用され、その後、アメリカ海兵隊からの要請により改良をしたものがM9A1です。 M9からの […]

東京マルイ USライフル M14 ウッドタイプストック ver. レビュー 3

エアガンレビュー 0

marui-m14-woodstock

東京マルイから発売されている電動ガンU.S.ライフル M14 ウッドストックver.のレビューです。 電動ガンのM14はストックのカラーが2バージョンがあり、素材はどちらも樹脂製ですが、木目調の塗装がされたウッドストック版と無地のOD塗装がされたODカラー版の2種類があります。 2バージョンに大きな差はストックのカラーリング以外は無く、パーツなどは共通のものになっています。 モデルとなっているのは […]

東京マルイ 次世代電動ガン CQB-R ブラックモデル レビュー

エアガンレビュー 0

marui-cqbr

東京マルイから発売されている次世代電動ガンCQB-R ブラックモデルのレビューです。 本モデルはカラーリングで2バージョンがあり、今回レビューするブラックモデルに加えて、フラット・ダークアースモデルが存在します。 変更点は一部のパーツのカラーリングが変更されている点のみで、性能や付属品などは同一のものになっています。 本モデルのモチーフとなっているのは実銃のM4A1を狭い室内や要人警護、更に言えば […]

東京マルイ 次世代電動ガン SCAR-H(スカーH)ブラック レビュー

エアガンレビュー 0

marui-scar-h

2003年にSOCOMのトライアルの為に開発されていたSCARは他社製ライフルに部品調達の遅れが発生したことにより競合他社がトライアルから脱落、最終的にFN SCARが採用されました。 その後はイラク戦争やアフガニスタン紛争に投入され高い評価を得ました。 その後は購入を正式決定したものの後日購入を一部キャンセルするなどのトラブルもありましたが、アメリカ特殊作戦軍やアメリカ海軍が配備、追加調達の発表 […]

アサルトライフルとバトルライフル

銃のはなし 0

army training, sir

アサルトライフルという銃器のカテゴリを耳にする事がありますが、正確な区分については、かなり曖昧なものになっています。 日本語訳する際には「突撃銃」という表現をすることがありますが、現在、日本国内の公的機関・組織においては突撃銃の名称を使用する事は無く専ら「小銃」と呼称されています。 そもそも日本国内では、アサルトライフルのことを突撃銃と表現するようになったのは、1960年代にまで遡り、当時はベトナ […]

東京マルイ M870 ブリーチャー ガスショットガン レビュー

エアガンレビュー 0

marui-m870b

東京マルイから発売されているガスショットガン「M870ブリーチャー」のレビューです。 M870ブリーチャーは、同社製のガスショットガンシリーズのM870タクティカルのバリエーションモデルで、ブリーチャーという名称は「breach」という語から来ており、これには(城壁や要塞の)裂け目、突破口といった意味があります。 そこから転じて突入作戦時などに建物のドアノブ、蝶番などを破壊して突入するために用いる […]

日本と魚雷

ミリタリー雑学 0

Torpedo Factory

魚雷は目標物へと向かい水中を航行、爆発によって破壊することを目的とした兵器で、魚型水雷(ぎょけいすいらい)の略です。 その歴史は長く、海戦で用いられるようになってから、現在に至るまで技術レベルの向上に合わせ高度に発展、進化し今なお用いられている兵器の一つです。 第2次世界大戦では、もっぱら水上艦に対する攻撃兵器の一つとして用いられた魚雷ですが、現在では対水上艦攻撃は対艦ミサイルに、その立場を譲る形 […]

東京マルイ FN PS90HC ハイサイクル電動ガン レビュー

エアガンレビュー 0

marui-ps90hc

東京マルイから発売されているハイサイクル電動ガン「PS90HC」の実銃のPS90はFNハースタル社が開発した、「P-90」の民間仕様版です。 P-90からの変更点はフルオートの廃止、法規制に適合させるために延長されたバレル、貫通力を低下させた弾薬しか流通させないようコントロールされている点にあります。 PS90の基礎となっているP-90は、5.7mm×28弾を使用しており、弾体そのものは軽量なため […]

東京マルイ Hi-CAPA エクストリーム ガスガン レビュー

エアガンレビュー 0

hi-capa-ex

東京マルイから発売されているガスブローバックガン「ハイキャパ エクストリーム」のレビューです。 本モデルは名称の通り、マルイがラインナップしている1911クローンのカスタムモデルをイメージした「ハイキャパ」シリーズの一つです。 基本的な部分はハイキャパ4.3を基にしていますが、デザインを一部ですが変更していることに加えフルオートに変更された点、フルオートに対応するためにスライドストロークが変更され […]

狙撃銃の歴史と進化

ミリタリーの歴史 0

82nd Airborne Division Air Assault

狙撃銃はその名称の通り、狙撃に用いることを目的とした小銃ですが、時には小銃以外の銃器が狙撃に用いられることもあるため、その定義は非常に曖昧なものになっています。 しかし、多くの場合では高倍率の光学照準器を装備し、高い精度を有し、射程が比較的長いという共通点があります。 狙撃銃の設計は、専用に設計されるか、既存の銃器の中から高い精度を持っているものを流用し、改造して用いるパターンが多く取られます。 […]

天才銃器設計者、ジョン・M・ブローニング

銃のはなし 0

BROWNING_WITH_RIFLE

ジョン・モーゼス・ブローニング氏(John Moses Browning)は米国の銃器設計者です。 その才能は世界でも五指に入ると言われる天才銃器設計者であり、世界で始めて自動拳銃を作った人物としても知られています。 自動拳銃以外にも、レバーアクションのライフルや、ショットガン、ポンプアクション式ショットガン、ガス圧利用式の機関銃など、多くの傑作を世に送り出した人物です。 ブローニング氏が世に送り […]

FNハースタル(FN Herstal) - ベルギーの銃器メーカー

ミリタリー雑学 0

images

FNハースタル(以下FNH)はベルギーの銃器メーカー、FNハースタルという名称は現在の社名で、以前はファブリックナショナル(正式名称はファブリック・ナショナル・デルスタル)という社名でした。 ハースタル以外に「エルスタル」という読み方もあり、ハースタルは英語読みで、FNHの前身となった組織が本社を置く地名から名づけられています。 そのため、ハースタルでもエルスタルでも正しい表記ですが、当文章内では […]

東京マルイ H&K USP 電動ガン レビュー

エアガンレビュー 0

marui-usp

東京マルイから発売されている電動ハンドガン「H&K USP」についてのレビューです。 USP発売以前の電動ハンドガンシリーズでラインナップされていたハンドガンは、どれも実銃でもフルオートが可能なマシンピストルでしたが、今回紹介するH&K USPは電動ハンドガンシリーズとしては第三弾で、初のマシンピストルではない普通のハンドガンからのラインナップです。 電動ハンドガンといえば、こ […]

東京マルイ FN 5-7(ファイブセブン)ガスガン レビュー

エアガンレビュー 0

marui-fn57

東京マルイから発売されているガスブローバックガン FN 5-7(ファイブセブン)についてのレビューです。 モデルとなっているのは、ベルギーの銃器メーカー、FNハースタル(旧ファブリックナショナル社)の開発した自動拳銃「FN Five-seveN」です。 直接のモデルとなっているのは、FN Five-seveNのアメリカ向けの最新モデルである、「Five-seveN USG」とされています。 FN社 […]

東京マルイ H&K PSG-1 電動ライフル レビュー

エアガンレビュー 0

marui-psg1

東京マルイが発売しているH&K PSG-1はドイツのヘッケラー&コッホ社が、対テロを目的とした特殊部隊向けに開発した、セミオート方式のスナイパーライフルです。 モデルとなっているH&K PSG-1はH&K社の小銃G3 SG/1をベースに、厳選されたパーツを熟練の銃器職人たちが手作業で組むことにより、セミオート方式でありながら高い命中精度を実現しました。 そもそも、なぜ […]

東京マルイ M870 タクティカル ガスショットガン レビュー

エアガンレビュー 0

marui-m870

東京マルイが発売しているガス式ショットガンM870タクティカルについてのレビューです。 モデルとなっているのはアメリカの銃器メーカー、レミントン・アームズが開発したショットガン「レミントンM870」です。 開発時期は1960年代中期と、決して新しいとは言えないモデルですが、性能・信頼性ともに安定しており、ポンプアクション方式のショットガンの代表格の一つとして、民間の狩猟用や警察・軍隊などの公的機関 […]

東京マルイ M4 S-SYSTEM 電動ガン レビュー

エアガンレビュー 0

東京マルイ製の電動ガンM4 S-SYSTEMについてのレビューです。 モデルとなっているのはコルト・ファイアーアームズ社が開発・製造し、アメリカ軍で制式採用されているアサルトカービンのM4カービンです。 WW2で制式採用されたM1カービンから始まり、M2、M3と続き、4番目にアメリカ軍に採用されたカービン銃です。 M4カービンという名称ですが、M16A2からの派生に近いモデルで、部品の互換性は80 […]

マルシン トーラス レイジングブル HW 8.375inch Xカートリッジ レビュー

エアガンレビュー 0

マルシン工業が発売している「トーラス レイジングブルBlack HW 8.375inch 6mmBB弾Xカートリッジ仕様」のレビューです。 モデルとなっているのはブラジルの銃器メーカー、トーラス社が開発した大口径リボルバー「レイジングブル」です。 トーラス社はベレッタからライセンスを取得し生産しているマガジンなどの各種OEM製品や、S&Wのリボルバーのコピー、M1911系クローン等の生産 […]

東京マルイ ストライクウォーリア ガスガン レビュー

エアガンレビュー 0

marui-nw

ストライクウォーリアは東京マルイがシリーズとして出している「ウォーリア」シリーズの一つです。 ウォーリアシリーズは、同東京マルイ製のガスブローバックガンであるMEUピストルをベースに、さまざまなバリエーションを展開しています。 ベースとなっているMEUピストルがハイキャパシリーズとパーツに互換性があるため、本シリーズ全体がカスタムベースとしても優秀なモデルになっています。 ストライクウォーリアはウ […]

東京マルイ G3ショーティ MC51 電動ガン レビュー

エアガンレビュー 0

marui-g3shorty

東京マルイから発売されている電動ガン、G3ショーティ MC51のレビューです。 モデルとなっているのはH&K社が開発した自動小銃「G3」をイギリスのFRオーディナンスがカスタムした「MC51」です。 MC51は1992年にヨーロッパで行われたミリタリーショーにて、FRオーディナンス社が発表しました。 MC51の特徴はMP5系よりも少し長いだけという、サブマシンガンとそう大差のない全長であ […]

東京マルイ G3 SAS 電動ガン レビュー

エアガンレビュー 0

marui-g3sas

現在、東京マルイのG3 SASはハイサイクル版と通常サイクル版が発売されていますが、今回は通常サイクル版のレビューです。 参考までに通常サイクル版では、一般的な電動ガンと同じ連射速度になっていますが、ハイサイクル版では、秒間25連射の高サイクル化、またそれによる内部メカにかかる負荷に、対応出来るように調整されています。 また、通常サイクル版ではストックが装備されていませんが、ハイサイクル版ではスラ […]

東京マルイ M93R 電動ハンドガン(シルバースライド)レビュー

エアガンレビュー 0

marui-m93r

モデルとなった実銃はイタリアの銃器メーカー、ピエトロ・ベレッタ社が製造しているマシンピストルのM93Rです。 M92をベースとしており、対テロ用のマシンピストルとして利用出来るように各部の仕様変更を行っているため、M92の面影こそ残っていますが、シルエットは大きく異なっています。 主な変更点としては連射方式をセミオートと3点バーストの切り替え方式に変更した点と、ロングバレルへの変更、ロングマガジン […]

東京マルイ M320A1 ガスグレネードランチャー レビュー

エアガンレビュー 0

marui-m320a1

東京マルイから発売されているガスガン、M320A1のモデルは、2006年にアメリカ軍への採用が決定したM320グレネードランチャーです。 開発はH&K社が行っており、現在はこれ以前に配備されたM203からの更新が行われています。 基本的な構造はM203に近く、40x46mm榴弾を単発で発射することが可能です。 M320ではピカティニーレイルを介してM16や、M4カービンなどのハンドガード […]

« 前の記事へ